「見返りを求めず、アピールのためではなく、困ったときにさりげなくフォローしてくれる人(47歳・会社員) No reproduction or republication without written permission. しかし、放っといてと言われたら素直に触れないで上げましょう。 □物事に流されない □正当な理由で怒る 本当に怒ると怖い人の特徴について紹介します。本当に怒ると怖い人は存在しています。いつもカリカリしている人が怒ったところで、いつものことだと思えますが、本当に怒ると怖い人が怒ったときはドキドキするものです。どんな人を怒らせてはいけないのでしょうか。, 優しい人ほど怒ると怖いというのを聞いたことがありませんか?優しい人はいつも優しいから、そもそも怒ることなんてないよと思う人もいるでしょう。しかし、優しい人でも怒ることはあります。 そのため、笑うことも喜ぶことも想像できません。怒ることも泣くところも想像できないのです。見た目からして、ある一定の場所から感情が動かないような雰囲気を持っているため、怒ると周りがビックリします。 オーラが親しみやすいので、そのオーラは優しくふわふわしたものなのです。怒る人のオーラは、強くてギスギスしているので、親しみやすさとはほど遠いものがあります。 そして、相手の意見に同意する事です。, 話を聞き終わった時に、相手に同意をして最後にアドバイスとして「自分ならこんな方法を試す」「自分ならこんな風に言ってみる」等、相手に「こうしなさい」ではなくこんな方法もあるよ程度のアドバイスをするのがいいでしょう。, こうすると相談者側は話も聞いてくれたし、アドバイスもして貰えたと満足してくれます。 「ニコニコしていて、人を寄せ付ける力がある人」(19歳・大学生), そう、常に穏やかな笑顔の人は「優しい人」という雰囲気になれます。口角が下がってしまうクセがある人は、少しずつ意識して口角を上げることを心がけるだけでも印象は変わるはず。やってソンすることはなし。, 「自分の悩みを親身に聞いてくれる人」(31歳・家事手伝い) ただごとではないと思うほどの怖さを与えるのです。, 怒ると怖い人の性格や行動の特徴について紹介します。怒ると怖い人の性格や行動の特徴と聞いて、思い浮かぶものがあるでしょうか。 対処法を知っておくことで、早く仲直りすることができるでしょう。, 怒ると怖い人を怒らせたときの対処法は、素直に謝ることです。素直に謝ったほうが、絶対に許してくれる可能性が高いでしょう。 怒ると怖い人を怒らせないようにすることで、自分自身が怖い思いをしなくて済むのです。, 怒ると怖い人を怒らせないようにする方法は、当たり前のことを当たり前にすることです。例えば、約束を守るとか、責任もって物事に取り組むなどです。 優しい人ほど実は人に舐められやすい。 優しい人はある種、基本的に何でも受け入れてしまうほど寛大な人。 だからこそ、気づいたら年齢関係なく人に舐められていたりとか、 パワハラやいじめと呼ばれる、理不尽な扱いをされることにもなりやすい。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 優しい人の特徴はイライラしません。 「裏表がない人」(25歳・専門職) 「困っている人に声を掛けてあげられる人」(45歳・会社役員) sponsord link たとえば、いつも笑顔で相手に合わせられるような人。誰かのことを考えて行動できる人。心が広い人。人によって、さまざまな人を「優しい人」と思い描くと思います。, 本日は、編集部が10~60代の女性158名に「優しい人って、どんな人?」と調査した結果をまとめてご紹介します。, 「気が利く・気配り上手」(回答超多数) 相手の様子を見て「今、こうして欲しいんだろうな」と言うのを読み取り自分から声を掛けて行きます。, 相手にとってかゆい所に手が届く存在になると、この人は優しい人だと思われるのです。 頭の回転が早いので、怒られるほうは、どんどん攻められているような気分にもなるでしょう。水瓶座は本当に怒らせると厄介です。