(C) 2020 clicccar. レース動画・レースニュースの情報が全てまとて見える!05月07日(木)に開催する中止:スーパー耐久公式テスト(富士スピードウェイ)。開催場所は、徳島県富士スピードウェイ。開催時間は、。スーパー耐久公式テスト(富士スピードウェイ)。 「令和はシュウマイの時代」、専門店増加などブームの兆し/シュウマイムーブメントプロジェクト発表会, GRヤリスが速い! 走り出しから1分54秒688を記録【スーパー耐久2020・S耐公式テスト富士】. 車、バイク好きが集まる! 2020年のスーパーgtの公式テストの日程は以下のようになっています. 広告Tweet一切なし!, 最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。, 車ってこんなにもカッコよく生まれ変われるんだぁって実感できちゃうカスタムカーの祭典東京オートサロン2020❗️展示車両イッキ見動画はこちら⤵︎https://t.co/W0t2GYv3NM#東京オートサロン#TAS2020#リバティウォーク#GRヤリス 静岡県 富士スピードウェイ(Fuji International Speedway)の公式サイトです。 ... スーパー耐久シリーズ 富士SUPER TEC 24 ... 2020/11/14〜2020/11/15. ※その他の一部サービス・商品内容が変更となっている場合がございますので、予めご了承ください。 2020/10/01〜2021/01/31. ※上記内容に関しましては、今後の社会状況に合わせ内容を更新してまいります。, ※内容は予告なく変更となる場合がございます。 ※使用している写真・イラストはイメージです。, (c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved. DRIVING. Night Racing Experience. (c)TEZUKA PRODUCTIONS, ・S席には来場いただいたファミリー毎に間隔を空けてご利用できるシートを新設いたします。, ・ビクトリーコーナーテラス、SORAサイト、ペアシートは区画と区画の間を空けて販売いたします。, ・ビクトリーコーナーテラスプレミアム、VIPテラスプレミアム、エグゼクティブスイート、VIPスイートは各区画・部屋の最大利用人数を通常より減らして販売いたします。, ・ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします(3歳以上のお客様)。屋外で人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合は、適宜マスクを外していただいて結構です。, ・北ゲートおよび南ゲートにて、すべてのお客様に体温チェック及び消毒を実施させていただきます。, ・新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、観戦者全員の個人情報を収集させていただきます。収集した情報は、必要に応じて保健所等へ情報提供を行う場合があります。, ・当該レース観戦者の中から罹患者が判明した場合は、管轄の保健所等の指導に基づき、必要な情報を公表させていただく場合があります。また、感染拡大を防ぐため、個人情報を使用してご来場いただいた皆さまへ直接連絡させていただく場合があります。, ・座席位置把握のため、レース終了後14日間はチケットを保管・記録にご協力ください。, ・正当な理由で第三者にチケットを譲渡される場合は、譲渡先の氏名・連絡先などの記録にご協力ください。, ・ご自身の感染が判明、または濃厚接触者であると指定された場合は、速やかに弊社までご連絡をお願いします。ツインリンクもてぎ(代表0285-64-0001), ・感染者との接触がわかるCOCOA新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省公式)の登録にご協力ください。, ・飲食スペースなどは間隔を空けるため、通常よりテーブル・イスの数を減らし間隔をあけて設置いたします。, ・手指の消毒にご利用いただきますとともに、こまめな手洗い・うがいをお願いいたします。, ・応援旗やタオルなど振り回す行為。※50cm×50cm以内の小旗は、自席のスペース内に限り使用いただけます。. 未確定な部分もありますが確定次第修正します。 3/14-15. 岡山国際サーキット(岡山) 3/28-29. 2020 富士チャンピオンレースシリーズ … おやま応援プレミアム商品券の取扱いについて ご来場のお客様には、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い致します。, 新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、観戦券の販売制限を実施させていただく場合がございます。, ※感染予防対策にご協力いただけない場合、入場をお断りさせていただく場合がございます。 