「オズの魔法使い」の正体を知ったとき、子供の頃の私は「な~んだ、つまんない」と思ったのですが、今ではそこもまたおもしろいと思えます。そんなものよねと・・・   「銀の靴」のアドバイスしてくれる。 良い魔女。 「オズの魔法使い」の話を初めて知ったのは、地元の図書館での読み聞かせでした。       ドロシーは子犬のトトを探していて逃げ遅れ、竜巻に巻き込まれて家ごと吹き飛ばされました。 Copyright (C) 2020 歴史スタイル All Rights Reserved.   魔法の「銀の靴」の持ち主だった。     『オズの魔法使』(オズのまほうつかい、The Wizard of Oz)[注 2]は、1939年のアメリカ合衆国のファンタジー・ミュージカル映画。 自分にはそれが備わっているのだと自信を持たせてくれる素敵な作品なのでした。   始めに会った「大きな顔」は、オズが裏で操作して動かしていた物でした。     そうして、気がつくと、そこはきれいなお花畑のある世界でした。   ミュージカルや映画になり主題歌が有名な作品なので、なんとなく知っているという人は多いのではないでしょうか? 「西の魔女」がドロシーの「魔法の靴」をうばったので、ドロシーは怒って魔女にバケツの水をぶっかけました。     すると、「西の魔女を退治することが条件」と言われたので、ドロシーたちは西へ向かいました。 原作はライマン・フランク・ボームが1900年に発表した児童文学小説『オズの魔法使い』( The Wonderful Wizard of Oz )。 この映画の題名を「オズの魔法使 い 」と表現する場合があるが、正式な邦題には送り仮名が存在しない。 「心」→「感情」の象徴       「オズの魔法使い」に頼んで「心」取り戻すため、ドロシーの旅に同行。 「不思議の国のアリス」は、世界各国で童話として親しまれていて映画化もされています。アリスや白うさぎなどのキャラクター人気も高い物語です。  私はうさぎを飼っていることもあり、始めに登場する白うさぎが好きです。あわてていてかわいいです♪... 「人魚姫」アンデルセン童話のあらすじを簡単に★最後は海の泡に!原作は切ない悲劇... アンデルセン童話は、切なく美しい最後が印象的な物語が多いです。  その中でも際立っているのが、この「人魚姫」。実は「人魚伝説」は、ヨーロッパだけでなく世界各地に残っています。  もちろん日本にも!日本では「八百比丘尼(... 「赤い靴」アンデルセン童話あらすじを簡単に★「傲慢の罪」により少女に下った恐ろ... 【アンデルセンの銅像】 こんにちは! 「アンデルセン童話」は、19世紀始めにデンマークで生まれたハンス・クリスチャン・アンデルセンが創作した童話です。  元々あった民間伝承をアレンジしてまとめた「グリム童話」や「ペロー童話」とは、作... 「オズの魔法使い」の登場人物は、けったいなキャラクターが多いですが、それぞれしっかり過去があり、今後の目標を持っています。, 12歳の少女ドロシーは、アメリカ・カンザス州でおじさん・おばさんと一緒に暮らしていました。, かかしは「本当の脳みそ」、きこりには「心のある心臓」、ライオンは「弱さを治す勇気」, ライオンが「勇気」を出してドロシーを助けます。カカシが「知恵」を絞って困難に立ち向かいます。ブリキの木こりはあたたかい「心」でドロシー想って涙を流しました。, グリム童話「赤ずきん」のあらすじを簡単に!ペロー童話との違いは?オオカミは「男」の隠語だった, 「人魚姫」アンデルセン童話のあらすじを簡単に★最後は海の泡に!原作は切ない悲劇だった.             呪いをかけられて全身ブリキになってしまった元人間。 でも、ドロシーと3人の同行者たちは、それぞれの願いを叶えました。                 アメリカ・カンザス州で暮らす12歳の少女。 びっくりしながらも、ドロシーたちはそれぞれ叶えてほしい願いを伝えます。   主人公が犬を連れた女の子なので、私にとってとても感情移入がしやすく、不思議な世界観が魅力的でおもしろかったのです。   そして、そこでドロシーは「北の魔女」と出会います。     ドロシーの家につぶされる。   でも、3人がほしかった「知恵」「心」「勇気」は、実は始めから彼ら自身が持っていたものでした。   知らない方がいいかも...ディズニーアニメの原作は実はとても怖いものが多いのです。