小さくて飼いやすく、また鳴き声も美しく見た目も可愛らしい鳥であることから人気はありますが、注意しなければ病気にかかることもあります。, 文鳥に限らず、小鳥は症状がひどくなってからでは手遅れということもあるので普段から健康チェックは怠らないようにしましょう。, 体力が低下していたり、寒いときに起こる場合もありますし、栄養不足、老鳥で体力が衰えているなど原因は様々です。, 人間が口にするものなどを与えると肝臓悪い影響を及ぼすことがあるので注意しましょう。, ヨードが不足していると考えられる場合は、バランスの良い食事をさせるように気を配ります。, そのうは鳥類に特有の器官なのですが、ここにエサが滞納してしまうと、前胸部あたりが大きく膨れ上がります。, 対処法は、スポイトなどでぬるま湯を飲ませながら、ゆっくりと胸の辺りをマッサージして滞留した食べ物を胃に流すように促すことです。, しかし、重症化するとこのような対処法では困難なので、切開手術をしなければならないことがあります。, 食滞にならないためには、飲み水を切らさないようにすること、寒い場所は避けるなどの予防が必要です。, 安全だと思っていても、人間が常に使用する部屋の中には鳥たちには危険なものもたくさんあるのです。, 異物は通常はフンと一緒に排泄されるのですが、胃や腸に溜まってうまく排泄できず、食欲不振に陥ることがあります。, エサを食べない、衰弱している、でも原因が不明なときは病院でX線の検査を受けて、必要ならば切開手術をすることもあります。, 危険な物、特に小さくてくわえやすい、飲み込みやすいもの、薬などの毒性のあるものを無造作に置いておかないようにしましょう。, 危険なものを飲み込んでしまうと、小さな鳥はすぐに死に結びついてしまうこともあります。, エサも古くなったものなどが身体に悪影響を及ぼす場合もあるので、新鮮なエサを与え、人間の食べ物は与えないようにしましょう。, カンジタは消化器官内に常に存在している菌なのですが、糖や炭水化物を取り過ぎたり、抗生剤やステロイド薬の影響、またストレスなどにより増殖する場合があります。, カルシウムが欠乏すると、動きが鈍くなったり、翼が垂れさがるというようなことが起こります。, カルシウムを増やすにはビタミンDの生成も効果的で、日光浴をすることでビタミンDの生成が促されます。, ゴールデンハムスターの特徴とは。性格・値段・寿命からゴールデンハムスターのことを知ろう. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 文鳥の飼い方の知識 All Rights Reserved. 文鳥を感染症から守る為に、飼い主として正しい知識を持って対処したいものですよね。他の文鳥に感染させたり、人間もかかる感染症もあるので、しっかりと対策はしておきましょう。 ひどくなると、クチバシや脚が変形してしまうことも。治療すれば治るので、症状が悪化しないうちに受診しましょう。, 人間もかかることがある感染症で、頭部の羽が抜けたり、抜けたところに黄色いかさぶたができたり、また、顔をかゆがったりします。, 予防法としては、衛生的な環境を作ってあげることが大事。いつもケージ内は清潔にしておきましょう。, また、部屋の低い位置には、カビの菌が舞っていることが多いようです。 とくに羽の生えてないところに寄生し、鼻孔のまわりのクチバシが白く粉をふいたようになります。, 疥癬はとてもかゆく、文鳥にとって大きなストレスになります。 In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 飲み水は切らさないようにし、湿度も60%以上を保ちましょう。ケージやそのまわりを清潔にすることも重要です。, 甲状腺が正常に機能しない状態のことで、羽が抜けたまま生えてこない、羽が濡れたように汚れている、脚が白くカサカサになるなどの症状が表れます。, ヨードが不足しているとき起こりやすいといわれますが、先天的な原因も考えられます。 未消化物が混ざっていたり、血が混ざっていたり、軟らかくオレンジ色だったりするでしょう。, また、水を大量に飲んだり、食欲がなくなったり、眠っていることが多くなったりします。, 「疥癬」はダニが寄生して起こる皮膚感染症です。 In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript. 文鳥のくちばしの皮がむけている!?のを見た事はありませんか? これは何らかの病気なのでしょうか? 