大豆戸FC ドイツ遠征. 10 月 24 日、辻堂海浜公園にて浜見平 JSC さん FC.vinculo さんと交流試合を行いました。. ... 電話:045-543-7911 FAX:045-543-4197 地図: アクセス. 株式会社アスリードが運営する神奈川県横浜市所属の大豆戸FCジュニアユースによるドイツ遠征専用Facebookページです。 1対1の局面でどうしても、相手の出方を見てしまい、プレッシャーを掛けれず自由にさせてしまう場面が多くありました。, 休憩中に、もっと積極的に自信を持ってプレーすることを心掛けて欲しいと送り出し、徐々にペースを掴み、いい場面が。 いつもは半面で 6 人制で行っていますが、. 98 likes. 港北fcは横浜市港北区唯一の「総合型地域スポーツクラブ」として 青少年の心身の健全な育成を推進するとともに、 幼児からシニアまでスポーツを通じたコミュニティを育む環境整備を進めています。 @yokohama_kyoui からのツイート. copyright(c) 2010-2020 E-3 Inc. all rights reserved. 神奈川県横浜市にあるnpo法人大豆戸フットボールクラブ。横浜Fマリノス、横浜fcとjクラブを2つを擁し、4種登録が実に200チーム近い激戦区の同市にあって、ここ10年間で市内大会での優勝。毎回、8強以上に駒を進めてくる強豪クラブです。 2020/8/23(日) JFA(日本サッカー協会)公認の指導者ライセンスを持つ経験豊かなスタッフが丁寧に指導致します。, 茅ヶ崎 浜見平ジュニアサッカー|HAMAMIDAIRA-JSC-CHIGASAKI, © Hamamidaira-Jsc-Chigasaki | All Rights Reserved. 更新日: 2016年10月23日 0 9 0 5 7 7. この日は真ん中のネット、ベンチを移動、 全面を使って 8 人制!. FCヴィアージャ 2-1 大豆戸FC 決勝戦 FCヴィアージャ 0-2 エスペランサ ※写真 準決勝vs大豆戸戦、決勝vsエスペランサ戦 他 保護者様提供 日本クラブユース選手権大会 U15 ベスト16 関東大会出場決定戦 … 港北区役所がある「大豆戸」の読み方は、なぜ「おおまめど」ではなく、「まめど」なのかが気になる! | 『はまれぽ.com』とは...横浜、川崎、湘南、神奈川県のキニナルお店、噂、スポット、変な場所、不思議なモノ、行政問題など真面目な疑問を徹底調査してレポートします。 今朝から急に秋の風が入り始め、夏の残りもあとどのくらいだろうと数えるようになってきました。, 試合開始から、相手の流れに合わせてしまい、中々良いきっかけが作れません。 (FCヴィアージャ・横須賀シーガルズ・川崎チャンプ・テアトロ・シュート・Futuro・修徳中学校・市川ガナーズ), FCヴィアージャJYでは年間を通してメンタルトレーニングを導入し、ハート面でも強化しております。, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/tkmd/2020/tkmd-ken-nittei-B.pdf, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/tkmd/2020/index.htm, ●申し込み後のセレクション日変更は人数に偏りが出てしまうので変更は行いません。予めご了承ください, https://www.kanagawa-fa.gr.jp/jimukyoku/information20200326.html, https://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-13_League/2019/1st-stage.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2019/U-15-league.htm, https://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-15_League/2019/2nd/2nd-stage.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-15_League/2019/1st/1st-stage.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2019/U-14-league.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/tkmd/2019/index.htm, https://www.juniorsoccer-news.com/post-578543, www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2019/jcy-kngw.htm, 昼食持参、スパイク、ボール、サッカーウエアー自由(頼んでいるものは遠征先にて渡します)、防寒着またはベンチコート(寒いので必ず持参), U13リーグwww.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-13_League/2018/1st-stage.htm, 神奈川県サッカー協会 CJY U14リーグwww.