オートサロンが決勝のGOODYEARレーシングカートSIM大会、GRガレージ5店舗で予選開催!【東京オートサロン2021】, (自動車ニュース clicccar.com(クリッカー)) 11月13日 15:03, 「名前も中身も新しいんだね」大城もも子×トヨタ・ヤリスクロス【注目モデルでドライブデート!? スーパー耐久 ... 公式テスト観戦のお客様はa、bパドック以外の場所でご観戦をお楽しみください。 ... 公式テスト②: 13:00~14:00: 月間1000万のアクセス数! 毎日車・バイク動画を投稿! 日本人トップラリースト・新井敏弘の走り【モータースポーツジャパン2019】, 動画で堪能! 世界で戦うラリーカー「ヤリスWRC」の疾走! 2020シーズンの開幕を1ヵ月後に控えた2月29日、スーパー耐久の公式テストが富士スピードウェイで行なわれ、半年ぶりに復帰を果たす#300 TAIROKU RACING GTR GT3がトップタイムを記録した。, 今回のテストには、2020シーズンに参戦を予定しているうち8クラス40台が参加。特に今シーズンはST-Zクラスの参戦台数が増える予定で、このテストでは6台が走行した。さらにモリゾウも参戦を予定しているROOKIE RACINGもST-1クラス用のGRスープラとST-2クラス用のGRヤリスを持ち込んだ。, この日は昼間に1時間のセッションが3回行なわれ、18時00分からは6月の富士24時間レースを見据えた夜間セッションが設けられた。メインとなった昼間のセッションではクラッシュやトラブル車両による赤旗中断がなく順調にセッションが進行。各車とも用意していたテストプログラムを順調にこなしていた。, その中で速さを見せたのが昨シーズン前半のみ参戦していた#300 TAIROKU RACING GTR GT3。すでにAドライバーは山口大陸、Bドライバーは本山哲が務めることが発表されているが、そこに昨年のメンバーだったニコラス・コスタが合流した。, 300号車は朝のセッションから1分40秒台を切る安定した速さをみせ、午後のセッション2で1分39秒272をマーク。結局3セッション全てでトップタイムを記録した。, 総合2番手には今季ST-Xクラスにエントリーすることを表明したKCMGがつけた。タイムは1分39秒573である。富士スピードウェイでのレース経験が豊富な大津弘樹を中心に各ドライバーが周回を重ねていき、300号車に食らいつく速さをみせた。, 総合3番手は#777 D’station Vantage GT3。午前のセッションではトラブルにより全く走行できなかったが、午後のセッションから遅れを挽回する走りを披露。トップから0.8秒差の1分40秒104が彼らのベストタイムとなった。, この他にもST-Xクラスは#31 DENSO LEXUS RC F GT3や2018年モデルのGT-R NISMO GT3に変更した9号車のMP Racingも参加したが、いずれも1分40秒台のベストタイムをマークしST-Xクラス全体が1.3秒以内にひしめく接戦模様となった。, S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に……新型コロナウイルス対策で, ROOKIE RACING、2020年はGRスープラ&GRヤリスの“豪華2台体制”, MotoGPバレンシア予選:好調の中上貴晶、3連続でフロントロウ! PPはモルビデリ, 今季初勝利を飾った777号車D’stationヴァンテージ、いつもと違う戦略で勝機呼び込む, S耐 第3戦 Gr.1決勝|777号車D’stationヴァンテージがライバル圧倒し今季初優勝, S耐 第3戦 Gr.2決勝|逆転に次ぐ逆転の末、884号車 林テレンプ86が今季初V, S耐第3戦Gr.1予選|ST-Xは僅差のバトル、777号車D’stationヴァンテージがPP. 例年、スーパーgtの公式テストでは4回の公式テストが行われてきました。 では2020年はいつ行われるか気になりますよね。 公式テストでは完全ではないカラーリングやテストでしか見られないカラーリングもみられます。 画像1。WRC世界ラリー選手権で活躍するTOYOTA GAZOO Racingの「ヤリスWRC」。, 国内のモータースポーツに関する2020年最大のトピックは、WRC(画像1)が10年ぶりに日本で開催されることだろう。前回は北海道で開催されたが、今回は愛知県・岐阜県がコースとなる。最終第14戦として、11月19日(木)~22日(日)に開催される予定だ。これにより、日本においてF1(10月8~11日開催決定)、WEC世界耐久選手権(10月中開催予定)、WRCとFIAが統轄する3大世界選手権が開催されることとなった。, 一方、2月6日~9日に開催が予定されていた、全日本ラリー選手権第1戦兼APRCアジア・パシフィックラリー選手権日本ラウンド兼日本スーパーラリーシリーズ 第1戦の「Rally of Tsumagoi」が中止となることが発表された。