栄養障害. とくに、はじめてヒナを家に連れてきたときは、トリコモナス症にかかっていないか検査することが大切です。, 「コクシジウム」が寄生することで起こります。 3章 飼い主も知ってほしい代表的な鳥の病気 メガバクテリア症(=AYG、マクロラブダス症) 多くの鳥類の胃に生息している大型、棒状の微生物で、メガバクテリアと呼ばれていますが、近年カビの仲間であることがわかり、Macrorhabdus Ornithogasterという学名が与えられました。 文鳥も生き物ですから、病気になることもあります。家族の一員として大切に思えばこそ、病気から文鳥を守ってあげたいもの。予防できるのならば、なるべくそうしてあげたいし、病気になってしまった時は正しい対処もしてあげたいですよね。 文鳥は小さくて人懐っこい鳥です。 そんな小さな文鳥でもケガや、病気をする事は、日常茶飯事と言ってもいいでしょう。 文鳥を飼っている限りは、必ずそう言う場面と向き合わなければならないと思って飼育しなければなりません。 It appears that you have disabled your Javascript. ヨード不足の場合は、栄養バランスのとれたエサを与えます。, 「はばき」は、老鳥や病鳥によく見られる病気で、脚の表面がウロコのように厚くかたくなり、白くカサカサになること。 Oops! 床から1メートル以上の高さのあるところに、ケージを設置するのもポイントでしょう。. 小鳥(インコ、文鳥等々)の嘴(くちばし)が事故や喧嘩で折れたり(損傷)、脱落してしまった場合の対処方法を記事にしたいと思います。 その前に話は変わりますが、小… Copyright ©  2012-2020 文鳥の飼い方~初心者の飼育法~ All rights reserved. とくに水入れやエサ入れは注意が必要で、清潔に保ちましょう。, ウイルスなどが原因で肝機能障害になる文鳥は多くいます。 文鳥のことしか考えられなくなり活動しだした"かいぬし"。 子供の時から絵を描いていた&鳥と暮らしていた生粋の鳥好き。 現在8羽の文鳥と2人の子供にふりまわされながら、ゆっくり活動中。 バードライフアドバイザー3級。 文鳥も生き物ですから、病気になることもあります。家族の一員として大切に思えばこそ、病気から文鳥を守ってあげたいもの。予防できるのならば、なるべくそうしてあげたいし、病気になってしまった時は正しい対処もしてあげたいですよね。 Copyright ©  2012-2020 文鳥の飼い方~初心者の飼育法~ All rights reserved. It appears that you have disabled your Javascript. 飼っている白文鳥わさび(♂2歳)のハゲが治ってきました 去年の11月ごろから、下の写真のようにくちばしの上のあたりがはげはじめ、はじめは季節外れの換羽かな?と思って様子を見ていたのですが どんどんハゲてくるわさび… カビかな? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2020 文鳥の飼い方の知識 All Rights Reserved. くちばしの色と脚の色も薄くなっています(この文鳥さんは内臓疾患、内分泌疾患など)。 「ノド(胸)が腫れている」場合に考えられる原因 小鳥さんの首は意外と長く、首の骨の数は人の約倍、14個あり … 感染しても発症しないこともありますが、体力が低下したり、歳をとってくると、発症しやすくなります。, 症状はフンでわかります。 くちばしの色と脚の色も薄くなっています(この文鳥さんは内臓疾患、内分泌疾患など)。 「ノド(胸)が腫れている」場合に考えられる原因 小鳥さんの首は意外と長く、首の骨の数は人の約倍、14個あり … 文鳥が止まり木に、くちばしをこすりつける3つの理由! 一つ目は、食後のエチケットで行っている可能性があります。 私たち人間も食べ物を食べた後は、口の周りを拭いてきれいにします。 文鳥の老化は何歳から? 文鳥の平均寿命は7〜8年と言われており、一般的に7歳頃からを「老鳥」と言うようですが、老化の兆しが見え始める時期は個体によって違います。 その個体が持っている寿命や体力・生活環境など さまざまなものに左右されますので、7歳になったからそろそろ老鳥かな? 人間の乾燥肌のような感じです。新陳代謝が悪いことが原因で起こります。, 歳をとったら、はばきになるのはしかたのないことですが、ビタミンやミネラルが不足しないよう栄養バランスのとれたエサを与え、少しでも予防したいものです。