市では、クラウドファンディングを活用して資金調達を行う方に対し、補助制度による支援を行っています。 補助対象事業者. クラウドファンディングは、大きく分けて、「 購入型 」「 寄付型 」「 投資型 」の3種類があります。 購入型クラウドファンディング 購入型は、資金 を送った見返りとして、「お礼」を受け取ることができ … 投資型は、未公開株やその他の金融商品と引き換えに事業立ち上げのための資金を得るクラウドファンディングの方法です。投資型の中でも大きく分けて3つのタイプがあります。, 1つ目の株式型は、まだ上場していない株式会社が株を売り出すというもので、支援者は他の株式と同様、事業が成功し株価が上昇すれば利益を上げられます。ただし非上場株は売却が難しいので、支援者にとっては高いリスクが伴うタイプであると言えます。, 2つ目は貸付(融資)型です。これは、支援者からお金を借りるという形式で資金を得る方法で、事業立ち上げ側は支援者に利子を払うことになります。感覚としては社債や国債に近いものです。, 3つ目のファンド型は、事業が成功し利益が上がったときに、支援してくれた人に対して金銭や商品を還元する方法です。, クラウドファンディングは資金を調達する有効な手段の1つですが、それぞれの方式によって課される税金の種類も変わってきます。, 購入型 市内における創業 法人が法人に対して支援を行う場合でも、ある一定範囲までは寄附金を費用として計上し、法人税を減らすことができますが、それを超える分については費用として計上できません。, ただし国や地方公共団体に対する寄附金および国によって指定された種類の寄附金に関しては、全額費用として計上することができます。, 一方、支援を受ける法人側は、個人から支援を受ける場合と同様に、受け取った寄附金は受贈益として計上され、法人税の課税対象となります。, クラウドファンディングは新しいプロジェクトを始めるにあたっての有効な資金調達法の1つです。クラウドファンディングには実に様々な種類がありますが、それぞれ税金の仕組みが少しずつ異なる点に注意が必要です。, それぞれのクラウドファンディングの種類とその税の仕組みについてしっかり理解し、クラウドファンディングを有効に使えるようにしましょう。, 近年耳にすることが増えてきたクラウドファンディング。手軽に少額から資金を用達できるのは大きな魅力です。クラウドファンディングにより資金を調達した際、そのお金は税務上どのように扱えばよいのでしょうか? 今回はクラウドファンディングという資金調達法について、税務の観点から『マネーイズム』の編集部に解説いただきました。, 「LANCER SCORE」とは、独自の指標で計算している、記事ごとのスコアです。. 私は過去に2回、任意団体(現NPO法人near design)にてクラウドファンディングでの資金調達にチャレンジしました。 そのときの体験を元に率直に感じた事などをまとめてみました。 【クラウドファンディングとは・・・】 投資型クラウドファンディングも、税制上では基本的に購入型クラウドファンディングと似たような扱いになります。未上場株式などを提供する代わりに支援金を得た場合、その時点では税金は発生しません。, しかし、株式を発行して得た資金で何らかの活動やプロジェクトを行い、それによって利益が生じた場合、購入型クラウドファンディングと同様に個人の場合は所得税が、法人の場合は法人税の納税義務が発生します。, こちらもクラウドファンディングで得られた資金に対して別個に特定の税金が課せられるということはなく、年末に他の利益や費用と合算した合計額が課税対象になります。, そのためこの場合でも、クラウドファンディングを実施するにあたって必要経費が発生すれば、税額が一気に跳ね上がるということはありません。, 寄附型 © 2020 キフスル! All rights reserved. クラウドファンディング で100万を超える 目標金額 の プロジェクト 成立 が増える中、税金のトラブルは今後も増えていく思われます。 プロジェクト の リターン の内容や プロジェクト の中身により、課税対象が異なり複雑です。 寄附型とは、完全に何のリターンもない純粋な寄附によるクラウドファンディングの手法です。, 支援者はお金を出すだけで、購入型のように商品は貰えず、また事業が成功してもリターンは一切ありません。