開催地の群馬県嬬恋村が台風19号の影響により甚大な被害を受けたためだ。代わりの開催地の募集が11月22日の〆切で行われたが、12月6日時点で新たな発表はない。, 今回は1~2ページ目に全競技をまとめて掲載したカレンダーを掲載し、3~4ページは国内の全日本クラスの競技(スーパーフォーミュラ、スーパーGT、スーパー耐久、全日本ラリー)をそれぞれ個別に掲載した。, 【2月】6日(木)~9日(日) ●FIA APRC アジア・パシフィックラリー選手権/全日本ラリー選手権 第1戦/日本スーパーラリーシリーズ 第1戦 ⇒開催地未定29日(土) ●スーパー耐久シリーズ 公式テスト(富士スピードウェイ), 【3月】13日(金)~15日(日) ●全日本ラリー選手権 第2戦 新城ラリー2020(愛知)14日(土)・15日(日) ●スーパーGT 公式テスト(岡山国際サーキット)21日(土)・22日(日) ●スーパー耐久シリーズ 第1戦 SUZUKA S耐"春の陣"(鈴鹿サーキット)28日(土)・29日(日) ●スーパーGT 公式テスト(富士スピードウェイ), 【4月】3日(金)~5日(日) ●全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦 鈴鹿2&4レース(鈴鹿サーキット)10日(金)~12日(日) ●スーパーGT 第1戦 OKAYAMA GT 300KM RACE(岡山国際サーキット) ●全日本ラリー選手権 第3戦 ツール・ド・九州2020 in 唐津(佐賀)17日(金)~19日(日) ●全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦(富士スピードウェイ)25(土)・26日(日) ●スーパー耐久シリーズ 第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース(宮城・スポーツランドSUGO), 【5月】2日(土)~4日(月) ●スーパーGT 第2戦 富士 GT 500kmレース(富士スピードウェイ) ●全日本ラリー選手権 第4戦 'Sammy'久万高原(くまこうげん)ラリー(愛媛)15日(金)~17日(日) ●全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦(大分・オートポリス)22日(金)~24日(日) ●全日本ラリー選手権 第5戦 NISSIN ラリー丹後2020(京都)29日(金)~31日(日) ●スーパーGT 第3戦 鈴鹿 GT レース(鈴鹿サーキット), 【6月】5日(金)~7日(日) ●スーパー耐久シリーズ 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース(富士スピードウェイ)11日(木)~14日(日) ●FIAインターナショナルラリー/全日本ラリー選手権第6戦/日本スーパーラリーシリーズ第2戦 MOTRE 2020(群馬)19日(金)~21日(日) ●全日本スーパーフォーミュラ選手権 第4戦(宮城・スポーツランドSUGO) ●鈴鹿 レース オブ アジア 2020(鈴鹿サーキット), 【7月】3日(金)~5日(日) ●スーパーGT 第4戦 タイ(チャン・インターナショナル・サーキット)※海外開催 ●全日本ラリー選手権 第7戦 2020ARK ラリー・カムイ(北海道)16日(木)~18日(土) ●スーパーGT 第5戦 マレーシア(セパン・インターナショナル・サーキット)※海外開催31日(金)~8月1日(土) ●FIA エレクトリック&ニュー・エナジー選手権 ソーラーカーレース鈴鹿2020(鈴鹿サーキット), あと1時間で涙を呑んだのは...。トヨタ、2連覇達成するも心境は複雑か【第87回ル・マン24時間レース】, 動画で見る「インプレッサWRC98」!! RACE. 7月28日、ピレリスーパー耐久シリーズを運営するスーパー耐久機構(s.t.o.)は富士スピードウェイで7月30日に実施されるピレリスーパー耐久富士公式テストのエ…(2020年7月28日 18時24分22秒) そうなると気になるのが毎年行われるシーズン前の公式テスト。 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 関連する動画・ニュースからレース放送日程・レース結果速報など全ての情報をここから見ることができます, F1にMotoGPなど今年のモータースポーツのレーススケジュールを正しく把握する方法|F1・MotoGP・スーパーGT・インディ・スーパー耐久など, 【予選結果】F1第14戦トルコGP(トルコ)予選ポールポジションはランス・ストール(RacingPoint)。マックス・フェルスタッペンは2番手, 【予選結果】MotoGPバレンシアGP ポールポジションはフランコ・モルビデッリ。中上貴晶は3番手スタート!