0000002185 00000 n endstream endobj 202 0 obj <>/Size 191/Type/XRef>>stream 0000204157 00000 n 0000003343 00000 n 0000001525 00000 n 修士論文(要旨) 2010年1月 . x�b```b``Y�������A��X�����Np����A��Ճ����A�kÍFbk�}Bx�0.g�s�� |�%���@V���;��T�G��� �. endstream endobj 192 0 obj <>/Metadata 21 0 R/PieceInfo<>>>/Pages 20 0 R/PageLayout/OneColumn/OCProperties<>/OCGs[193 0 R]>>/StructTreeRoot 23 0 R/Type/Catalog/LastModified(D:20100304113000)/PageLabels 18 0 R>> endobj 193 0 obj <. 0000004386 00000 n 0000001531 00000 n trailer %%EOF ぼかし表現「かもしれない」「かも」について . x�bb``b``Ń3� 0 k�� 0000109143 00000 n 0000007898 00000 n 研究入門 2017.07.21 2018.10.28 としちる. 0000000016 00000 n xref %PDF-1.4 %���� 0000005030 00000 n 0000034506 00000 n %%EOF 論文構想攻略法!後で後悔しないためにも「問題意識」を徹底的に磨き上げよッ! 卒業するための必須条件として論文を執筆することがあるように、論文執筆は大学教育における一つの最終ゴールと言えるだろう。 0000007021 00000 n 0 0000000693 00000 n %PDF-1.4 %���� 0000001030 00000 n 大学生になるとレポート作成は頻繁にありますが、卒業論文は人生で初めての経験になるかと思います。, 書き方や参考文献の使い方など、基本的にレポート作成とルールは似ていますが、論文は文字数など分量が多いです。, 今回は、論文で使ってはいけない表現や言葉について書きます。ぜひ参考にしてください。, レポートや論文などに慣れていない人は、普段話す時に使う言葉をそのまま使ってしまうことがあります。, 友人と話すようなカジュアルな言葉はさすがに使わないと思いますが、「とても、すごく」のように文章としても大丈夫だろうという微妙なものも数多くあります。, 実際、論文やレポートの書き方について講義などで学ぶ機会はあまりないので、学生個人が自ら学ぶ必要があります。, 論文の書き方は、社会人になってからもマナーとして大切なので学生のうちにしっかり身につけておきたいものです。, 今回の記事は、Twitterで拡散した「論文に書いてはいけない言葉30」のリストを参考にしています。, 基本的に論文では俗語はダメですが、場合によって必要な時は「」又は’’ ‘’で囲んで使うことも可能です。, この表現は論文などでは格調が低いものと見なされるので、「~と考えられる」の方がベターです。, ただ、論文=「~と思う」はNGというよりも、論文やレポートでの内容は基本的に客観性がなければいけないので、「~と思う」ではやや主観的になってしまいます。そのため、そもそも論文などでは不適切になることが多いのです。, ただ、内容で適切な文脈においては「~と思う」もありで、例えば、その論文テーマを調べようと思ったきっかけなどを述べる際は、「~と思う」でもOKな場合があります。, レポートや論文では、筆者(学生)の個人の見解はあまり重要ではありません。教授側もそれを求めているのではなく、テーマに沿って伝えたい内容を正確にまとめられているかが重要になります。, それに加えて自分の見解などを述べるのはいいですが、主観性がメインになっては論文の論点がずれます。, もし、「この言葉は大丈夫かな」と不安になったら、一度インターネットで検索してみてください。たくさんの情報が見つかると思います。, 書く前に全ての言葉や表現を把握しておくのは無理があるので、その都度知っていくようにするといいです。, 言葉や表現の他にも、同時に引用や参考文献の書き方のルールなども覚えていきましょう。, 大学生になると、レポート提出の機会が増えます。   試験と同じようにレポート提出は非常に大切なので、いい成績を取るためにも良質なレポートを作成したいものです。   実は、学生の中にはレポ […], 大学のレポート作成に手を焼く学生は多いです。   数日で終わる人もいれば、いつまで経っても1段落目さえ書き終えられない人など、レポート提出の多い大学ではかなり苦労すると思います。   で […], すでに、大学のレポート作成にアプリやソフトを活用しているという人もいるかもしれません。   