そのため世界で愛されるディズニー映画は原作とは異なるファンタジーさ溢れるストーリーを創造しています。シンデレラなどみなが知っているアニメの残虐で怖すぎる原作をまとめています。 ドロシーの飼っている子犬。 「オズ」を観に行きました。 ま、オズもものすごくおもしろかったけどね 「オズの魔法使い」の、 ドロシーがやってくる前のお話でした。 レーティングがPGになっているのは、 怖いシーンが多いからです。 「怖い」というのは、 びっくりするシーン、         オズの魔法使いの著者であるライマン・フランク・ボームの筆によるものの他、違う作者によって書かれたもの含めると、その数なんと20作以上! 本編では結末が語られなかった、ブリキの木こりとマンチキンの娘の恋のお話などもあるんですよ。                 それぞれが持つ「思い」をきちんと知ると、ストーリーもより楽しめると思いますよ。       ◆オズの魔法使い ドロシーがその気球に乗ってカンザスに帰ろうとしたとき、愛犬トトが逃げ出してしまいドロシーも気球に乗り遅れてしまいました。   そのことを知った「西の魔女」は怒って、ドロシーたちを攻撃してきました。 「オズの魔法使い」に「勇気」をもらうため、ドロシーの旅に同行。 今でも、オシャレな雰囲気のファンタジーだなと思います。 「知恵」も「心」も「勇気」も、あなた自身の中に存在するものなのです。 ◆西の魔女   「オズの魔法使い」の力を信じている3人は、これで願いが叶ったと大喜びです!         その瞬間、「西の魔女」はみるみるうちに溶けてしまいました。水が彼女の弱点だったのです。   孤児でしたが、エムおばさん、ヘンリーおじさんと一緒に暮らす。 「ライオン」→「勇気」の象徴 オズの国に迷い込んだドロシーが、ブリキの木こりやかかし、ライオンと共に旅をするお話です。, …が、オズの魔法使いってどんなストーリーなのか、ドロシーやかかしたちはどんな結末を迎えたのか?, オズの魔法使いのおおまかなストーリーや結末だけなら、ここを読むだけでもわかります。, もっと詳しいストーリーを知りたい人は、この後で紹介する、詳しいあらすじを合わせて読んでくださいね。, もとは孤児で、ヘンリーおじさんとエムおばさんのもとへ引き取られ、カンザスで暮らしている少女。, 竜巻に巻き込まれてオズの国に迷い込んでしまい、大魔法使いオズに会って、カンザスに帰る願いを叶えてもらうため、エメラルドの都を目指す。, 最後は、オズの国で手に入れた銀の靴の魔法の力を使ってカンザスに帰り、エムおばさんと再会した。, 本人は脳みそがないので頭が悪いと思っているが、ドロシー一行の旅では、ピンチやトラブルの時に素早く機転を利かせて仲間を助けた。, 最後は、オズの国を去ったオズの代わりに、エメラルドの都を治める統治者となり、優れた統治者として都の人々にも慕われる。, もとは人間の木こりだったが、悪い魔女から斧に呪いをかけられ、呪いの斧に切り落とされた体をブリキに交換するうちに、全身ブリキになってしまった。, 結婚を決めた女性がいたが、体がブリキになったことで心がなくなってしまい、娘への愛がなくなってしまった。, 関節に油を差すのを忘れて動けなくなっていたところをドロシーに助けられ、心を取り戻すためにドロシーの旅に同行する。, 森の中から飛び出してドロシー一行に襲いかかったが、トトを守ろうとしたドロシーに引っぱたかれ、自分が臆病者であることを告白。, 最後は、森の獣たちに頼まれて森を脅かす化物を倒し、本当の百獣の王として獣たちに迎えられる。, オズの国いる4人の魔女の1人で、小柄な種族マンチキンたちを奴隷にして支配していた悪い魔女。, ドロシーがオズの国で最初に出会った人物で、カンザスに帰るためにはエメラルドの都を目指してオズに会うと良いと助言した。, 水が弱点で、ドロシーの持つ銀の靴を奪おうとした時、怒ったドロシーにバケツの水をかけられて死んでしまった。, オズの国からカンザスに帰るため、助言を求めて訪ねてきたドロシーに銀の靴の魔法の力を教え、ドロシーの願いを叶えた。, その後、ドロシーが持っていた金の帽子の魔法を使って、かかし、きこり、ライオンの3名を、それぞれが新しく治めることになった国まで送り届ける。, エメラルドの都を治めているが、その姿を見たことのある人は誰もいない、謎の多い存在。, ある時、気球が流されてオズの国に迷い込んだところ、現地の人々に大魔法使いだと勘違いされ、都と宮殿を作らせて支配者となった。