の上場企業で、主にインターネットメディア事業を運営している 意見を言いやすい インターンシップ・就職活動情報(企業研究、選考対策)の就活まとめサイト「ジョブトラ」人気企業の企業研究情報やリアルな選考情報、実際に通過したエントリーシート等、就活生にとって役立つ情報を閲覧できるだけでなく、延べ30,000人が参加した就活支援セミナーを年間約250回開催! ⓒ2009-2020 ONE CAREER Inc. All Rights Reserved. オリックス生命保険に採用されるための志望動機の書き方をご紹介します。以下の例を参考にしてください。選考で必ず聞かれる志望動機。他の学生と差をつけるチャンスでもあります。志望動機の書き方を工夫して、オリックス生命保険の内定を獲得しましょう。 企画/提案スキルが身につく まず最初に、「企業別の内定時期について理解する」を行いましょうか! 内定時期について、各企業特徴別に図解しました。 ここではまず「企業特徴によって、これだけ内定時期が異なるんだな!」というイメージを付けてください。 次の章から具体的に早期内定を獲得する方法を解説していきますので! ▼内定時期の一覧表 1週間以内 賞与:年2回(6月・12月) その他、時間外手当、通勤手当(全額)、住宅手当など, キャリアチャレンジ制度、職種転換制度、社内公募制度、異動申告制度、社内インターンシップ制度、 キャリアセレクト制度、配偶者転勤エリア変更制度、配偶者転勤休職制度、財形貯蓄、育児短時間勤務制度(子が小学校卒業するまで)、直営保養所(軽井沢、京都嵐山、賢島)、ベビーシッター助成制度、持株会、スポーツクラブ優待、クラブ活動、カフェテリアプラン、慶弔金、退職金制度など, 完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、年次有給休暇、慶弔休暇、公職休暇、産前産後休暇、育児休職(子が満3歳に達するまで)、育児特別休暇、ボランティア休暇・休職、看護休暇、介護休暇、介護休職、リフレッシュ休暇取得奨励金制度など, オリックスには、時代や人が変わっても確実に受け継がれていくものがあります。その一つが“どうしたらできるかを考える”姿勢。お客さまのご要望にお応えするために、最後まで考えぬき、新しい《こたえ》を生み出そうとする姿勢です。この姿勢を「ほかにはないアンサーを。」という言葉に託し、オリックスのブランドスローガンとしてすべてのお客さまに宣言しています。, オリックスは常に新しいビジネスを追求し、先進的な商品・サービスを提供するという思いのもと、創業時のリースで培った金融のノウハウとモノを取り扱う専門性を生かすことで隣接分野に進出し、樹木が枝葉をのばして成長するように多角的金融サービス業へと進化してきました。それぞれの専門性が連携することで新たな事業が生まれ、また次の可能性へとつながっていく。オリックスが成長を続けられる理由がここにあります。 早期選考に乗り遅れるな! 2022卒でも早期選考をする業界・企業があり、志望先によっては注意が必要です。 夏・秋のインターンシップまでは基本的にどこの企業も同じスケジュールですが、 その後の選考が早い会社を集めました。 それは、常にお客さまのニーズに応えて、さまざまに事業領域を拡げてきたから。 【早期内定獲得/早期就活支援サイト ジョブトラ】自己分析と業界研究が一気に出来るインターン!|オリックスのインターン情報, アフターコロナに対応した「最新」就活対策法を公開。確実に早期内定を掴むための「具体的なスケジュール」がわかる!. 東京証券取引所 ポート株式会社 ※2020年入社実績, 昇給:年1回(4月) ※当社規定による 意見を言いやすい オリックスの本選考の選考フロー、企業研究、内定者のアドバイスが多数掲載されています。内定者の対策方法を参考にしてオリックスの本選考に備えましょう。 福岡証券取引所 でもそれこそが、私たちらしさだと考えています。, 既存の枠にはまらず、企業や社会、人々の暮らしに活力を与えるため、 無限に広がるオリジナリティを武器に、オリックスは、これからも社会に新しい価値を提供し続けます。, 多角的金融サービス業(融資、リース、不動産、環境エネルギー、事業投資、海外事業等), オリックスには、時代や人が変わっても確実に受け継がれていくものがあります。その一つが“どうしたらできるかを考える”姿勢。お客さまのご要望にお応えするために、最後まで考えぬき、新しい《こたえ》を生み出そうとする姿勢です。この姿勢を「ほかにはないアンサーを。」という言葉に託し、オリックスのブランドスローガンとしてすべてのお客さまに宣言しています。, オリックスは常に新しいビジネスを追求し、先進的な商品・サービスを提供するという思いのもと、創業時のリースで培った金融のノウハウとモノを取り扱う専門性を生かすことで隣接分野に進出し、樹木が枝葉をのばして成長するように多角的金融サービス業へと進化してきました。