雪道や凍結、泥のぬかるみなどの悪条件の道路を、がんがん走って来るトヨタ 4WD。アウトドア派の方にもちろんのこと、普段使いにも快適なトヨタ 4WDの車種をご紹介します。トヨタ 4WDに馴染みのない方も、普通車とどういう点が違うのかを比べて見て下さい!, 4WDという言葉はよく耳にすると思いますが、4WDというのはどういう意味なのかご存知でしょうか。4WDは、「四輪駆動車」の事ですが、略して4駆と言われています。では、四輪駆動と普通の車とはどう違うのでしょうか。, 4WDや4駆と聞くと、漠然とですがパワフルなイメージがありませんか?でも、普通の車だって馬力はあるし、それとどう違いがあるのかまではわからない方も多いのではないでしょうか。まずは、4WDについてご説明しましょう!, 4WD、四輪駆動とは、文字通り4輪(4つのタイヤ)全てに、エンジンの動力を分配しています。それでは、なぜ4WDが雪道や凍結路面など、悪条件の道路を走るのに適しているのかを見ていきましょう。, 先にも説明しましたが、通常の2WD(2輪駆動)に比べ、4WD(4輪駆動)は、4つのタイヤ全てに動力がかかるよう設計されています。2WDは、前輪もしくは後輪の2つのタイヤにしか動力がかかりません。ですので、雪道などのスリップしやすい道路でブレーキを使用した場合、前後どちらかだけに力が加わるので、安定性を失ってしまいます。その点4WDなら、4つのタイヤ全てに動力が加わる事になるので、安定性が保たれ、スリップなどを起こしにくくするのです。4WDは、高速道路などを走行する際も同様、安定した走りとなります。, 4WDは、各メーカーから多数販売されていますが、トヨタ 4WDの性能についてはどうでしょうか。走行性能やブレーキの性能、室内や外観といったデザインの事などをまとめてみました。, トヨタ 4WDには、いろいろな仕組みがありますが、大きくわけると「パートタイム4WD」と「フルタイム4WD」という2つの制御に分かれます。パートタイム4WDとは、普段は2WDで走行させていますが、タイヤが滑りそうになったり、滑ってしまった時にのみ、4WDに切り替りかえるといった仕組みになっています。フルタイム4WDは、名前の通り常時タイヤ全てに駆動力をかけている仕組みになっています。トヨタ 4WDは、FFと比べるとカーブなどで曲がりにくいといわれていますが、最近のトヨタ 4WDはそのような事はなく、無理なく曲がる事ができるようになっています。, トヨタ4WDは、オフロード走行やラリー走行など特別な環境での走行を目的としているわけではなく、一般道で安定した走行が保たれるように設計されています。トヨタ4WDのフルタイム4WDシステムは、ビスカスカップリングを採用し、センターデフ方式となっています。駆動力を効率良く配分しているので、滑りやすい路面での走行も非常に安定しています。ぬかるみなどの悪路で、片方の車輪が空転した場合は、もう一方の車輪へ駆動力を伝達し、即座に走行安定性を高めるシステムとなっています。, トヨタ4WDは、前後輪にエンジンブレーキがかかるのでクルマを不安定にするという事なく、安全に走行できます。滑りやすい雪道などを走る場合、この安定感はかなり大きな違いを感じる事ができます。トヨタ4WDは、Dual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)を採用し、エンジン性能を引き出し、力強い走りを実現しつつ燃費向上も達成しています。VVT-iとは、連続可変バルブタイミング機構の事で、高出力と低燃費を両立したガソリンエンジンを実現しています。, トヨタ4WDは、運転するオーナー、そしてゲストにも最高の移動空間であるよう設計されています。例としては、それぞれのシートまわりに色々な工夫がされています。リヤシートバックポケット&カップホルダー&アシストグリップの装備や、冷房の個別吹出しなど、長時間の移動でも快適にすごせるようにな装備がされています。