水瓶座O型はとにかく要注意ということです。, 怒ると怖い人への上手な対処法について紹介します。怒ると怖い人が怒ったとき、どうやって対処したらいいのでしょうか。 「穏やかな雰囲気の女性」(19歳・大学生) そして、怒るなんて想像していなかったということもあるため、「怒ったらマジで怖い!」と人に思わせる力があるのです。優しい人ほど怒ると怖いのは、あながち間違っていません。 ここでしつこく聞き出そうとするのはただのお節介です。, 優しさのあまりお節介をしてしまうと逆に相手からの印象は悪くなってしまいます。 「言葉がやさしい」(30歳・会社員) 「男性を立てられる人」(20歳・会社員) 「否定せず親身になってくれる人」(49歳・会社員) 「当たり前のように自然と手助けをしてくれる人」(17歳・学生), 「気配り」「思いやり」と近いところにいますが、こちらも困っているときにさっと気づいてフォローしてくれて、しかもそれを押し付けがましくなくできる……。こんな人が職場にいたら、だいぶ働きやすいですよね。, 「利他の心溢れる人」(28歳・会社員) 「相手を理解しようとする姿勢がある人」(26歳・会社員), シンプルに大事。自分と接する相手に敬意を持って、相手を理解しようとしていたら、きっと自然と優しくなれるはずです。, 「優しい」と「強い」は対義語のように思う人もいるかもしれませんが、意外と表裏一体。強いからこそ誰かに優しくなれる……って、映画のフレーズのよう?, 「彼にとって、いないとダメな存在」(55歳・自営業) 【診断結果:4~6個】 私は、昔からよく人に「優しい」と言われている。 ただ、私自身は生まれてこの方自分を優しいなどと思ったことは一度もない。誰かに優しくした覚えもない。なぜ、人から優しい人と言われるだろうか。 それでも、いつも私は「みくちゃんは、本当に優しいね」と言われる。 「自分の良いと思うことではなく、相手であれば何が最良なのかを考え、決断して動ける人」(42歳・会社員), 自分より他人を優先できる……って、これができるのは相当優しさレベル高め。でも「優しい人」は、つい自分をないがしろにして、人のことばかり考えて、気づけば自分が苦しくなっている……という事態も見かけます。そうなってしまいがちな方は「まずは自分を大切にすること」を第一にして、その後に人にできることを考えていきましょう。, 「包容力がある人」(回答多数) そのため、自分の○○が悪かったからごめんね。とどこを反省しているのかを伝えましょう。きちんと伝わればきっとすぐに許してくれます。, 怒ると怖い人を怒らせたときの対処法は、その状況を引きずらないことです。できるだけ早く謝って対処したほうがいいでしょう。中には、近づかないようにしておこうと思う人もいますが、逆効果です。 怒ると本当に怖い人の心理にある、我慢の限界というものは、実はとても怖いものでもあるのです。, 怒ると本当に怖い人の心理には、悲しいというものがあります。怒ると本当に怖い人というのは、普段は怒ることがないので、怒ったときの悲しさとか辛さというものを滅多に味わうことがありません。 「さりげない気遣いができる」(23歳・会社員) 「頭ごなしに人のことを否定しない」(32歳・会社員), 極力人の悪口を言わないように心掛けたり、誰かの話を聞いて頭ごなしに「それは違うよ」と言わなかったり。悪口を言っている人を見ると「今はいい対応をしてくれているけど、自分も陰では言われているのかな」とちょっと思ってしまうのが人間の本音。, 「きちんと注意できる」(34歳・パート) どちらかというと、人を支えて、人の役に立つようなことをするタイプです。縁の下の力持ちのような性格をしているでしょう。 【診断結果:10個】 「人の話を真剣に聞いて、しっかりダメな事も言ってくれる女性」(42歳・専業主婦) 「恩着せがましくない人」(31歳・自営業) 「ありがとう、が言える。」(29歳・アルバイト) 怒らせてはいけない人を怒らせてしまうと困るのは自分なのです。, 怒らせてはいけない人の特徴には、頭の回転が早い人というものがあります。