客室数:266 室(予定) 事業/運営主体:株式会社アマネク ホテルアマネク蒲田駅前 宿泊予約は[一休.comビジネス] 2019年8月21日NEW OPEN!男女大浴場有り!JR蒲田駅徒歩1分です。 開業:2021 年春(予定), 【参考サイト】 ホテルアマネク京都河原町五条 宿泊予約は[一休.comビジネス] 2019年秋開業。鴨川・祇園はもちろん、近くのバス停からも京都観光に!ベッド下収納で快適なステイを! アマネクグループのオフィシャルホームページです。我々は不動産事業、宿泊事業、メディア・広告事業を通じて「あまねく人々の幸せのために」社会貢献していきます。そして、独自性・革新性の高い価値を創造し、提供し、あまねく人々に幸福と感動を届け、豊かな未来を共に創ります。 アマネク、別府に地域活性化ホテル計画 『ホテル アマネク別府(仮称)』2019年4月着工 ~2021年春 開業予定~, 電気代の節約サービスや非対面チェックインシステム、ホテルの運営代行サービスなどをご紹介しています。, コロナ対策で光触媒!先着100名様限定!¨ホテリエみた¨で5%off「ウイルス侍」, 全国宿泊施設に対応、1000室以上の運営実績。ホテル・旅館の運営代行なら「オックスコンサルティング」, アマネク、宿泊特化の地域活性化ホテル「(仮称)ホテル アマネク別府」の建設プランを発表。2021年春の開業を目指す, アマネク、別府に地域活性化ホテル計画 『ホテル アマネク別府(仮称)』2019年4月着工 ~2021年春 開業予定~, 大切な誰かと過ごす時間を、かけがえのない思い出に。2020年10月、京都駅前に「20 PIECES」をオープン。, 【2020年9月30日 熊本県/熊本市】新しい観光とニューノーマル-アフターコロナの中、先駆けて動き出している台湾から学ぶ-, 「ヴィアイン大阪京橋」2020年12月29日開業決定!2020年9月1日より予約受付開始!, 【ホテル民泊賃借権M&A】ホテルや民泊などの賃借権、運営権に特化したM&Aプラットフォーム運営開始, 【連載/サクラクオリティ】顧客ニーズの調査結果から見る「宿泊施設がとるべき対策」とは, 【2020年9月16日 福岡県/福岡市】九州ホテル・旅館業界IT&リノベーション展示商談会, BEENOS、メトロエンジンと連携し長期滞在専門ホテル予約サイト「Monthly Hotel(マンスリーホテル)」をリリース, 「THE NORTH FACE×ANA ホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん」、自然とアクティビティ要素を加えた宿泊プラン販売開始, fabbit、ワーケーション・サテライトオフィスキャンペーン実施中。fabbit宗像、実証実験施設に選定, AnyWhere、「人でつながる」ワークプレイスプラットフォーム「TeamPlace」サービスを開始. 構造規模:鉄筋コンクリート造 地上14階建 敷地面積:3,516.3 ㎡(1,065.5 坪) 株式会社アマネクは、地域と共生する宿泊特化の地域活性化ホテル「(仮称)ホテル アマネク別府」計画の建設プランを決定した。本計画はアマネクが取得した土地に、株式会社再生建築研究所が基本設計、株式会社和田組が施工を担当し、竣工後はアマネクがホテル運営を行う。 株式会社アマネクは、地域と共生する宿泊特化の地域活性化ホテル「(仮称)ホテル アマネク別府」計画の建設プランを決定した。本計画はアマネクが取得した土地に、株式会社再生建築研究所が基本設計、株式会社和田組が施工を担当し、竣工後はアマネクがホテル運営を行う。開業は2021年春を予定。, 「ホテルアマネク」は、株式会社アマネクが展開する自社ホテルブランド。2016年6月の「ホテルアマネク銀座イースト」の開業を皮切りに、2018年4月には「ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ」、同年7月には「ホテルアマネク浅草駅前」を出店している。特定エリアにおいて相乗効果をもたらすような計画的な出店が同社の強みである。, 建設地は、大分県別府市の別府駅前の土地約3,500㎡。別府駅から徒歩3分、別府北浜バスセンターからも徒歩5分という好立地に建ち、三面接道と広い敷地を活かし、別府の街並と一体感のある低層部をもたせる。地上14 階建て・客室数266室を予定している建物内は、最上階にサウナ付大浴場、屋上には外国人旅行客も利用しやすいよう水着で楽しめる、温泉インフィニティプールを設ける予定。街中の喧騒の中にリゾートならではの寛ぎを演出する。, 客室は、様々な方が利用できるよう20㎡~54 ㎡までの4タイプの部屋を用意。いずれも天然木の使用や、「和」のテイストを取り入れたデザインで、日本らしさ共に上質な安らぎの空間を提供する。また殆どの客室に半露天風呂またはビューバスを備え、シンプルながらも高級感溢れるデザインを施している。また地元の特産物を利用したビュッフェスタイルの「地元特産物に溢れた最高の朝食」も提供していく。, 同ホテルの最大の特徴は、リゾートホテルでありながら、宿泊に特化したホテルであること。別府は、日本一の湧出量を誇る温泉地として毎年 800 万人が訪れる観光都市であると同時に、大分県第二の都市でもあり、駅前エリアには「安くて美味しい店」から「高級店」まで数多くの飲食店や娯楽施設が集まっている。そんな魅力的な街・別府を体験してもらえるよう、地域のお店や企業と一体となって観光客をもてなす施策を数多く揃える予定だ。, 同社では既にアマネク別府の周辺の古民家を一部取得。古民家再生の実績の多い再生建築研究所とともに、古民家の佇まいを活かしたまま周辺地域を再開発し、カフェやサービス提供の拠点として、地域の事業家や起業家と共に様々な事業をスタートすることを検討している。地域と共に発展していくことが、地域活性化ホテルの目指す姿である。, ■「(仮称)ホテル アマネク別府」概要 延床面積:10,284 ㎡(3,166 坪) 所在地:大分県別府市駅前本町830 設計:株式会社再生建築設計事務所/株式会社和田組建築:株式会社和田組