, 大腸菌などが原因で腸炎にかかることがあり、栄養が行き届いていなかったり、体温が低下してたりするときに起こりやすくなります。 水を多く飲み、とても水っぽいフンをします。嘔吐が見られることもあります。, 具合が悪いとき、文鳥は羽をふくらませていることが多いのですが、ふくらませるのをやめるまで保温しましょう。, 予防法としては、文鳥が住む環境を衛生的にすること。 腸やそ嚢の中でカンジダが増え、腸炎や下痢、嘔吐を引き起こします。, 予防法は、まずは人間の食べ物をあげないこと。また、エサ入れや水入れなどを清潔にすることも大切です。, 症状は、のどが腫れてエサを飲み込めない、口の中からチーズのような粘り気のあるものが出てくる、プチプチとした呼吸音がする、呼吸しづらい、あごが腫れるなど。, 薬で治るので、病院で検査・治療してもらうとよいでしょう。 文鳥は昔から日本人に親しまれて飼われてきた鳥でもあります。 小さくて飼いやすく、また鳴き声も美しく見た目も可愛らしい鳥であることから人気はありますが、注意しなければ病気にかかることもあります。 文鳥に限らず、小鳥は症状が … 肝臓が悪くなると、タンパク質の合成が困難になります。クチバシやツメ、羽の色や形が変わったり、尿が黄褐色や黄緑色っぽくなったりすることもあります。, 人間の食べ物を与えないことはもちろん、ヘアスプレーや化粧品、ハンドクリームなどにも気をつけましょう。, 微量であっても、毎日文鳥が口にすると、肝臓を悪くしてしまいます。みかんやサプリメントなどでビタミンCを補うのも有効です。. 文鳥は小さくて人懐っこい鳥です。 そんな小さな文鳥でもケガや、病気をする事は、日常茶飯事と言ってもいいでしょう・・・, 文鳥を飼う時には「いつかは手乗りになってもらいたい」と思っていますよね。 文鳥は最初さえきちんとしておけば自然・・・, ペットを飼う際にどうしても思う事ってありませんか? 確実に慣れてくれること。 その点文鳥は、人に慣れやすく、1・・・, 文鳥をよく見ると以外とコントラストがキッチリしていて羽色が綺麗だとは思いませんか? グレー?色以外にも最近では・・・, 文鳥の原産地はインドネシアやマレーシア等の東南アジアを中心に分布しています。 そうなると、日本の気候は冬が寒い・・・, 日本生まれの文鳥でも、やはりもともとは南国系の鳥です。 日本の寒い冬に耐えきれる個体は少なくないはずですよね。・・・, 文鳥の羽がハゲてしまって地肌が見えてしまっている事があります。 換羽の時にはよくそういう光景に出くわすことにな・・・, 文鳥はインドネシアの固有種が大元のようです。 そこから、インドや中国に広がり、現在では南太平洋諸国に分布してい・・・, 文鳥を放鳥していると、自分のそばに寄ってくる事はかなりあると思います。 そんな時に思うのが、文鳥って可愛いな~・・・, 鳥のペットとしては、一番飼いやすいと言われているのが文鳥です。 飼いやすい=初心者でも飼えますと言う事になるの・・・. 予防できるのならば、なるべくそうしてあげたいし、病気になってしまった時は正しい対処もしてあげたいですよね。, ここでは、文鳥がなりやすい病気の症状と、その時の対処法を紹介していきたいと思います。, 気道炎には「上部気道炎」と「下部気道炎」があり、前者の症状は鼻水やくしゃみ、後者は気管支炎や肺炎などです。, 温度が低いときや体力が低下しているとき、栄養不足のとき、また、老鳥などに起こります。, くしゃみ程度で症状が軽いときは、32度くらいにして半日くらい保温します。そのあと、少しずつ普段の温度に戻していきましょう。, 鼻水が出たり、呼吸音が苦しそうだったり、丸くなっているときなどは、病院で治療が必要です。, 予防法としては、水分不足にならないようにすること。 何かしらの病気を抱えている場合、大きく分類すると「見た目」「動き・行動」「便・尿」のどこかに異常が現れることが多いです。小鳥はヒトの4倍ものスピードで年齢を重ねていくため、数日の放置が命取りになることも。普段と違うと少しでも感じたら、すぐに当院へ連れてきてください。小鳥は言葉を喋ることができません。飼い主さんの日々の観察・健康チェックこそが、可愛い家族を守る第一歩となります。, 見た目の異常とは、普段の小鳥さんと違う点を見つけることです。その時に、チェックするポイントとして・ご飯は食べているか?・膨らんでいるか?・羽のつやはあるか?・左右は対症か?止まり木に止まっているか?・気持ち悪そうにしていないか?などを見てください。普段からの観察が大切です。小鳥は病気になってもなかなか具合の悪そうな様子を見せません。