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2018/U-14-league.htm, 神奈川県サッカー協会 HPhttp://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-15_League/2017-2018/2nd/2nd-stage.htm, 横須賀市サッカー協会様、むらせライス様、運営していただいた関係者の皆様ありがとうございました。, ※前所属チームの関係上、春強化遠征は27日まで帯同・指導します。4月1日より本格合流致します。 皆様よろしくお願いします, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-13_League/2017/2nd-stage.htm, www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2017/U-14-league.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-15_League/2016-2017/2nd/2nd-stage.htm, ※2018年度よりリーグ戦(U15、U13)が現在の1部、2部、3部から4部制(1部、2部、3部、4部)に移行になります。, www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-13_League/2018/1st-stage.htm, www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u15/2018/U-14-league.htm, http://www.kanagawa-fa.gr.jp/u-15/U-15_League/2017-2018/2nd/2nd-stage.htm. 読者のみなさんはご存知のように、サカイクの連載コラム『蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~』を執筆している島沢優子さんは、少年サッカーのカリスマ指導者と言われる池上正さんの書籍や連載のお手伝いを10年やってきました。, 今回はそんな「池上さんスタイル」で、結果を積み上げているお手本のようなクラブを取材したのでご紹介します。(取材・文:島沢優子), 神奈川県横浜市にあるNPO法人大豆戸フットボールクラブ。横浜Fマリノス、横浜FCとJクラブを2つを擁し、4種登録が実に200チーム近い激戦区の同市にあって、ここ10年間で市内大会での優勝。毎回、8強以上に駒を進めてくる強豪クラブです。, 小中一貫指導を取り入れており、ジュニアの希望者がそのまま上がるジュニアユースチームも強い。毎年のように全日本ジュニアユースの関東予選に駒を進めています。, 大豆戸FCのように選手の主体性を育む指導を全スタッフが実践し、なおかつ成果を挙げている小中一貫のクラブはそうそうお目にかかれません。大豆戸FCの強さは、どこからきているのでしょうか。, 同クラブで指導して13年になる末本亮太さん(39)は「失敗から学んだのです」と言います。, 末本さんが社員として加入する以前から、指導スタイルは「池上さんが推奨するかたちだった」。つまり、怒鳴らず指示命令せず、子どもたちの自然体を大事に、主体性を引き出すやり方です。, 10年ほど前から毎年のように、スタッフ同士でクラブを見つめ直す中で、末本さんらスタッフは自クラブに関する3つのネガティブなことに気づきました。, まず、卒業した子が中学や高校で思った以上に伸びていなかったこと。「中学や高校の試合を観に行くと、わかるんです。ジュニアのときにすごく技術もあって、能力が高かった子があまり伸びていなかった」, 伸びないどころか、中学から別のスポーツをやるなどサッカーをやめてしまう子も少なくなかったそうです。「なんで続けないんだよ?サッカー、楽しんでいたじゃないか?」末本さんが尋ねると、卆団生たちは同じようなことを言いました。「もう、サッカーはいいかなって......」「なんか、サッカーやる気が起こらない」, 子どもたちは12歳にして「サッカーはお腹いっぱい」の状態になっていたのです。「要するにバーンアウトですよね。燃え尽きちゃった感じでした」(末本さん), 3つめのネガティブな案件は、預かった子どもたちの身長(高学年時)が伸びないことでした。「あまりにも小さい選手が多過ぎる。やり過ぎなのではないか」, 個人差はあるものの、ジュニア期の低身長は、運動のやりすぎや成長ホルモンが分泌する時間帯に睡眠や十分な休息をとれていないことが大きな原因です。, 加えて、本当に好きで練習にやってきているのかも気になりました。「始めるよ」とコーチが言わなければ、ボールを蹴り始めない。複数のスクールを掛け持ちして毎日サッカーをやる子も少なくありませんでした。サッカーは子どもたちにとって、英語教室などと同じ『習い事』になっていると感じたと振り返ります。, 大豆戸のジュニアは当時、各学年ともAチームで年間150試合、Bでも70試合を消化していました。土日となれば、1日中練習試合を組んでいたそうです。, もちろん、目の前の子どもたちの技術は伸びました。それなりに上手くなり、ある程度の結果も出ていました。ただ、それが子どもたちの未来に決してつながっていない現実があったのです。, そこで、スタッフで何度も話し合った結果、試合数を減らすことにしたそうです。それまで年間150試合だったのを100試合以下に減らしました。加えて、土日はそれぞれ丸一日サッカー漬けだったのを、午前だけ、または午後だけと半日にしたそうです。, 親の引率もなくし、現地集合、現地解散にして、子どもたち自らがサッカーに来るような環境にしました。迷って遅れても叱らない。親から「行くよ」と言われて連れて来られるのではなく自分からサッカーを求める環境に変えたのです。.