その他にも、インストルメントパネルアッパー部シルバーメタリック加飾など、装飾にもこだわっています。, トヨタ4WDは、「力強さ」と「先進性」を考えたデザインで、スポーティーかつ高級感をそこなわないスタイリッシュな外観です。トヨタ4WDは、コンパクト・ロングバン・標準ボディからスーパーロングバンタイプまで、全長・幅・高さで選べ、さらに、シート配列やフロア形状、スライドドアなど、車種によってきめ細かく選べます。トヨタ4WDは、アウトドアスポーツや長距離旅行、家族レジャーなど、普段使いと合わせて、可能性が無限に広がります。, 実際にトヨタ4WDを愛用している方達は、トヨタ4WDをどのように感じているのでしょうか。, SUVのマルチな走りと2ボックス・コンパクトの機動力は、シティコミュータにぴったり! エンジンも経済的な1.5lで、買い物や通勤/通学には活躍してくれそう。4WDモデルなら、急な降雪でも頼れる存在だ。ユニークなのは、このサイズでFRベースの駆動系を採用していること。つまり2WDモデルを選べばFR、4WDモデルはフルタイム式で、悪路走破性を高めるためのセンターデフロックも備えている。, 自分の場合は仕事でもプライベートでも車を使うのでこの車はアリです。年間2万キロ以上走るので、軽油の安さには助かっていますし、自動車税も安く、車検も乗用車よりは掛かりません。車中泊もかなりするので、旅行行った先でも宿泊費用がかからないのもうれしいですね。ただし、見た目がカッコイイとか、ただワンボックスに乗りたいという理由で買うのであれば絶対に買わない方がいいでしょう。そういう方は間違いなく後悔します。自分の車は総額で言えば普通にアルファード、ヴェルファイアの中堅グレードくらいなら買えてしまうくらいの値段です。それにもかかわらず、電動パワースライドドアも付いてませんし、5人乗車ですし、ましてや嗜好品のサンルーフなんか設定すらできません。同乗者に快適なセカンドシートで空を眺めながらゆったりとした空間を提供したいのならば、アル・ヴェルを買った方が間違いないです。自分好みの車を作りたい、使用目的がはっきりしている。そういうビジョンがしっかりと見えている方には本気でお勧めできる車です。万人にはお勧めできない車なので、一つ評価を下げますが、個人的には☆5つです。遠い将来、300系ハイエースが出たら、また購入したいと思っています。, これだけ存在感のある本格オフロード四駆で、過酷な地域でも使い続けられる信頼性の高さと快適性、必要十分な装備。どんな場面でも違和感なく乗れる、直接のライバルが不在のオンリーワンの車。, 高級サルーンの快適性を兼ね、乗り心地も最高なクロスオーバーSUVとして開発されたトヨタ4WD「ハリアー」は、乗用車ベースの中でも、ラグジュアリーなSUVという新たなジャンルの都市型SUVです。JNCAP新・安全性能総合評価では、最高ランクのファイブスター賞を受賞しています。プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート等のJNCAP予防安全性能評価最高ランク「ASV+」も獲得しており、高い衝突および予防安全性能を評価されている優れたトヨタ4WDです。, トヨタ4WDの中でも、本格派SUVで人気の高いランドクルーザープラドです。日本国内では、プラドという方が馴染みがあるかもしれません。オフロードだけでなく、オンロードでの快適な走行性能を実現した本格的SUVのランドクルーザープラドは、163馬力2.7L 直列4気筒DOHCエンジンを搭載、シートは5人乗り/7人乗りから選べます。次世代高断熱ディーゼル燃焼、コンパクトで高効率のターボチャージャー併用で、低回転でも高トルクを発揮し、低燃費・低排出ガスを実現した理想的なトヨタ4WDです。