それぞれの専門性が連携することで新たな事業が生まれ、また次の可能性へとつながっていく。オリックスが成長を続けられる理由がここにあります。 18卒 【オリックスに興味を持った理由を教えてください】私は社会や企業の成長を隣で支えたいという思いがある。そこで以下の2点から貴社に魅力を感じた。1点目は顧客のニーズに対して最適なソリューションを提供できる点だ。貴社は多角的金融サービス業として、多くの事業を行っている。そのため今後、顧客のニーズがさらに複雑化しても、グループ会社... 【オリックスに興味を持った理由を教えてください(300文字以内)】貴社に関心を持ったきっかけは、貴社が製油所と石油化学プラントの修繕サービスを手掛ける米国企業を買収した記事を読んだことだ。貴社がリース事業を行っている企業として存じていたが、時代の変化に合わせてリース事業を起点に多角的な金融サービスを展開していることに魅力を... 【学生生活において最も注力したことを150字以内でご記載ください。(ゼミ・部活動・サークル・資格取得・アルバイトなど)】集団塾のアルバイトで中学生に英語を教えています。受験生サポートはチームワークです。生徒それぞれに異なる課題を出す際、部活の状況、志望校、他教科とのバランス等を考慮しなければなりません。私は年の近さから生徒... 「名前は知っているけれど、一体何をしている会社なのだろう」。志望企業を絞り込むとき、こう思った経験がある人もいるのではないでしょうか。オリックスもそうした企業の1社かもしれません。プロ野球チーム... ⓒ2009-2020 ONE CAREER Inc. All Rights Reserved. 、 のグループ会社です。(証券コード:7047), オリックスは色々な部署があるため、その点を理解しておかなければならなかった。それを知るためには日経テレコンやホームページで部署について調べておく必要があると思います。私は特定の部署しか調べておらず、質問で聞かれてた際に答えることができなかった。なのやきちんと興味のない部署でも深く調べておいてください。でそれと歴史が比較的浅い会社なので、挑戦的な社風があるのでその点についてもよく調べておく必要があります。, 企業のHPから情報を収集しました。その後は、面談の中でお話を伺い、そこから知識を得ていきました。また関連会社が多いので、それぞれの業務領域と、その中でオリックス株式会社がどういった立ち位置なのかを調べました。, 人を支える仕事をしたいと思い志望しました。中学の時に入院した際に色々な人に支えられた経験から私も誰かを支えたいと思い始めました。金融業界はどんな人に対してもお金を通して色々な人を支えることができると思い志望しています。リースは業界問わず営業することができ、多くの人を支えることができると考えました。オリックスはリースをはじめとする多種多様の部署があり様々な視点から人を支えることができるので志望しています。, 幅広い業務領域に魅力を感じました。銀行や保険のような仕事に限らず、航空機や船舶、不動産など幅広く展開されており、普通では経験することのできない仕事にも携われる可能性があることが魅力的です。, 私が貴社を志望する理由は貴社の事業の独自性にあります。私は就職活動を通して、金融の法人営業に携わりたいと考えました。なぜなら、多種多様なマネジメントと接する機会があり、自分の刺激となる上に、その人自身が見られるため自己成長につながると考えたからです。その中でも、貴社の法人営業は通常の金融機関とは違い、ひと・もの・金の全ての面から幅広い提案をすることができます。その選択肢の多さに仕事の魅力を感じました。また、その幅広さは多様なスキルや知識を要求するため、自己の更なる成長につながると考えました。, 私の就職活動の軸は、「人や企業の挑戦を支えること」「挑戦できる環境があること」の2点です。予備校のアルバイトでは、受験という生徒の挑戦を支えること、その中で積極的に新たな業務に挑戦し、仕事の幅を広げることに大きな責任とやりがいを感じました。この経験から多角的な事業展開を通じ、「ほかにはないアンサー」の提供により、お客様をサポートする貴社の姿勢に強く共感しました。また高いチーム力と専門性を活かし、現状に満足することなく、新たな価値創造に挑戦し続ける貴社の風土が私の軸に合致すると考え、志望致します。, 私は御社の、お客様の声を活かす姿勢と、迅速かつ適切な対応を心がける姿勢に共感しました。私は、生命保険という商品は人の生死を扱う商品であり、また大切な人に自分の最後の想いを届ける商品でもあることから、金融商品の中でも特にお客様との信頼関係が重要になると考えました。そして御社はお客様目線でのサービス提供に努め、そうした一人一人のお客様の想いに向き合う覚悟を持っていると感じました。私も御社の中で私の強みを発揮し、一人一人のお客様の想いと向き合いながら仕事をしていきたいと考え、志望させていただきました。, 私は会計研究会という学校の参加団体の活動に打ち込みました。