, しかし、実際に魔法を使うことはできないため、本物の魔力を持つ魔女を恐れ、ドロシーたちが願いを叶えて欲しいとやって来た時、西の魔女を倒すことを交換条件にする。, ドロシーが西の魔女を倒して戻った後、一緒にアメリカに帰るために気球を作るが、いなくなったトトを探していたドロシーは気球に乗りそびれてしまい、最後はオズ1人が気球で飛び立つ。, オズの魔法使いが出版された当時のレトロな挿絵と一緒に、オズの世界を楽しんでください!, ドロシーは、ヘンリーおじさんとエムおばさん、黒い子犬のトトと一緒にカンザスで暮らす少女です。, ある日、ドロシーはカンザスを襲った竜巻に家ごと飛ばされてしまい、オズの国に着地しました。, ドロシーが家から出ると、そこは灰色の大地が広がるカンザスではなく、見たこともない美しい国でした。, 家から外に出たドロシーを出迎えたのは、マンチキンという小柄な種族の人々と、北の魔女でした。, マンチキンを奴隷にしてこの地を支配していた邪悪な魔女が、ドロシーの家の下敷きになって死んだらしく、マンチキンたちはドロシーを、魔女を倒した偉大な魔術師さまとして歓迎しました。, オズの世界は美しく、マンチキンたちは陽気で親切でしたが、ドロシーはカンザスに帰りたくてしかたありません。, そんなドロシーに、北の魔女は、エメラルドの都にいる大魔法使いオズに会えば、きっと助けてくれると助言します。, そして、東の邪悪な魔女が残していった銀の靴を与え、おでこには魔女のキスを授けてくれました。, こうしてドロシーは、マンチキンと北の魔女に見送られ、銀の靴を履いて、エメラルドの都へ旅立ちました。, エメラルドの都まで続く黄色いレンガ道を進むドロシーは、道の途中で喋るかかしと出くわしました。, ドロシーが棒に刺さって動けないかかしを降ろしてあげ、オズに会いに行くという話をすると、かかしは自分もオズに脳みそをもらいたいと、ドロシーの旅に同行します。, 夜を明かすために見つけて立ち寄った丸太小屋の近くで、ドロシーたちはブリキの木こりに出会います。, ドロシーが関節に油を差してあげると、木こりは再び動けるようになり、心が欲しいから自分もオズに会いに行くと言います。, 美しいマンチキンの娘と結婚の約束をしていましたが、娘をいつまでも働かせようとする老婆が2人の結婚を邪魔しようと、東の魔女に頼んで木こりの斧に呪いをかけたのです。, 呪われた斧は木こりの体を次々と切り落とし、木こりは切り落とされた体をブリキで補ううちに、とうとう全身がブリキになってしまったのでした。, 体までブリキになった木こりは、心がなくなったので娘への愛情がなくなってしまいました。, 木こりは、オズに心をもらったら、きっと今も自分を待っているであろうマンチキンの娘に会いに行けると思い、ドロシーたちに合流したのです。, ドロシーはライオンを引っ叩き、そんなに大きくて強い動物なのに、小さなトトに襲いかかるなんて臆病者だと叱りつけます。, するとライオンは、自分は百獣の王と呼ばれるのにとても臆病で、そのおかげでとても不幸だと嘆きました。, オズの話を聞くと、自分は勇気をもらいたいと、ライオンもドロシーたちの旅に加わります。, カリダという恐ろしい獣が住む場所では、大きな地割れに遭遇しましたが、かかしが木を切り倒して橋にすることを提案し、木こりが橋を作って渡りました。, 橋を渡ったところでカリダが現れましたが、ライオンは命ある限り戦ってみせると、カリダの前に立ちはだかります。, ここでかかしが機転をきかせ、木こりに頼んでカリダが乗った橋ごと斧で落とし、一行は無事に旅を続けることができたのでした。, 一行は、美しい深紅の花を咲かせるケシ畑に差し掛かりましたが、この赤いケシは、香りを吸い込むと眠ってしまい、目覚めることはない毒の花でした。, 毒の影響を受けないかかしと木こりがトトどドロシーを運び、ライオンは全力でケシ畑を走り抜けようとしましたが、力及ばず眠ってしまいます。, 木こりが斧を振るって野ネズミを助けると、その野ネズミは何千匹ものネズミたちを治める女王さまでした。, 恩返しをしたいというネズミたちに手伝ってもらって、ケシ畑のライオンを救出、再びみんなで旅を続けることができました。, さっそくオズの宮殿に行きますが、オズは願いを叶えて欲しいのなら、代わりに西の邪悪な魔女を倒すようにと言ってきます。, そうして一行は邪悪な魔女に支配されている、西のウィンキーの国へ旅立つことになったのでした。