場合によってはお礼の手紙等が渡される場合もありますが、基本的には完全な寄附制です。, この寄附型クラウドファンディングは、利益が生じるような事業やプロジェクトではほとんど行われず、発展途上国支援や被災地支援などといった社会貢献プロジェクトを立ち上げる場合に多く用いられます。このような事業は、個人や団体で募金活動を行うとなると、充分な資金を得るためには非常に大きな労力を必要とします。, 寄附型クラウドファンディングを利用することでより効率的に多額の資金を調達することが可能になり、また支援者にとっても自分たちのお金の流れが明瞭になるというメリットがあります。, 投資型 法人が個人に対して支援を行う場合は、ある一定範囲までは寄附金を費用として計上し、法人税を減らすことができます。ですが、それを超える分については費用として計上できないため、多く寄附しすぎてしまうと実際の利益よりも法人税課税対象額が高くなってしまい、税の負担が増えてしまうので注意が必要です。, 支援を受ける個人に関しては、一時所得となり、所得税が課税されます。一時所得の金額は「総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)」で算出されます。, 法人から法人への支援の場合 クラウドファンディングで集めたお金にかかる税金の支払い方、会計処理はどうなっているのか?寄付型でも支払う必要があるか?この記事では、意外と複雑なクラウドファンディングの課税の仕組みや、所得税について解説します。, 「クラウドファンディング」と一口に言っても、様々な種類があり、それによって資金提供者・資金調達者の税金の支払いが変わってきます。クラウドファンディングの種類によっては、控除の対象になったり、逆に「加算税」「延滞税」などの税金がかかってしまうこともあるので注意が必要です。, 本項では、クラウドファンディング種別の税金の支払いと、確定申告の有無についてまとめました。, クラウドファンディングは、プロジェクトを起案し資金調達する「プレゼンター」、プロジェクトに資金提供する「コレクター」、弊社のような「プラットフォーム」の三者が関わる事業です。, 「クラウドファンディング」と一口に言っても、その種類は多岐に分かれます。大きくは「投資型」「非投資型」に分かれ、更にそこからまた細かく種別が分かれます。それぞれの種別で、「プレゼンター」と「コレクター」が負担する税金は異なるので、あなたが携わろうとしているクラウドファンディングがどの種別なのかを今一度ご確認下さい。, 投資型には大きく「融資型・ファンド型・株式型」があり、それぞれの概要は以下の通りです。, ①融資型 : 希望融資先が同じ他の資産家と資金を出し合い、大口化してコレクターに融資する仕組み。いわゆる「ソーシャルレンディング」としても知られている。, 代表的なプラットフォーム:オーナーズブック様、SBIソーシャルレンディング様など。, ③ファンド型 :プラットフォームが、特定の事業に対して個人投資家から出資者を募る仕組み。出資者は、売上等の成果や、出資額に応じた金銭的なリターンを受け取る事ができる。, ①の融資型(貸付型)、③の事業投資型(ファンド型)は「匿名組合方式」で組成されることが多く、この場合分配金は雑所得として総合課税の対象となります。, 個人なら個人所得税、法人ならば法人税が課税されます。ただし、出資者に配分する利益については「必要経費」として計上できます。(形状科目は、融資型の場合は「貸付金」、株式型とファンド型では「投資科目」), 出資の時点ではコレクターに課税義務はありません。投資したプロジェクトのプレゼンターが分配金の発行を行った際に初めて、出資者に納税義務が生じます。, 分配金の合計は、源泉徴収税(20.42%)を控除した金額となり、給与所得と退職所得以外の所得が20万円以上ある場合は確定申告を行わなければなりません。, ※源泉徴収税は本人の給与所得額などによって変化し、税率が確定するのは確定申告の時です。, ※所得が20万円以下の場合は原則として確定申告を行わなくても良いですが、確定申告を行う事で還付を受けられる場合があります。, ②の株式型の税金については法整備中ですが、現在のところは有価証券の取得と同様の扱いとなります。詳細は以下をご参照ください。