頭の回転が早い人を怒らせてしまうと、絶対に適いません。 どちらかというと、自分は自分、人は人なのが水瓶座なのですが、怒ると本気で怖く、手がつけられなくなります。普段はそんなに怒ったりしないのですが、ツボにはいったとたんにキレだします。 親しみやすい雰囲気がある人の周りには、いつも人が大勢います。だからこそ、怒るところがより分からないのですが、怒ったときは本気で怖いのです。, 怒ると怖い人の見た目の特徴には、表情がないというものもあります。表情がないとはどうゆうことだ?と思うでしょうが、普段から喜怒哀楽のどれをも出さないということです。 「自分のことは後回しにして考える人」(27歳・専業主婦) 撮影/BOORO(BIEI) ヘア&メイク/佐藤亜里沙 モデル/中村麻美(CanCam it girl), ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。. 私は、昔からよく人に「優しい」と言われている。 ただ、私自身は生まれてこの方自分を優しいなどと思ったことは一度もない。誰かに優しくした覚えもない。なぜ、人から優しい人と言われるだろうか。 それでも、いつも私は「みくちゃんは、本当に優しいね」と言われる。 「怒らない人」(回答多数) 「友達の話を否定せずに聞いてくれる」(27歳・家事手伝い), 親身になって人の話を聞けるだけでも、それはりっぱな「優しい」こと。人の話を聞いて、受け止めて、そうだね、と同意する。聞いている側からしたら「それだけのこと」でも、それが誰かを救うことって、たくさんあるものです。, 「人の悪口を言わない人」(回答多数) 「人の気持ちを思いやり、行動できる人」(33歳・専業主婦) 私は、昔からよく人に「優しい」と言われている。ただ、私自身は生まれてこの方自分を優しいなどと思ったことは一度もない。誰かに優しくした覚えもない。なぜ、人から優しい人と言われるだろうか。それでも、いつも私は「みくちゃんは、本当に優しいね」と言われる。不思議でならない。優しいってなんだろう?なぜ、私は優しいと言われるのだろうか。昔から、ずっと考え続けている。, これまで、私は他者から優しいと言われる度に「何でそう思うの?」と尋ねてきた。すると、みくさんは滅多に怒らないし、言い方が優しいのだと。あとは、人の話をうんうんそうだねと黙って聞いてくれるからと。, このような答えをもらった時、私はいつも「それって優しさなの?あなたにとって、都合よく動いてくれるだけじゃなくて?」と思う。こう言われて、正直嬉しいと思った事など一度もない。, 私からすれば、正直そのどれも優しい行為だとは思えなかった。私がキツイ言い方をしたり、怒らないのは、あくまで人と揉め事するのが嫌だから。面倒に巻き込まれたくない、自分がキツい言われ方をするのが嫌で人にもしたくない。だから、怒らない人を装っているのである。決して、内心怒っていない訳ではない。また、私が人の話を聞くのも、決して優しさからきてる訳ではない。自分が話をするのが好きであるからと同時に、世の中の人がどんなことに興味があって、何で悩んでいるかに興味があるからだ。これまで色々な人に出会ってきたが、一般的に周囲から「優しい」と言われる人は、大抵私のような人ばかりだった。人に嫌われたくないのは、面倒と揉め事が苦手だからこそ。そのため、いつも極力「ああ、そうだね」と相手に合わせてしまう。人によっては、ズルい女だと思われるかもしれない。優しいと言われる多くの人は、いつも穏やかでニコニコしている。他の人なら腹立つことを言われても、ぐっと我慢する。ただ、ここで勘違いしないで欲しいのは、あくまで彼らが必ずしも怒ってない訳ではないということ。私は、キツい目に遭って落ち込んだ人を見かけると「大丈夫?」と声をかけたりしている。その理由は、その人が心配であると同時に、当人が何を考えているのかに興味があるからだ。すると、「正直勘弁してほしいと思うけど、話を聞いて相手を受け入れるフリをすれば、彼を納得できると思った」「本当は腹が立ってるけど、言い返すのも面倒だから」などなど。