2,162 Likes, 11 Comments - オリックス・バファローズ公式 (@orix_buffaloes) on Instagram: “#アルバース #荒木通訳 #アルバース先生 #予告先発 #勝つぞ! #Bポーズ #BeAggressive #超攻撃型 #Bs2019 #buffaloes #baseball #ORIX #プロ野球” Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. お使いのブラウザがJavaScriptがオフになっている場合、正しく閲覧できない場合があります。, プロ野球に欠かせない外国人選手にとって、なくてはならない存在が通訳だ。監督やコーチ、選手たちとの橋渡し役だけでなく、時には家族の世話といった私生活までサポートは多岐にわたる。, オリックスで通訳を務める荒木陽平さん(38)と沢村直樹さん(32)は「仕事の大半は聞き役です」と口をそろえる。異国での慣れない生活に加え、納得できないプレーに不満や愚痴もたまる。それに対し、荒木さんは「『そうだね』と同意してあげられる人になりたい。僕らがつっぱねてしまうと、彼らは居場所がなくなってしまう」と理解を示す。, 日本での生活をスムーズにしてもらうために、電車の乗り方を教えたりスーパーでの買い物などに付き合ったりする。漢字表記のみや、塩と砂糖といった見た目だけで区別がつかない商品があるためだ。家族が病気やけがをすれば一緒に病院にも行き、時には選手の妻の出産に立ち会うこともあるという。, 毎日新聞のニュースサイトに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。 オリックス株式会社公式サイトです。オリックスは、金融やサービスを通じて、新しい価値、新しいマーケットを作り出し、経済やくらしに新たな活力を与え、いきいきとした社会づくりに貢献していきま … ☆国際Gチーフ通訳 藤田義隆 ☆国際G通訳 丸本陽介、荒木陽平 ☆1軍チーフマネジャー:久保充広 ☆1軍マネジャー 佐藤広 ☆管理部監督付 曽我部直樹 ☆育成G課長(グループ長):岸田光二 ☆2軍マネジャー 町豪将 ☆寮長:森浩二 ☆寮長補佐:谷山豊 2,932 Likes, 14 Comments - オリックス・バファローズ公式 (@orix_buffaloes) on Instagram: “#福田周平 #荒木通訳 #広島凱旋 #広陵高校 出身 #先輩後輩 #荒木先輩 #BeAggressive #超攻撃型 #Bs2019 #buffaloes #baseball #ORIX #プロ野球” ’19プロ野球:12球団戦力分析/4 巨人 迫力満点、上位打線/オリックス 内外野、競争が激化, 『鬼滅の刃』炭治郎役・花江夏樹、22日放送『情熱大陸』に登場「3ヶ月ほど密着して頂きました」, 河野行革相「話をそらすなよ」緊迫する場面も 費用削減議論は進まず 行政事業レビュー. プロ野球 オリックス通訳・荒木陽平さん、沢村直樹さん 夫婦のような関係目指し 会員限定有料記事 毎日新聞 2019年4月12日 大阪夕刊 プロ野球 オリックス からの指名の ... 4月下旬までは4試合の先発登板で1勝を挙げたものの、5月からは二軍で調整。7月上旬に救援要員として一軍へ復帰してからは、3試合に登板したのみでシーズンを終えた。 2020年11月4日、戦力外通告が公示された 。 選手としての特徴. All rights reserved. 東明 大貴(とうめい だいき、1989年6月15日 - )は、岐阜県岐阜市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。, 小学生時代に地元の厚見スポーツ少年団に所属したが、チームは6年間に3回しか勝てなかった。厚見中学校で軟式野球部に所属した後に、富田高へ進学。1年の秋からエースになったが、高校時代は地方大会で一度も初戦を突破できなかった。, 一般入試で桐蔭横浜大学へ進学すると、神奈川大学野球のリーグ戦に1年時の春から登板。後に球速を大きく伸ばすなど急成長を遂げ、同年の秋季リーグ戦では、ベストプレーヤー賞を受賞した。2年時の春には、チームをリーグ戦初優勝と全日本大学野球選手権大会への進出に導いたが、故障のため選手権大会では登板の機会はなかった。3年時の春には、リーグMVPと最優秀投手賞を獲得し、前年に続いてチームのリーグ優勝と選手権大会出場に貢献。選手権大会では、愛知学院大学との1回戦で浦野博司、慶應義塾大学との2回戦で福谷浩司と投手戦を展開した。2回戦では7回1死まで慶応大学打線を無安打に抑えていたが、終盤に勝利を逃した。4年時の秋には、2度目のリーグMVPを獲得。東海大学との明治神宮大会代表決定戦で菅野智之との投げ合いを制したが、同大会では初戦敗退を喫した。, 桐蔭横浜大学への在学中には、リーグ戦52試合に登板。通算投球イニング371回2/3、30勝11敗、234奪三振、防御率1.86を記録し、ベストナインにも4回選ばれた。4年時の秋にはプロ志望届を提出したが、2011年のNPBドラフト会議でどの球団からも指名されず、卒業後に富士重工業へ入社した。, 富士重工業では、入社1年目の第83回都市対抗野球大会予選でMVPを受賞。チームを北関東第1代表として本大会の出場に導き、本大会でも登板した。NPBドラフト会議での指名対象期間に再び入った2年目には、JABA静岡大会でチームの準優勝に貢献し、敢闘賞を受賞した。チームは2年連続の都市対抗野球本大会出場を逃したものの、夏場からコーチに復帰した阿部次男の下で急成長を遂げ、日立製作所の補強選手として本大会に参加した。