アレックス・マルケスが大転倒, 11月14日 ブランパンGTシリーズ(ブランパンGTワールドチャレンジ・ヨーロッパ+エンデュランスカップ), スーパー耐久スーパー耐久(スーパーたいきゅう)は、日本国内で行われる自動車レースの1カテゴリ。市販の四輪車両に改造を施したマシンで勝敗が争われる。スーパー耐久は、市販車を改造した車両によって行われるツーリングカーレースである。類似のカテゴリにSUPER GTがあるが、SUPER GTではエンジンや車体等にかなり大幅な改造が認められているのに対し、スーパー耐久のクラスの多くは市販の量産自動車に対し小規模の改造を施したマシンとなる。ただし近年はスーパー耐久でもGT3やTCRのように、メーカーが市販車から大規模に改造したレーシングカーも参戦できる様になっている。SUPER GTに比べると、個人規模のプライベーターチームが数多く参戦しているのが特徴。自動車メーカー系ワークス・チームが参戦する場合もあるが、その場合は人材育成が目的である場合が多い。また車種もバラエティに富む事から、「偉大なる草レース」の別名で知られ、「S耐」(えすたい)の略称、愛称でも親しまれている。車両規定は日本自動車連盟(JAF)の定めるJAF-N1を基本とし、ベースとなる車両はFIA/JAFグループNまたはAとして公認されているか、JAF登録車両またはSTOが認めた車両として登録されていなければならない。市販エアロパーツやレース用ブレーキの装着を認めていることなどから、現状ではJAF-N1には合致せず、JAF-NE(定義されない車両)として独自の車両規定で開催されている。ST2~ST5クラスに関しては改造範囲は狭く、例えばなど、様々な面で市販車の性能を大きく逸脱しないようになっている。安全上の理由から装着するロールケージについては、安全性向上と車体剛性アップのため溶接止めされるほか、車体自体も溶接によるスポット増しを行う。また、安全面の観点から車体の補強は一定範囲で認められている。レース形式は、500kmまたは規定時間(通常3-4時間だが、2018年には10年ぶりに24時間レースも開催)内の周回数による耐久レースとなっており、2-3名(24時間レースのみ最大5名まで)のドライバーによる走行と、最低2回のピットストップを行わなければならない。500kmレースの場合、レース時間は3-4時間にも及び、F1やフォーミュラ・ニッポンのレース時間が通常2時間以下、SUPER GTでも2-3時間程度であることと比べても、スーパー耐久の戦いは長時間に及ぶこととなる。スーパー耐久を象徴するもう一つの特徴として、F1やSUPER GTなど他のモータースポーツで頻繁に見られる、いわゆる「ピットストップでの人海戦術」が使えないという点が挙げられる。例えば「タイヤ交換は2名、その他の作業は4名までしか携われない」という規定があり、これは、ワークスチームとプライベーターチームとの格差を無くし、「どのチームも対等かつ互角の条件で戦う」ための措置として設けられたものである。1990年に発足した「N1耐久シリーズ」が前身。当時はFIAの定めるグループN規定に準拠したJAF制定「N1」規定に属する車で争うシリーズとして開催されており、参加するドライバーもアマチュアとプロの中間レベルのドライバーがメインだった。しかし、1994年に全日本ツーリングカー選手権がグループA車両による耐久レース(JTC)からTuring car ClassⅡ(2,000cc 自然吸気エンジンの4ドア車両 後にグループSTに改名)車両によるスプリントレース(JTCC)に移行した以降、JTCに参戦していたトップドライバーやチームがN1耐久に参戦するようになり、レースのレベルが大きく上昇し始めた。1995年に、耐久レースという過酷な状況に多くの市販車が対応できるよう、ウィークポイントをカバーする改造(オイルクーラーの追加等)を認めたことから「N1を超えるN1」という意味でシリーズの名称を「スーパーN1耐久」と改称。1998年に「市場の活力をレースに取り込もう」という発想から、市販エアロパーツの装着を可能にする等、自動車アフターマーケットとの連動を主眼とするレギュレーション改正を行った結果、便宜上「N2」規定へ移行したためシリーズ名称から「N1」の文字を外し、現在の「スーパー耐久」に再度改称した。2002年には、レースに参加するチーム(エントラント)で構成される「N1リーグ」とレースプロモーター、サーキットで構成される「スーパー耐久協会」との対立が表面化。一部のスポーツ新聞では「内紛」のタイトルで対立の表面化が報じられたが、その後両者の話し合いによって、新たなシリーズ統括組織として「スーパー耐久リーグ(STL)」が発足。それまでは主催者側のみで構成されていた連合組織に、この時からエントラント側(N1リーグ)の代表者が加わることになった。2005年にはSTLの内部機構改革に伴い、組織名称を「スーパー耐久機構(STO)」と改めた。また同年、チーム(エントラント)団体である「N1リーグ」の代表者選出方法をチームからの推薦に変更、新たな代表者が選出され、新体制となった。