, 世界中で人気の高いトヨタ4WDのランドクルーザーは、トヨタ・ジープBJ型を祖とする本格派SUVと言われています。力強さと先進性を強調するフロントデザインで、トヨタ4WDの中でも高級車として君臨しているランドクルーザーです。2種類の高精度なセンサーを搭載し、歩行者等を検知する「プリクラッシュセーフティシステム」やその他4つの衝突回避支援機能がパッケージ化された、安全性の高いトヨタ4WDです。最も厳しい基準で作られてきたランドクルーザーだからこそ、60年以上もの間、世界中で支持され続けています。, トヨタ4WDは、スポーティーな外観でありながら高級感を感じさせ、燃費、安定性が考えられた優れた4WDと言えます。世界的にも絶大な信頼を誇るトヨタ4WDは、セダンからワゴンまで幅広いデザインで展開されているので、自分のライフスタイルに合った車種を選び、4WDの安定した走行を実感していただきたいと思います。是非、4WDの購入を検討されている方は、こちらの記事を参考にしていただき、トヨタ4WD取扱い店で実際にご覧になって見て下さい。. ルーミー 免責事項 | > ご意見・ご要望 | ルーミーの人気色ランキング!人気カラーとおすすめの内装色とマッチするカラーバリエーションも紹介. いずれにせよ、4wd のメリットは「雪道でハマりにくい」という点だけです。で、発進時も ff や fr に比べると安定しております。ただ、シャーベットが凍ってツルテカな上り坂の途中発進、なんて状況だと、4輪すべて空回りすることもあります。 みんなの質問 carview! ガイドライン |   (毎日更新), 現在JavaScriptが無効になっています。carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 4wdのメリット/デメリット. > [カービュー] - 自動車総合情報サイト トップへ, carview!はYahoo! 法人加盟店募集 | 車をそろそろ買い替えようと思っています。冬は... 車をそろそろ買い替えようと思っています。冬は1シーズンに7、8回ほど一人で水上宝台樹スキー場に行っています。今の車はトヨタ ノア 4WDで、1999年車でもうじき20年で10万キロです。先日車検を受けた時に、「エンジンのタイミングベルトがいつ切れてもおかしくありません。車の買い替えをご検討なさっては?」と、ルーミーの見積もりをいただきました。自分でも車の購入を考えていますが、1000CC程度で、しかもFF車でスキー場へのアクセスは心配ないでしょうか。また、ルーミは良い車なのでしょうか。60才を目前に迎え、4WDでは燃費が悪いので、FF車かハイブリッド車を考えています。年間3000キロ程度で、雪道を走るのはスキーに行く時のみです。, まずはルーミーがどのような車種であるかをお知らせしておきます。この小型車クラスのトールワゴンはスズキ ソリオがほぼ独占しているマーケットでした。そこに目をつけたトヨタ/ダイハツ陣営が競合車種として投入したのが以下の4車種です。この4兄弟は、いずれもダイハツの池田工場で生産されています。つまりダイハツのクルマなのですね。<ダイハツ系トールワゴン>・トヨタ ルーミー(カローラ店系列)・トヨタ タンク(トヨペット店系列)・ダイハツ トール・スバル ジャスティ燃費は以下の通りとなっています。カッコ内は実燃費(出所:アイディーインフォメーション)です。<ダイハツ系トールワゴン燃費>1.0L NA 2WD 24.6km/L (実燃費 15.8km/L)1.0L NA 4WD 22.0km/L (実燃費 14.7km/L)1.0L ターボ 2WD 21.8km/L4WDモデルは2WDモデルに比べて約7%燃費が落ちるイメージですね。2WDとの燃費差はそれほどないと思います。年間3000km走行で、燃費15km/L、ガソリン代150円/Lで計算しても、年鑑の燃料費の差は3000円以下と思います。