, ドロシーたちに気付いた西の魔女は、オオカミやカラスにドロシー一行を襲わせますが、頼もしい仲間たちが撃退してくれました。, しかし、業を煮やした西の魔女が、魔法の金の帽子の力で呼び出した翼ザルたちによってドロシーは捕まってしまい、仲間と離れ離れになってしまいます。, 北の魔女のキスに守られているドロシーを傷つけられない西の魔女は、ドロシーに台所の下働きをさせていましたが、ある時、ドロシーが履いていた銀の靴を奪い取ろうとして、怒ったドロシーに水をかけられます。, 西の魔女を倒したドロシーは、手先の器用な種族、ウィンキーたちを解放、彼らの力を借りてバラバラになっていた仲間を助け、全員でエメラルドの都へと帰ることができました。, オズの交換条件を達成して都に帰ったドロシーたちを待っていたのは、オズの真実でした。, オズはドロシーのようにオズの世界へ流れ着き、人々に大魔術師と勘違いされただけで、実は偉大な魔法使いでもなんでもない、ただの人間だったのです。, 魔法が使えないオズは、本物の魔力を持つ邪悪な魔女をとても怖れ、そのため魔女を倒すことを交換条件に出していたのでした。, オズは、かかしが賢く、木こりに心があり、ライオンが勇敢なことを知っていたので、彼らの願いを聞く必要はないと思いましたが、3人は願いを叶えてくれと聞き入れません。, そこでオズは一計を案じ、彼らに作り物の脳みそや心を与えて、自信を持たせてあげました。, いまだオズの魔法を信じている3人は、オズが願いを叶えてくれたことに満足し、自分たちの脳みそ、心、勇気にすっかり自信を持つようになりました。, けれど、カンザスに帰りたいというドロシーの願いだけは、気持ちの問題ではどうにもできません。, オズは考えた末、ドロシーと一緒に気球を作り、かかしを自分の後任に任命して、自分も一緒にオズの国を出ようとします。, 気球は無事に完成しましたが、気球の出発直前、いなくなったトトを探していたドロシーは気球に乗りそびれてしまいます。, 再び帰る術を失ってしまったドロシーは、かかしの発案で、南の善き魔女グリンダを訪ねることにし、南の魔女が治めるカドリングの国へ旅立ちます。, そこには腕がなく頭の大きい奇妙な人々がいて、体当たりでドロシーたちの行く手を阻みました。, これ以上進めないかと思われましたが、ドロシーが西の魔女の城で手に入れた金の帽子の魔法を使い、翼ザルたちを呼び出すことで、一行は無事にカドリングの国に到着。, 宮殿で面会した南の魔女グリンダは、純白のドレスをまとい、豊かな赤い髪と青い目を持つ美しい女性でした。, グリンダは、ドロシーが持っていた金の帽と引き換えに、ドロシーがカンザスに帰る方法を教えてくれると言います。, ドロシーがそう言うと、グリンダは、ぴったり3回必要だろうと微笑んで、かかし、木こり、ライオンに、ドロシーと別れたらどうするかを聞きました。, ライオンは、ガトリングの国に来る途中で助けた獣たちから、森の王者として迎えられることに。, それを聞いたグリンダは、金の帽子の魔法を使って翼ザルを呼び、3人をそれぞれが暮らす国へ送り届けてあげると言いました。, そして、使い終わった金の帽子は、金の帽子の魔法に縛られている翼ザルの王さまに返してあげると言います。, 実は、ドロシーが履いている銀の靴の魔法を使えば、すぐにでもカンザスに帰れるのでした。, ドロシーは泣きながらみんなにお別れの挨拶をして、グリンダに教わったとおり、銀の靴のかかとを3回打ち鳴らして叫びます。, ちょうど家から出てきたエムおばさんがドロシーを見つけ、「愛しい子!」と叫んで、ドロシーを抱きしめます。, こうしてドロシーは、ようやく大好きなおじさんとおばさんの家へ帰ることができたのでした。, ドロシーが無事にカンザスに帰り、仲間たちがみんなオズの国の王さまになるハッピーエンドで、オズの魔法使いの物語は幕を閉じます。, オズの正体がただの人間であることや、仲間たちが王さまになるラストは、意外と知らなかったり、忘れていたという人も多いのではないでしょうか。, また、日本ではあまり有名ではありませんが、実はオズの魔法使いにはたくさんの続編もあります。, オズの魔法使いの著者であるライマン・フランク・ボームの筆によるものの他、違う作者によって書かれたもの含めると、その数なんと20作以上!, 本編では結末が語られなかった、ブリキの木こりとマンチキンの娘の恋のお話などもあるんですよ。, 日本でも翻訳版が出版されているので、オズの世界観に浸りたい人は続編含めてチェックしてみてくださいね。.