2013年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は26。, オリックスからの指名の直後には、富士重工業の投手として第39回社会人野球日本選手権大会に出場。JR九州との1回戦と三菱重工広島との準決勝で完封勝ちを収め、チームが0 - 1というスコアで惜敗したかずさマジックとの決勝でも救援登板で無失点に抑えるなど、通算投球イニング20回2/3で1点も失わなかった[2]。, 2014年、同期入団の吉田一将・大山暁史とともに、春季キャンプから一軍に帯同[3]。オープン戦でも好投を続け、救援要員として、大山と共に開幕を一軍で迎えた。オリックスで複数の新人投手が開幕一軍入りを果たしたのは、2004年の歌藤達夫・野村宏之以来10年振りであった[4]。3月28日に、北海道日本ハムファイターズとの開幕戦(札幌ドーム)で、同点の延長12回裏に7番手投手として公式戦にデビュー。打者2人に1被安打1与四球で満塁のピンチを招くと、小谷野栄一にサヨナラ安打を許し、チームは2年連続開幕戦でサヨナラ負け(2リーグ分立後のNPB史上初の記録)を喫した[5]。一軍5試合目の登板であった4月17日の対日本ハム戦(ほっともっとフィールド神戸)では、4回表から6回表までの救援によって、プロ入り初勝利を挙げた[6]。当日は、又吉克樹(中日ドラゴンズ)と豊田拓矢(埼玉西武ライオンズ)も一軍公式戦でプロ初勝利を記録。NPBの一軍公式戦で、3人の新人投手が同じ日に初勝利を挙げた事例は59年振りであった[7]。5月下旬から先発要員に転向[8]。阪神甲子園球場での人生初登板になった6月7日の対阪神タイガース戦で、先発初勝利を挙げた[9]。一軍公式戦では、7月に5敗を喫したが、8月に先発登板3試合で3勝を記録。シーズン通算では、同期の吉田一将と並んで5勝を挙げた。, 2015年、公式戦の開幕直後から一軍先発陣の一角に定着した。前半戦は体調不良などの影響で3勝にとどまった[10]が、8月中旬から4連勝[11]。9月9日の対西武戦(西武プリンスドーム)では、プロ入り後初の10勝目を被安打2のプロ初完投・初完封勝利で記録し[12]、連勝を5に伸ばした。シーズン通算では10勝8敗、防御率3.35という成績を残した。, 2016年、一軍公式戦へのシーズン初登板であった3月30日の対日本ハム戦(札幌ドーム)に、先発投手としてシーズン初勝利を挙げた[13]。以降の登板では、「四球から失点を招く」というパターンで勝ち星を上乗せできず、前半戦だけで7敗を喫した[14]。シーズン中には、中継ぎ要員への転向や二軍での調整[15]を経験。8月9日の対福岡ソフトバンクホークス戦(京セラドーム大阪)では、先発投手・西勇輝の故障による緊急降板を受けて救援し、3回を無失点に抑えてプロ初ホールドを記録した[16]。後に西の戦線離脱で先発要員に復帰した[17]が、前述のパターンを脱するまでに至らず、一軍監督の福良淳一からは再三にわたって「負ける投手の典型」との苦言を呈された[18]。一軍公式戦では前述の1勝を挙げた後に、10連敗でシーズンを終了[19]。終了後の11月8日に、右肘関節のクリーニング手術を受けた[20]。, 2017年、一軍公式戦3試合に登板しただけで、勝敗は付かなかった。シーズン中の8月25日に右肘のクリーニング手術を再び受けて[21]からは、実戦に復帰せずリハビリに専念した。, 2018年、シーズン中盤まで二軍で調整[22]。調整中に登板したウエスタン・リーグ公式戦では、20試合で1勝6敗と白星に見放されていた。一軍公式戦4試合目の登板であった9月12日の対西武戦(ほっともっとフィールド神戸)で、一軍公式戦としては2016年の初登板以来2年半振りの白星を挙げ、同年4月から続いていた自身の連敗を12で止めた[23]。シーズン最終登板であった9月28日の対日本ハム戦(京セラドーム)では、1 - 2という僅差のスコアで黒星が付いたものの、前年の手術後最も多い107球で7回2失点と好投。シーズン通算の防御率を2.27にとどめた[24]。, 2019年、3年振りに開幕一軍入りを果たすと、3月30日に日本ハムとの開幕カード第2戦(札幌ドーム)に先発。前年までのチームメイトで、「自主トレーニングなどでお世話になった」という金子弌大と公式戦で初めて投げ合った[25]が、両者とも勝敗が付かず引き分けに終わった。4月下旬までは4試合の先発登板で1勝を挙げたものの、5月からは二軍で調整。7月上旬に救援要員として一軍へ復帰してからは、3試合に登板したのみでシーズンを終えた。, 富士重工業時代に最速で153km/hを計測していたストレート[27]と、カーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークなどの変化球が持ち味で、カーブとスライダーへの評価が特に高い[28]。, 投球フォームはスリークォーターで、テイクバックの際に右腕が大きく背中の後ろに入ることから、打者には球の出所が見えにくくなっている[29]。, 全国・金の卵 探訪シリーズ 来年の「則本昂大」「ライアン小川」を指名する(フライデー), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=東明大貴&oldid=80340261, 初ホールド:2016年8月9日、対福岡ソフトバンクホークス16回戦(京セラドーム大阪)、6回裏に2番手で救援登板、3回無失点. 画像データは(株)フォーカスシステムズの電子透かし「acuagraphy」により著作権情報を確認できるようになっています。.