競合の「スズキ ソリオ」(OEM:三菱デリカD2)もみてみましょう。ソリオはハイブリッドが中心になっているので燃費表記はなかなかのものです。<スズキ ソリオ燃費>1.2L HYBRID 2WD 32.0km/L1.2L Mild HYBRID 2WD 27.8km/L1.2L Mild HYBRID 4WD 23.8km/L1.2L NA 2WD 24.8km/L1.2L NA 4WD 22.0km/Lこちらはハイブリッドが中心なので、燃費の数値も立派です。普通のハイブリッドはプリウスと似たようなストロングハイブリッドですが2WDしかありません。 マイルドハイブリッドは発進時等にモーターがサポートするもので、何も言われなければハイブリッドだと気付かないかもしれません。しかしマイルドハイブリッドで4WDが選べるのはうれしいですね。ダイハツ系トールワゴンにしても、スズキソリオにしても、このクラスであれば4WDでも十分に燃費いいと思います。■ 4WDシステムについて現在お乗りのトヨタノアも、ダイハツ系トールワゴンも、スズキソリオも4WDシステムは「スタンバイ式4WD」という簡素なものです。本格的な常時四駆の「フルタイム4WD」に比べて装備が軽量簡素でコストも安く済むので、現在ほとんどの4WDが「スタンバイ式4WD」になっています。エンジンの出力は前輪に直結しており、通常の直進走行は前輪駆動で走行します。前後輪をつなぐプロペラシャフトの間に油粘式または油圧式の制御装置が挟み込まれており、前輪が滑るなどして前後輪に回転差が発生すると、その制御装置の油圧が高まるなどして後輪にもトルクが伝わりはじめます。滑らないための四駆のはずが、滑ってからでないと四駆にならないので「なんちゃって4WD」と呼ばれていますが、それでも雪道では重宝します。上記に登場した制御装置として、ダイハツ系トールワゴンもスズキ ソリオも「ビスカスカップリング」という装置が使用されています。ビスカスカップリングの内部はネバネバとした液体と無数の金属板が密封されており、回転差が小さいうちは、ネバネバの液体を通じてじんわりと後輪にトルクが伝わります。さらに回転差が大きくなると装置内の液体が膨張し金属板を押し付け直結に近づけようと頑張り四駆としての性能を発揮するようになります。そして前後輪の回転差がなくなると2WDに戻ります。このように機械仕掛で4WDになる仕組を「パッシブオンデマンド型スタンバイ式4WD」(パッシブ型)といいます。但し、注意点は、スズキやダイハツは「スタンバイ式4WD」であるにもかかわらず、カタログに「フルタイム4WD」と背伸びした記載をしており、本格的な常時四駆のフルタイム4WDと誤認している方も多いです。ご注意ください。一方、ノアの4WDシステムは制御装置にJTECKTの「電子制御カップリング」が使われています。前輪が滑ったことをセンサーが感知すると、制御装置に信号を送り4WDにします。電子制御なので機械仕掛よりも反応が早いです。このように電子制御で4WDに切り替える仕組みを「アクティブオンデマンド型スタンバイ式4WD」(アクティブ型)といいます。パッシブ型よりもアクティブ型の方が高度なので、現在お乗りのノアの方が4WDシステムとしても優れています。とはいえ、ノアの「アクティブトルクコントロール4WD」もあまり高度な制御は行っていないので、それほど大きな性能差は感じられないだろうと思います。■FFの雪道走行雪道ではFR車よりもFF車の方がスタックしにくく、多くの人がFFの方が雪道に強いといいます。それは、FF車は前輪が雪の塊や障害物に遭遇しても、前輪が自力で回転して掻き登ったり掻き壊して走行することができるからです。FR車が同様に前輪が雪の塊や障害物に出会うと、それがクルマ止めとなり、後輪が頑張って押しても乗り越えられずスリップしてしまうのです。雪の積もった駐車場等で抜け出せなくなったFR車がバックで走ると抜けられたりします。