https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shohi/19/01.htm, 購入型クラウドファンディングは、コレクターが商品の開発などに必要な資金を提供する代わりに、出来上がった商品等をリターンとして受け取れるという仕組みです。一般的に「クラウドファンディング」と言ったらこちらの種別を想像される方が多いかと存じます。, 代表的なプラットフォーム:MOTION GALLERYの他、CAMPFIRE様・Makuake様など。, クラウドファンディングの仕組みを利用した寄附です。認定NPO法人や自治体など、公益的な活動を行う団体に対する出資となります。, 寄附はリターンがない場合が殆どなので、募金などと同じ税法が適用されます。「税金逃れとして寄附を使う」ことを防ぐために細かい設定があるため、寄附型クラウドファンディングの税法はコレクター・プレゼンターが個人か法人かで細かく分けられています。, 2019年10月より、インボイス制度が導入されます。インボイス制度は、消費税の適用税率と税額の詳細を記した請求書の発行を、「課税事業者に限定する」制度です。支払い側は、このインボイスに記載されてある額しか「仕入税額控除」(支払済の消費税として、確定申告の際に控除できる額)に算入できなくなってしまいます。フリーランスを始めとする免税事業者は死活問題になりうる制度です。, 購入型クラウドファンディングは、リターンの設定は基本的に「消費税込み」で行われます。ただし、ここでプレゼンターが徴収した消費税は、最終的に課税事業者であるプラットフォーム側が徴収し、両者間には請求書でのやり取りが発生しないため、インボイス制度の影響を受けにくい資金調達スキームと言えます。, https://www.zeiri4.com/c_1032/c_1033/h_474/, ※ラジオ番組を始めました!編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら、アートやカルチャーにまつわる話題を、ゲストとともに掘り下げていく番組です。下記の画像をクリックいただき、是非お聴きくださいませ。, MotionGalleryは、みんなの共感をパワーに、 クラウドファンディングで得た資金の税務上の扱い方について解説しています。クラウドファンディングには購入型・寄付型・投資型の3つにわかれますが、それぞれで税務上どのように税金を納めるのかも変わります。クラウドファンディングで資金調達した場合は、必ず確認しましょう。 須賀川市内に住所を有する個人または須賀川市内に所在地のある法人もしくは任意団体. ・法人の場合:法人税 対象事業. 税理士紹介22年の株式会社ビスカスが運営する税金情報サイト『マネーイズム』の編集部が、中小企業や個人事業主向けに、税金、会計、申告、節税等に関する情報をお届けします。, クラウドファンディングとは、英語の「Crowd(群衆)」と「Funding(資金調達)」を合わせた造語で、事業に必要な資金を、インターネットを通して不特定多数に呼び掛けて募る資金調達の手法です。, 自らが構想する事業やプロジェクトの詳細をインターネット上でPRすると、その趣旨に賛同する人が集まり、事業の支援のために寄附を行ってくれるという仕組みです。, クラウドファンディングを用いて、事業を立ち上げる側と事業を支援する側をマッチングするための場を提供するWebサービスもあり、多くの/クラウドファンディングはそのようなWebサイトを通して行われます。, こうして得られた資金を元手に、立案者は新しい事業やプロジェクトを立ち上げることができます。クラウドファンディングは個人が行うこともあれば、企業や自治体が行うこともあります。, 購入型 YM Creators Pro 代表の 山本ショウ です。クラウドファンディング は 資金調達目標額 に支援額が届いた場合に資金を受け取ることができますが、この資金にも税金は発生します。クラウドファンディングの種類により税金の種類が異なり、 出資者 、 プロジェクトオーナー 双方に納付義務が発生する場合があるので、 クラウドファンディング に プロジェクト を出展、 プロジェクト に出資する前に正しく理解しましょう。, 1.購入型クラウドファンディング 2.投資型クラウドファンディング 3.