今回は、レポート作成をもっと効率的に行うための便利アプリ(サイト)を4つご紹介します。   ぜ […], 大学でのレポート作成に手を焼く学生も多いと思います。   でも、いつまでもレポートが苦手と言っていても良い点数が取れないだけなので、改善する必要があります。   また、大学の成績でのレポ […]. 3 木星の衛星エウロパは発光しているかもしれない、研究; 4 9000年前に女性ハンター、「男は狩り、女は採集」覆す発見; 5 宣教師を殺害したインド孤立部族、侵入者拒む歴史 191 13 0000003053 00000 n 203 0 obj <>stream 1378 0 obj <> endobj 0000002476 00000 n trailer startxref 0 基本的に論文では俗語はダメですが、場合によって必要な時は「」又は’’ ‘’で囲んで使うことも可能です。 ≪NG or 推奨しない言葉・表現その2≫ ・~と思う→~と考えられる ・~かもしれない→~の可能性 … 0000109443 00000 n <]>> 0000000567 00000 n 0000204455 00000 n 学生、「社会」とは彼らを取り巻く周囲の世界である。後者は学生生活と言い換えてもいい かもしれない。私を含む学生は、大学生活の中で多くの変化にさらされてきた。高校とは 誤情報の広まりについて研究している人々は、その勢いは圧倒的に見えるかもしれないが、対抗する方法はあると言う。誤情報がどのように見えるのか、どこから来ているのかを知ることで、私たちは事実を正しく認識できる。(参考記事: 「それでも科学を信じる(新型コロナで変わる世界� 1396 0 obj<>stream 0000001345 00000 n 0000003091 00000 n 0000004464 00000 n 0000001749 00000 n 1378 19 0000001733 00000 n 0000006943 00000 n 0000000016 00000 n xref startxref 0000007852 00000 n 0000001885 00000 n 指導 佐々木倫子 教授 . 0000002028 00000 n 国際学研究科 0000002916 00000 n 0000000851 00000 n レポートや論文などに慣れていない人は、普段話す時に使う言葉をそのまま使ってしまうことがあります。 友人と話すようなカジュアルな言葉はさすがに使わないと思いますが、「とても、すごく」のように文章としても大丈夫だろうという微妙なものも数多くあります。 実際、論文やレポー� 191 0 obj <> endobj 人々が何かを正しく理解することに、誤った情報がどれほど影響を与えるかをいちばんよく知っている人々といえば、気候科学者だろう。彼らは長年、地球の温暖化を示す科学的な知見を伝えようと努力する一方で、誤った解釈やフェイクニュースとも闘ってきた。コロナ禍の今、これと同様のインフォデミック(正しい情報と誤った情報の両方が氾濫している状態)が世界を揺るがせている。, 近年、インターネットを使って簡単に学術論文を入手できるようになったおかげで、誰もが新型コロナや気候変動のにわか専門家になれるようになった。しかしこうした人々は、自分に都合のよいデータを選び出して、もっともらしいことを言っている場合がある。, 彼らはテレビなどの旧来のメディアにも登場するが、主な活躍の場はSNSやYouTubeなどの動画共有サービスだ。理由の一端は、こうした場がまだほとんど規制されていないことであり、投稿によって受けられる注目、つまり「いいね!」をもらえることが、誤情報を共有する動機づけになっている。, 気候変動や新型コロナを遠い存在と感じる人も多い。そうした人々は潜在的な危険性を過小評価しがちだ。問題が見えていない彼らには、現状を変えようとする対策は悪いものにしか見えないだろう。, 「気候変動対策について語ると、必ず『経済を破壊するつもりか』と反論されますが、もちろん、気候変動対策が経済を破壊することなどありえません」と、米テキサス工科大学の気候科学者キャサリン・ヘイホー氏は言う。, 誤情報の広まりについて研究している人々は、その勢いは圧倒的に見えるかもしれないが、対抗する方法はあると言う。誤情報がどのように見えるのか、どこから来ているのかを知ることで、私たちは事実を正しく認識できる。(参考記事:「それでも科学を信じる(新型コロナで変わる世界)」), 今年、世界中の科学者が新型コロナに関する論文を猛烈なペースで発表していて、その数はすでに数万編にのぼっている。, しかし、新型コロナに関する情報をできるだけ早く公的機関に広めるため、科学雑誌には、通常の論文発表に必要とされる慎重な審査を大急ぎで済ませなければならない重圧がかかっている。, 既定の審査を経ずに発表できる「プレプリント・サーバー」に投稿される論文も急増している。