その翌年である2006年からは新体制の組織名称をN1リーグから「スーパー耐久エントラントリーグ(STEL)」に改め、アマチュアリズムに徹したエントラント支援組織とした組織骨子の原点回帰を行った。なお、あくまでもSTOはシリーズの統括組織、STELはエントラントの支援組織である。2000年代後半に入ると海外進出を念頭に置いた動きが目立ちはじめ、2007年9月には韓国の太白レーシングパークからの招待を受ける形で、12チームが同サーキットで行われる韓国チームとの特別戦に参加した。そして2010年にはノンタイトル戦(Special Stage)という形で、初の海外戦をマレーシア・セパンサーキットで行う予定だったが、諸般の事情により中止となった。2011年も「Asia Round」として、韓国・中国で3戦を行う予定が組まれていたが、東北地方太平洋沖地震の影響によりレース日程が大幅に変更され、最終的に福島第一原子力発電所事故の影響も受けた結果全戦が中止となっている(詳細は後述)。この年より、ヨコハマタイヤのワンメイクとなった。2012年は新たな試みとして、ST-GT3クラスについてのみ第4戦を選択制とした。同クラスのエントラントは、岡山国際サーキットでの通常のシリーズ戦以外に、その1週間後にセパンサーキットで行われる12時間耐久レースでもシリーズポイントを獲得できるとされた。2013年はインジェ・スピーディウム(韓国)でシリーズ戦が開催された(大鵬湾国際サーキット(台湾)については、現地オーガナイザーとの交渉が不調に終わり中止)。2012年第5戦ではスーパー耐久初の死亡事故(OSAMU選手)が発生したため、これを踏まえ、2013年からはHANSを着用するレギュレーションが採用された。2018年からタイヤ供給元がピレリに変更され、シリーズ名も「ピレリ・スーパー耐久シリーズ」となった。2019年からは新たにアジア地域をターゲットとした「スーパー耐久アジア」を発足させる。スーパー耐久のアドバイザーでもあるアレックス・ユーン、マーチー・リーの2人が中心となり、香港に事務局を置き、アジアのエントラントに対するレギュレーションや参戦方法などの案内を行うほか、将来的には日本国外でのスーパー耐久のレース開催も予定している。スーパー耐久は排気量や駆動方式により複数のクラス(2010年現在は5クラス)に分けてシリーズが展開される。なおターボ装着車については排気量に対しターボ係数として1.7を乗じた値をクラス分けに使用する(例:排気量2,000ccターボのランサーエボリューションは2,000cc(排気量)×1.7(ターボ係数)=3,400ccをクラス分けの基準とする、この場合はST2クラスとなる)。また、原則として2座席車両での参戦は不可。特認を受ければ参戦可能だが、日本国内での新車価格が1,200万円を超える車両は特認も認められないほか、特認の場合も原則としてST4/ST5クラスへの参戦はできないなど制限がある。このため、いわゆるスーパーカーを用いた参戦が事実上困難となっており、より量産車による戦いの色彩を濃くしている。なお、STOの特認を受けることで、レースバージョンでの参加(例:ポルシェ911JGN)や、本来の排気量や駆動方式によるクラス分けに該当しないクラスへの参戦(具体例は後述)も認められることがあり、その結果同一の車種が複数のクラスにまたがって参戦する場合もある。2005年よりクラス名称が改められ、従来「クラス1 - 4」と呼ばれていたクラスが「ST1 - 4」、「グループN+」と呼ばれていたクラスが「ST5」にそれぞれ改められた。また2006年にはST5の代わりに2,000cc以下の2座席スポーツカーを対象とした「ST-スポーツクラス(ST-S)」が新設されたが、実質的に同年限りで消滅している。2010年には「ST5」の名称で、新たに1,500cc以下の車を対象としたクラスが設けられた。また2011年からは、新たに国際自動車連盟(FIA)の「グループGT3規定」に基づいた新クラス「ST-X」(2012年・2013年シーズンの名称はGT3クラス)が設けられるほか、ワンメイクレースの開催支援クラスとなる「ST-A」クラスも加わる。ST1クラス以下の5クラスは、規定により7台未満(2014年より)の出走の場合は上のクラスに統合される。ST5はST4に、ST4はST3に、ST3はST2に、ST2はST1に、ST1の場合はクラス不成立となるが、大会において総合順位での賞が設定されていれば参加できる。2011年シーズンは、同年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響などから、当初発表された日程が大幅に変更されたため、変更前と変更後の日程を併記する。またその後も福島第一原子力発電所事故の影響から中国ラウンドが事実上中止されるなど、断続的に日程変更が発表されている。スーパー耐久のイメージガールは「Super Girls」(スーパーガールズ)と称している。毎年ユニットを結成し、レースのPR活動やオリジナルソングの発表など、幅広く活躍している。, 安心と信頼のフォロワー8万人以上!