なので、質問者様がFFにされたとしても、高性能なスタッドレスタイヤを履いていれば、概ね問題なく走行できます。但し、深雪やアイスバーンの坂道発進等ではやはり4WDでないと不安ですね。一夜にして雪が積もった駐車場から抜け出すときや、片側一車線で後続車が続くアイスバーンの登り坂で、一旦停止しないといけない時など、もう気が気ではないです。<トラクションコントロールシステムについて>余談ですが、アイスバーンと深雪では対処が異なります。最近のクルマには「トラクションコントロールシステム」(以下TRC)という電子デバイスが装備されています。TRCとは、滑りやすい路面等で車輪が滑った時に、その車輪の空転を抑制するためにクルマ側で自動的にエンジンの出力を絞る制御のことです。アイスバーンの発進等ではこれが効果を発揮します。一方、深い雪が積もった場所では、車輪が空転しながらもエンジンの回転を上げてグイグイと雪の抵抗を押し退けてラッセル走行しながら進むわけですが、その肝心のエンジンの出力をクルマ側で勝手にカットしてしまうので、アクセル踏んでもエンジンが回らずクルマが進まなくなってしまうのです。なので、ほとんどのクルマにTRCをOFFにするボタンがついており、深雪を走るときにはTRCをOFFにして走ります。これ、意外と知られていなくて、深雪で不動になるクルマが結構あります(すでにご承知でしたらすみません)。■他の候補車種もう少々クラスを上げてみて以下のような車種もいかがでしょう? 室内も広くて燃費もよく候補になると思います。・トヨタ シエンタ(1.5L 4WDあり)・ホンダ フリード(1.5L 4WDあり)・ホンダ シャトル(1.5L 4WDあり)以上、長くなり失礼いたしました。何かご不明な点がございましたら、追加でご質問いただけましたら幸いです。写真は「パッシブオンデマンド型スタンバイ式4WD」のビスカスカップリング方式の事例です。ご参照ください。, 色々丁寧に回答していただきありがとうございました。新車購入の際に参考にさせていただきます。, 最近ハイブリッド車を処分し、嫁の軽(アルト)1本にしました。片道150キロ程度なら問題なくスキーに行けます。(今日まで2泊車泊を含んで行ってきました。)維持費を考えると背高の軽でも十分です。(車両は高いけど、税金、保険、高速料金は安い、燃費も悪くないし、山道も十分走れます。4月中旬にも御岳2240に行きましたが、レヴォーグの前を普通に走っていきました。)ルーミー買うならソリオを勧めます。ソリオのほうが出来がいいし、リアスライドドアはスキー場の狭い駐車場で便利です。(ルーミーはソリオのライバルとして出した車ですが、後出しなのに負けています。) ハイブリッドの意外なメリット。バッテリーがでかいから駐車場でビデオを観れる。確かになかなか温まらないのは事実ですが原因はモーターで動く時があるのでエンジンがなかなか温まらないせい、温まればエンジンの余熱利用なので普通車と変わらない(日産のe-パワーはわかりませんがトヨタは大丈夫、ホンダやスズキも大丈夫なはず。)燃費はよいし、トヨタのハイブリッドは故障も少ない。車種によっては1500wの電源があって小型のレンジまで使えますが、さすがにバッテリーが持たないのでエンジンかけながらの使用となります。でも年間3000キロ程度なら軽自動車かな?一人で行くなら十分使えます。次にソリオ(ノーマルのGでよいかと、せいぜいマイルドハイブリッド)四駆が良いかどうか?安全を考えれば四駆。チェーン(金属チェーンを勧めます。とにかくつけやすいもの)装着に慣れれば、基本FFスタッドレス、緊急時チェーン装着が一番安上がり。私は年20回くらいスキーに行きますがずっとそれです。それもFFスタッドレスでは降雪時だと絶対に登らない山道があるスキー場がメインです。チェーンは慣れと装着は早めに。自分も近い年なので、維持費を安くしたほうが良いのでは?, FFだと、新雪の深雪だと坂道登れません。