そこでは、私が3回生時に12人で約250人の1回生に簿記の取得を目指した指導・講義を行いました。この活動において、私は何事も主体性を持って積極的に、ということを目標に活動しました。具体的に、まず1回生は簿記に対しての固いイメージからあまり勉強をしにこないので、私は1回生への積極的なアプローチ、楽しい講義を心がけ、彼らと信頼関係を築きました。その上で、簿記に親しんでもらうために簿記を絡めたイベントを企画しました。そうすることで、彼らに簿記になじんでもらい、彼らを簿記に向かわせる姿勢作りに注力しました。結果として46.9%の1回生も日商簿記検定2級に合格させることができました。私自身、自分が主体的に動いたことが数字としてダイレクトに組織に影響するのが肌で感じられ、良い経験となりましたし、主体性の大切さを改めて感じました。, 私は映像授業型の予備校でアルバイトをしており、勤務する校舎において、毎月の英単語テスト受験率が30%と非常に低いという問題がありました。そこで、私は校舎長の許可を得て、アルバイトの仲間を誘い、受験率の高い他校舎の見学に行きました。すると、その校舎では生徒のレベルに応じた難易度別のテストや、結果のランキング掲示を行っていることがわかりました。そこで私は、映像授業の場合には生徒間でのライバル意識が生じ難いため、校舎内での生徒の競争心を引き出すことが重要であると考え、社員の方にも協力を呼びかけました。そして会議の場を設けてもらうことができ、他校舎のアイデアを取り入れること、さらに新たに抜き打ちテストを実施することが決定されました。その後、これらの取組みを通し、校舎が一丸となって生徒への意識付けを継続的に行うことで、半年後に受験率80%を達成しました。, 日本と海外の違いはやはり、スケールの違いであったり、文化が異なる点であると伝えた。例えばアメリカでは食べ物の規模も違うし、マレーシアではハラルという特定の食べ物を食べてはいけない決まりがあるなど日本では考えられないことがあると答えた。そういった点から日本がいかに変わった国であるのかも伝えておいた。またアメリカに行った際にオリックスをどこかでみなかったかも聞かれた。これは流石に見たことがなかったので素直に見たことがありませんと伝えた。, 中学から続けているアメリカンフットボールです。その中で、自分が周囲から必要とされているという実感をモチベーションにして頑張れたので、社会人でも、他ではできないような仕事をする中で、多くの人から必要とされる人間になっていきたいと思います。, この問いではアルバイトやサークルのことは話してはだめとのことでした。しかし学業で頑張ったことなんてほとんど思いつかなかったので、すこし嘘だったのですが、単位を一つも落としていないと答えました(実際は2単位落としました)。テストの3週間くらい前から計画立てて勉強することでうまくテストやレポートを乗り越えることができたと伝えました。このエピソードで継続力や真面目さをアピールできたのではないかと思います。, プロ野球の球団を持った理由は何ですか?オリックスは常に隣のフィールドに事業を展開してきましたが、プロ野球だけは唯一隣り合っていないフィールドです。1番の目的は知名度だと思います。, 航空機の分野に興味があります。私が長年触れてきた英語を活かせる分野だと思いますし、他の会社ではなかなか携われない仕事でもあり、さらにはスケールも大きな仕事なので、将来的に携わりたいと考えているからです。. それは、常にお客さまのニーズに応えて、さまざまに事業領域を拡げてきたから。 大手企業 私のフローは早期選考のフローのようで、通常は8月からグループ共通の1次面接があります。他にもグループ会社が多数あるので、それぞれの特徴や自分のやりたいことについてその時までに固めておくことが必要だと思います。 の上場企業で、主にインターネットメディア事業を運営している https://www.orix.co.jp/recruit/, オリックスでは、オフィス、賃貸マンション、商業施設、物流施設など、さまざまなタイプの不動産の投資・企画開発などを手掛けています。, オリックスでは、穀物、石炭、鉱石などを輸送するばら積み船を自社で保有し、国内外の海運会社へ傭船する船舶事業を行っています。, オリックスでは、環境エネルギー事業の一つとして太陽光や地熱、風力等の再生可能エネルギー発電所の開発を手掛けております。. 職種・業種への理解, FAQ・お問い合わせ 採用担当の方はこちらご利用規約 運営会社 プライバシーポリシー Rebe career. ES+テスト(5月) → 1次面接(7月) → 2次面接(7月) → 3次面接(7月) → 最終面接(8月), 企業のHPから情報を収集しました。その後は、面談の中でお話を伺い、そこから知識を得ていきました。また関連会社が多いので、それぞれの業務領域と、その中でオリックス株式会社がどういった立ち位置なのかを調べました。, 幅広い業務領域に魅力を感じました。