論文を学術雑誌に発表するためには同じ分野の研究者に論文を評価してもらう査読というプロセスを経る必要があるが、書き上げた論文をプレプリント・サーバーに投稿すれば、査読が済んでいない段階でも人々に読んでもらうことができる。, ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。, 【世界の現場から】逼迫の医療現場:ベルギー/一変する暮らし:インドネシア/都市封鎖の傷痕:ヨルダン/貧困地区の危機:ケニア/偏った命の重さ:米国、【世界はこう変わる】それでも科学を信じる/地球を守るチャンスに/パンデミックで試される人間性, 11月号はまるごと一冊「新型コロナで変わる世界」。私たちの暮らしを一変させた新型コロナウイルス。混乱が続く世界各地の状況を写真やグラフィック、エッセイで伝えます。, Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。, 2020年5月1日、米国カリフォルニア州ハンティントンビーチで開かれた集会で、「新型コロナはでっちあげ」と書いた紙をマスクに貼ってロックダウンに抗議する人。(PHOTOGRAPH BY JAMIE LEE CURTIS TATE), 2020年3月31日、新型コロナ対策のため閉鎖されている米国カリフォルニア州ベニスの屋外運動施設で、閉鎖の看板を無視して運動する人々。(PHOTOGRAPH BY JAMIE LEE CURTIS TATE). x�b```b``Qe`f`��� Ȁ ��@������i �{�^��������7�E��=�8�Y�M��.�)�������������;:��k 9p�;��@����V� -sg�n�n�9�Q�C[������A��B@�/�1�eh?u���Z��l�X���y6��%��S��f"M� �;)� 0000010569 00000 n <]>> 「エウロパの上に立ってあたりを眺めたなら、まるで素敵なおとぎ話の世界にいるような気分になるでしょう」と、NASAジェット推進研究所の天体物理学者マーシー・ガディパティ氏は語る。氏は、11月9日付の学術誌「Nature Astronomy」にエウロパが放つ光に関する論文を発表した。, エウロパは、月と同じように、太陽に向いた面が明るく輝き、反対の面は暗闇に覆われている。月が満ち欠けして見えるのはそのせいだ。しかし今回、新たな実験によって、エウロパの裏側が緑色や青みを帯びた白色の光を放っている可能性があることがわかった。原因は、エウロパ表面の氷が、木星の強力な磁場から絶え間なく放射線を浴びていることだ。, ガディパティ氏の研究チームは、エウロパ表面にあると考えられているいくつかの化合物を含んだ氷を使って実験を行い、物質の構成によって放たれる光の色が影響を受けることを発見した。, これはつまり、将来の探査でエウロパ表面の光を調べることができれば、エウロパ表面の複雑な化学的性質を解明しうることを意味する。そうした研究からはまた、エウロパの氷地殻の下に存在すると考えられている海(生命が存在する可能性がある)の組成について、手がかりが得られるかもしれない。, この先数年以内に、地球から二つの探査機が打ち上げられ、エウロパを間近に観測することが予定されている。ひとつはNASAの探査機エウロパ・クリッパー、もうひとつは欧州宇宙機関(ESA)の木星氷衛星探査計画(JUICE)だ。今回の新たな論文は、これからエウロパを研究する科学者たちの「ツールボックスに、新たな道具を加えてくれます」と、エウロパ・クリッパー計画の科学者カート・ニーバー氏は言う。, 純水の氷が放射線にさらされると光を放つことは、1950年代から知られていたと、独ベルク大学ヴッパータールの宇宙粒子物理学者アナ・ポルマン氏は言う。高エネルギーの電子線(放射線)が氷の分子に衝突すると、いったん励起した分子が光のかたちでエネルギーを放出する。, 今回の研究の査読者を務めたポルマン氏は、南極の氷の中に見られるこのかすかな光の瞬きを利用して、地球に降り注いでいると考えられているエキゾチック粒子を探している。しかし、地球の分厚い大気と磁気圏が宇宙から入ってくる放射線の多くを遮断するため、そうした分子の輝きは非常にわずかしか起こらない。, Q:おたふく風邪のワクチン認可は史上最速といわれていますが、その期間は次のうちどれでしょう。, 木星の衛星エウロパは、分厚い氷の殻に覆われており、その下にある巨大な海には生命が存在する可能性があると考えられている。(NASA/JPL-CALTECH/SETI INSTITUTE), 参考ギャラリー:まるで地球、衛星タイタンの驚くべき写真8点(画像クリックでギャラリーへ), 欧州宇宙機関(ESA)の小型探査機ホイヘンスは、電池が切れ、母船であるNASAの土星探査機カッシーニとの通信が途絶えるまでのわずか1時間ほどの間に、猛烈な勢いでデータを収集し、送信した。そのデータは、地球に酷似した異世界を垣間見せてくれるものだった。 (Photograph by NASA).