寄付型クラウドファンディング 4.中学生の場合 5.まとめ, 購入型クラウドファンディング は、出資のお礼として リターン が発生するタイプの クラウドファンディング です。 この場合何らかの商品やサービスを購入したという扱いになるため、出資を受けるのが法人の場合、「法人税」の対象となります。出資を受けるのが個人の場合は、「所得税」の対象となります。また、出資額が リターン の内容に比べて高額な場合は、寄付金としての扱いとなってしまい「贈与税」の対象となる場合があるので、注意する必要はあります。 購入型クラウドファンディング による資金調達と リターン の提供は消費税の対象となる取引となります。資金調達で受け取った資金のうち8%は消費税の預り部分として クラウドファンディングプラットフォーム に徴収されます。調達した資金全てが消費税と対象となるので、仮に クラウドファンディング で集めた資金を人件費のような消費税がかからない費用に充当させようとしても、課税対象となりますのでお気をつけください。, ※なお、所得税は年間50万円、贈与税は年間110万円までが非課税とされています。 この額を下回る場合は、課税対象となりません。, 投資型クラウドファンディング の場合、出資の段階では税金はかかりません。 プロジェクトオーナー が事業を通じて利益を生じた場合、「法人税」の対象となります。 プロジェクトオーナー が個人事業主の場合は、「所得税」の対象となります。 投資型クラウドファンディング の場合、匿名組合を作りその組合が[ プロジェクトオーナー に出資を行いますが、この組合には税金がかかりません。法的には プロジェクトオーナー と匿名組合員の間の「契約」に過ぎないため「匿名組合」という団体に課税されることはなく、営業によって生じた利益や損失などはすべて プロジェクトオーナー に帰属することとなります。 プロジェクトオーナー は匿名組合員(出資者)に分配する利益は経費(法人税法では損金、所得税法では必要経費)とすることができるため、税引き前の利益で分配をすることができます。, 寄付型クラウドファンディング の場合、税法が非常に複雑です。 寄付型クラウドファンディング は リターン のような見返りを期待しない資金提供で、寄付していただいた方にニュースレターを送付したり、名前の掲載、感謝の謝辞などでは リターン の対価として認められることは難しいようです。 また、取引者が法人か個人かによって税法の取り扱いが異なります。, 出資者が個人の場合、 プロジェクトオーナー は原則税金は発生しません。また、ふるさと納税のような特別控除も クラウドファンディング の場合は対象外となります。 プロジェクトオーナー が個人の場合、寄付を受けることになるため贈与税の対象となります。贈与税の基礎控除は110万円なので、110万円超の 目標金額 に設定すると贈与税の対象となります。なお、贈与税は、金額が増えるほど税率があがりますのでご注意ください。 また、 クラウドファンディングプラットフォーム に支払う手数料は、 寄付型クラウドファンディング では経費扱いとなりませんので、こちらもご注意ください。, 出資者の法人は、寄附金は限度額の範囲内で必要経費に認められることになりますが、 プロジェクトオーナー の個人には一時所得としての所得税がかかります。また、一時所得の扱いとなるため、 クラウドファンディングプラットフォーム の手数料を経費で処理することができます。一時所得の特別控除は50万円ですので、50万円を超えた金額に5%〜をかけた金額が納税額となります。, 出資者が法人の場合ケース2同様、必要経費で処理することが認められています。 プロジェクトオーナー が法人の場合は、寄付金が受増益として利益が増えるため、法人税の対象となります。 クラウドファンディングプラットフォーム の手数料は 、必要経費として認められます。, プロジェクトオーナー はケース3同様法人税の対象となります。 出資者が個人の場合は原則ケース1と同じですが、寄附金控除にできる可能性(被災地への義援金など)があります。, 中学生の場合は勤労所得控除の対象となるため基礎控除38万円+勤労所得控除27万円の範囲に収まる限りには所得税が発生することはありませんが、この金額を超えると課税対象となります。