宝台樹だと、道が一本しかないから大変ですよ。腕に自信があるなら、FFでも構いません。昨今のスタッドレスタイヤは、チェーンとのマッチングが悪く、道端でチェーンが外れたクルマを良く見かけます。タイヤとサスペンションの隙間も小さく、純正のぼったくりチェーンしか入りません。ハイブリッド車は燃費は良いですが、ヒーターが効きません。電気ヒーターなので、スキー場ではガタブル間違いなし。例えるなら、真冬に家庭用エアコンの暖房をつけるみたいなものです。スキーウェア着たままプラス使い捨てカイロを貼りまくって運転する羽目になります。ブッシュ4WDをオススメします。年間3000㎞の走行だと、ハイブリッド車とノーマル車との価格差を回収できないから、無駄金を払うことになりますが。月に3000㎞走行し、10万㎞以上走行しないと価格差を回収できませんから。ルーミーを勧めてきたのは、営業マンのバックがあるからです。ご承知の通り、ルーミーはダイハツ車です。ダイハツ本体用・トヨタ向け2車種・スバル向けの4兄弟です。軽自動車以上、1500㏄以下のコンパクトカー以下の車格です。スズキソリオに対抗して開発したクルマですが、トヨタ系得意の後だしじゃんけんで発売したにもかかわらず、トータルではソリオに負けてます。まずは、ルーミーを試乗してみて下さい。ターボとターボ無しがありますから、どちらも試乗してみて下さい。でも何故か、ターボ車に4WDの設定がないのが不思議です。, 宝台樹だと凍結していて登れないと言うのはたぶん大丈夫だと思いますけど、問題は積雪除雪のタイミングが悪いと藤原湖から先が苦しいかもね確かにFFでも大丈夫ですよチェーンを巻けばねシーズン10回程度なら大雪当たるのは1回程度?もしかしたら無いかもねでも、登るかどうかドキドキしながら走るくらいなら4WDのが安心感はありますスタンバイ式って言う4WDなんですが、確かに滑りだしてから4WDになるので安定性と言う面では劣りますが、登坂性は4WDなら滑りながらでも登っていくので、スキー場に行く程度なら十分の4WDの性能です宝台樹だと酷いときは6時間で40cmとか積もる時もあるから私は4WDをお勧めしますそれに行くのは宝台樹だけじゃないですよね?ちょっと気が変わって川場に行きたいとかあれば4WDの恩恵は絶対です, なぜ?ルーミー?( ゚д゚)…え?スキー場は→近場?なの高速は?使わないのd( ̄  ̄)ノア」は→ミディアムサイズのミニバンルーミー」は→コンパクトサイズのハイルーフなハッチバック高速走行」なら→ミディアムカー以上ですし長距離」なら→ミディアムカー以上ですねd( ̄  ̄)長時間」であれば→Lサイズの車が得意☆としていますご近所使用」であれば→コンパクトカーは有効☆ですし視点の高い→ハイルーフ系は→運転しやすい」ですね雪道」といっても→積もらない?のであれば(除雪経路であればd( ̄  ̄)AWDである必要は☆無い今の新車は→横滑り防止装置」があります☆ので積雪がある?経路であれば→車高の高いSUVでなければ…ブルドーザーの様に→雪を押すハメに?, トヨタのFFベースの4WDは、負荷がかかってから動くのでハッキリ言って役に立ちません。うちは、voxyのFFで、行ってますよ。今は、トラクションコントロールが付いているので余程のことが無い限り心配はないと思いますし、道中は案外除雪されていませんか??ハイブリッドは、やめた方がいいと思いますよ。長く乗られるのであれば尚更、まだ、変圧器関係に問題がありますので。, FR車よりは安全です。しかし、スキー場に行くなら燃費を気にするより安全に行ける4WD車がいいです。 最近は、後輪は電動の4WD車があります。 FF車並の燃費で4WDの走破性があります。, 「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。, カタログ-新型車、旧モデル 総合情報 トップへ |