どの人も、それなりに内心では腹が煮え繰り返っている。優しい人と呼ばれる人たちは、どの方も決して怒らない訳ではない。我慢しているのだ。いつもニコニコと穏やかな人は、どうせ怒らないだろうと八つ当たりをされたり、キツい言われ方をされたりと嫌な目に遭いやすい。その分、周囲からは「優しい人」と評価され、多くの人に好かれやすく、友達も多かったりする。優しい人は、必ずしも悪いことばかりではない。逆に、どんなに思いやりがある人でも、発言が普段からキツめな人は、誤解されやすく損をしてしまう。人のためを思って動いたとしても、表現がトゲトゲしいが故に、「あの人は怖い」「キツい」と言われてしまう。稀に優しい発言や親切をすると「あの人は、本当は優しいんだよ」と言われたりする。キツい言われ方をされたくない人は、彼らを極力避けてしまう。周囲からの評価も、優しい人より劣りやすい。キツめの人は多くの人から好かれないが、その分心を許した人とは狭く、深い仲を築ける。こちらも、悪いことばかりではないのだ。私の周囲には、発言がキツめの人も、穏やかで滅多に怒らない人も沢山いる。どちらかと言えば、キツめの発言をする人が若干多め。どの人も、言い方や受け止め方が違うだけで、それぞれに別の形で優しさを持っている。一般的に、「優しい」と言われる行為には、人を思いやる、人のために発言する、困った人に声をかける、思いを受け止める、話を聞くなどが多いが、実際にその行為が果たしてその人の為になっているのか。自分には、時としてわからなくなる時がある。今は繊細な人が増え、ちょっとキツい言い方をすると落ち込んでしまう人が多い。悲しいニュースも増えた。だからといって、なんでもその人を肯定したり、励ましていたらその人の為にならない時もある。しかし、厳しいアドバイスをすれば「あの人はキツい」とレッテルを貼られてしまう。声をかけるのが難しい時代になったと思う。優しいって難しい。私の思う優しさは、優しい言葉がけをするとか、そういう表面的な行為ではなく、人のためを思った上でどう動けばいいのかを考え、行動や発言することだと思っている。その人のためを思った上で厳しい指摘をするのも、私は優しさだと思う。私はいい加減な人間だし、その場しのぎな発言が多い。面倒くさがり屋なので、なぁなぁで済ませてしまう。その人の為というより、自分をよく見せる為にと耳障りのいい台詞を見つけて言ってしまったりする。嫌われる勇気がないのだ。我ながら、ズルい奴だなと思う。そういう意味でも優しい人間とは程遠いと思っている。そもそも、私自身が優しくなりたいと思ったことが一度もない。そんな私が、人の優しさを実感できたのは、去年〜今年。娘を妊娠出産してからだった。色んな知人友人の先輩ママ達が、娘のためにと「これ、もう使わないから使って」と服や雑貨をたくさん恵んでくれた。妊娠糖尿病で入院した時も、心配して電話やメールをくれる人が沢山いた。仕事でお世話になってるクライアントさん達も、「体を第一に考えてください」と言って下さった。妊婦時代はとにかく孤独だった上に、人生で最も体調不良だった。少し声かけてもらえるだけでも感謝だった。思い起こせば、これまで虐め、リストラ、持病、転勤、失恋、10年以上に渡る婚活難民時代など、それなりに人生の修羅場はあった。が、なんとか乗り越えてしまったが故に、人の優しさに気づかず、さらに人を厳しい目で見てしまうようになった。人に助けを受けると、今度は自分も誰かに優しくしようと思えるのか。なるほど。そう思えるまでに、なんと41年もの歳月が経ってしまった。遅咲きではあるが、これからも親切を受けた時の気持ちを忘れずに生きていきたいと思う。, iVERY/恋学/女子SPA!/suits woman/TRINITY/マネーの達人にて執筆中 はてなブログ, 元彼の呪縛はNG?バチェロレッテから学ぶハイスペ女子の婚活裏事情 第9〜10話感想, 初回予防接種と、妊活してたころから毎日ウォーキングがてらお参りにいってた氏神さまへお礼参りに行ってきました。写真館の予約がいっぱいで、正式はお宮参りは来月になりそう明日から、いよいよ3ヶ月です!.