銀行や保険のような仕事に限らず、航空機や船舶、不動産など幅広く展開されており、普通では経験することのできない仕事にも携われる可能性があることが魅力的です。, 最初の面談ということで、人間性や過去について重点的に見られていたと思います。面接官とは会話をするというところに気を付けて臨み、それが実践できたので通過できたと思います。, 和やかな雰囲気で、私の過去を聞かれました。また逆質問の時間も多くあり、正直何をやっているかあまり分かっていなかったので、関連する業務について質問しました。, 中学から続けているアメリカンフットボールです。その中で、自分が周囲から必要とされているという実感をモチベーションにして頑張れたので、社会人でも、他ではできないような仕事をする中で、多くの人から必要とされる人間になっていきたいと思います。, まずはプロ野球チームです。そこで名前だけは知っていましたが、何をしている会社なのかは正直分かりませんでした。その後、業界本の中でリース会社に分類されていましたが、HPを見るとさらに幅広い展開をされており、それらを調べる中で興味を持ちました。, やはり面接官と話ができる人かということを見られていると思います。私自身が面接後に楽しかったと感じられたので、きっと面接官にもいい印象を与えられてのだと思います。, 1次と同じような形式・雰囲気でした。もしかしたら2人のうち1人が人事の方だったかもしれません。その方はわりと年次が高そうでした。しかし雰囲気はとても和やかで、最後にはプロ野球の話で盛り上がりました。, プロ野球の球団を持った理由は何ですか?オリックスは常に隣のフィールドに事業を展開してきましたが、プロ野球だけは唯一隣り合っていないフィールドです。1番の目的は知名度だと思います。, 1次と同じように回答しました。その中で、プロ野球球団からオリックスを知った人が少なくないというお話になり、それを踏まえて上記の逆質問をしました。, ここは実質の最終面接でした。おそらく1次と2次で評価が高かった人には早期で内定を約束するフローになっていたようです。しかし拘束は全くなく、1日の日程も柔軟に対応してくれましたし、8月はいろいろなところを受け、すべて出そろったところでもう1度しっかり考えて、うちに来てくれればそれが一番ありがたいというスタンスでした。, 前回2回の内容や評価を踏まえて、もう1度私の過去や志望動機を聞かれました。その後、実はもう選考は済んでおり、8/1に来てくれればいいお返事ができるということを言われました。, 小さいころは毎日勉強する癖をつけるようにしていました。その後は、重要な決定については子供の意見を尊重してくれ、あまり大きな口出しはされませんでした。, 2次までと同じ回答をしました。その中で、前回までの2回で4人の方とお会いする中で、さらに志望度が上がりましたということを伝えました。, 全てを通じて人のいい方が多く、自分の素を出して臨めたことがいい結果につながったと思います。他社に対する拘束は全くなかったので、本当にオリックスで働きたいと思っている学生を採用し、楽しみながら働いてほしいという想いがあると感じました、, まずは以前話があったように内定ですということを伝えられました。その後、拘束はなく、他の企業も受けて、その中で選んでほしいと言われました。さらにはオリックスの中で興味のある分野について聞かれ、その分野の社員と会わせてくれるという約束ももらいました。, 航空機の分野に興味があります。私が長年触れてきた英語を活かせる分野だと思いますし、他の会社ではなかなか携われない仕事でもあり、さらにはスケールも大きな仕事なので、将来的に携わりたいと考えているからです。, 話しやすい雰囲気を作ってくださる方が多く、話が盛り上がる機会も多かったので、面談を通じて志望度が上がっていきました。またお話を伺う中で、とても幅広く展開されているという印象を受け、自分もそういった可能性が多い環境の中で働きたいと思いました。, しっかりと自分の過去や想いを伝えること、面接官との会話を楽しむことが重要だと思います。展開している分野が幅広いので、すべてについて知っている必要はないと思いますが、興味のある分野は押さえておいた方がいいと思います。, マニュアル通りに話すのではなく、自分の言葉で自分の経験を話している人が評価されると思います。, 私のフローは早期選考のフローのようで、通常は8月からグループ共通の1次面接があります。他にもグループ会社が多数あるので、それぞれの特徴や自分のやりたいことについてその時までに固めておくことが必要だと思います。, 当社は、 オリックス生命保険の内定者による選考・面接体験記です。選考フロー・スケジュール、esの内容、面接回数、面接内容、面接の雰囲気、企業研究の仕方まで、13人の内定者がエントリーから内定に至るまで実際に体験した、オリックス生命保険の就活の全てがわかります! できることに果敢にチャレンジしていく。それこそが私たちの存在意義だからです。, 日本にも、世界にも、何とも、誰とも、比較できない、オンリーワンのビジネスと人。