, クラウドファンディング で100万を超える 目標金額 の プロジェクト 成立 が増える中、税金のトラブルは今後も増えていく思われます。 プロジェクト の リターン の内容や プロジェクト の中身により、課税対象が異なり複雑です。素人の判断では難しい部分もありますので、 クラウドファンディング に強い税理士に相談してしっかりと正しい納税を行いましょう。, YM Creators Proでは、ITエンジニアの企業支援を行っています。 ITエンジニアとして起業するにあたって、どうやって起業すればいいのか、 チーム運営をどうすればいいのか、不安に感じてることはありませんか? 本書では YM Creators Pro 代表の 山本ショウ が、ITエンジニアが起業するにあたり 知るべきことにフォーカスしEbookにまとめました。 ・ITエンジニアが起業する前に知っておくべきこと ・事業発展モデルでビジネスを成功に導く方法 ・成功するビジネスモデルの創り方 など、具体的な手法についてまとめています。 起業を考えている、これから起業しようとしているという方は、ぜひダウンロードしてご活用ください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 日本唯一のジョイントベンチャーの専門家です。ITエンジニア や クリエイター を中心に クラウドファンディング の プロジェクト 達成の支援のサポートもしています。 FBのメッセージや友だち申請は気軽にしてください。必ず返信しますので! facebookはこちら facebookページはこちら, 過去ウェブメディア、ラジオなど過去様々なメディアでクラウドファンディングカンファレンスが紹介されています。 現在発売されている家電批評7月号でクラウドファンディングについて寄稿した記事が掲載されました。. クラウドファンディングは、資金を調達する「調達者」と資金提供を行う「出資者」に加えて調達者と提供者を仲介する「クラウドファンディング運営業者」の三者によって成り立っており、税金の仕組みも少し複雑になっています。, 基本的に個人としてプロジェクトを開始するための資金調達(出資)を行うのか、はたまた事業主として資金調達(出資)を行うかによって税法も大きく異なってきますので、正しく理解しておかなければなりません。, 購入型クラウドファンディングは商品の開発などの資金を提供する代わりに、その出来上がった商品をリターンとして受け取れるという仕組みです。, 資金を提供した側は、税法上製品の購入と変わらないと解釈されますので、個人が支援を行う場合は確定申告の必要はありません。また、個人事業主や法人が支援を行う場合、その製品(商品)が事業に必要なものであれば経費として費用の計上を行うことが可能です。, 資金を受け取った側は、 購入型クラウドファンディングで資金調達をする際は、支援金を得るリターンとして何かの商品やサービスを支援者の方に提供することになります。, これをより一般的な形で表現すれば、お金と引き換えに商品やサービスを提供するということになり、通常の商品やサービスの販売と変わりありません。よってここで得られた資金は、立案者が個人の方ならば所得税の対象となりますし、法人ならば法人税の対象となります。, 通常の商品やサービスの販売との違いがないということは、得られた利益は通常通り年度の最後の確定申告の際に他の利益と必要経費と合算され、そこに税金が課せられます。, よって、購入型クラウドファンディングによって得られた資金に対して別個に特定の税金が課せられるということはありませんし、クラウドファンディングの実施にあたって必要経費が発生すれば、税金の額が一気に跳ね上がるということもありません。, むしろ購入型クラウドファンディングの場合には、提供する商品やサービスの準備を経費として計上できるため、税金は比較的抑えられる傾向があります。, しかしながら、購入型クラウドファンディングが税制上の通常の商取引として認められるためには、得られた支援金に対して提供する商品やサービスの価値が、価格設定として適切である必要があります。, 例えば1万円の支援金に対するリターンがポストカード1枚など、通常の取引ではありえないものである場合には、購入型ではなく寄附型のクラウドファンディングとみなされるので注意が必要です。, 投資型