具合が悪い様子を見せ始めたら、それはかなり体調が悪いサインです。1分1秒でも早く、受診をして治してあげましょう。, 多くの場合小鳥さんは病気になると膨らみます。また、小鳥さんは病気を隠します。近くにいると膨らまないでいることも、、、、。小鳥さんに気づかれないように、遠くから観察することも重要になります。, 遠くから見ると後ろを向いて寝ています。かなり調子が悪いはずですが、この小鳥さんに近づくと→, 起きて、膨らんでいたことを隠します(このセキセイインコさんは上部気道疾患、バンブルフットなど)。, 具合が悪い時、全身の羽が膨らみます。この時下に降りてしまう事も多く見られます(このセキセイインコさんは内分泌疾患・甲状腺機能低下症、代謝性疾患・甲状腺機能低下症など)。, 身体がいたい時も膨らみます(このセキセイインコさんは変形性関節症、輸卵管疾患など)。, 膨らんでいる時は羽をちゃんとたたむことができず、羽が地面につくほど落ちていることもあります(この文鳥さんは重度の感染症)。, 基本的に大人の小鳥さんの羽色は変わりません。羽の形も年齢とともに変わることはありません。, 小鳥さんの羽の形が変わる場合、羽毛形成が上手くいかない場合と、羽毛をいじって変形させてしまう場合があります。なんとなくボサボサです。羽を広げると→, 小鳥さんの羽の色は病気によって様々な色に変わります。黄色、赤、黒など様々に変化してしまいます。しかし、少しずつ変化していくために、なかなかな気付くことができません。, 黒い羽根(このアケボノインコさんは内臓疾患・肝臓障害、内分泌疾患・甲状腺機能低下症など)。, 赤い羽根(このコザクラインコさんは内臓疾患・肝臓障害、内分泌疾患・甲状腺機能低下症など)。, その羽を見てみると黒から赤のグラデーションになっています。これも病気のサインです(このヨウムさんは感染症・PBFD)。, 小鳥さんは常に羽を左右対称にたたんでいます。これができない時は病や事故の可能性があります。, 正常な羽の位置。着目点は初列風切羽と尾羽の位置関係です(このセキセイインコさんは正常)。, 全身状態が悪く、羽を落としています(このコザクラインコさんは内臓疾患・肝臓疾患、内分泌疾患・甲状腺機能低下症など)。, お腹が大きくて正常な位置に羽を上げていることができません(このセキセイインコさんは腹腔内腫瘍疾患)。, 小鳥さんの羽は正常でも「換羽」と言われる形で羽根の新陳代謝が起こります。しかし、異常に抜けたり、抜けた羽根が変形していたりしていることはありません。, 小鳥さんは1日に約2時間、羽繕(はづくろい)に時間を費やします。羽を繕う(つくろう)作業が過剰になったり、繕っていた羽を抜いてしまったりする場合は注意が必要です, 羽をいじってしまうのは、様々な種類の小鳥さんで見られます(このセキセイインコさんは羽咬症)。, 羽を抜くだけでなく、傷をつけてしまう場合もあります(このコザクラインコさんは羽咬症・毛引き症・自咬症)。, 小鳥さんの出血を見つけたときはまず「止めること」を一番に考えます。もし止められない、出血部位が分からない時は早急に病院へおいで下さい。, どこから出血しているのかが重要です。この状態だとかごの中は血が飛び散っている状態です(このオカメインコさんはパニックによる)。, 出血部位をいじるのでくちばしの先に血が付いていることも(このセキセイインコさんは事故、外傷を自傷)。, 小鳥さんのロウ膜、特にセキセイインコのオスのロウ膜は時間とともに変色しません。そのため、ロウ膜の変色は病気のサインになります。, オスのロウマクの変色。同じ変色でもこの小鳥さんは病気です(内分泌疾患、内臓疾患、生殖器系疾患)。, 鼻腔への感染によって変形してしまいました(このコザクラインコさんは上部気道疾患)。, ロウ膜の色や形が分からなくなってしまう事もあります(このセキセイインコさんは外部寄生虫疾患・疥癬症)。, 小鳥さんはとてもきれい好き、羽が乱れることは飛ぶことにも影響するため普段からこまめにお手入れしています。羽根が汚れたままにしておくことはありません。, ロウマクの上の羽が鼻水でガビガビになっている(このセキセイインコさんは上部気道疾患)。, 小鳥さんは1日のうち2時間ぐらい羽繕い(はづくろい)に時間をとります。頭の羽が汚れてもすぐにきれいにします。頭が汚いままでいることはないのです。, 水浴びの後の頭もかなり濡れますが、乾くのが早くすぐに元の状態に戻るため病気と異なります(このセキセイインコさんは水浴び後、正常)。, 求愛行動が多いため、頭が汚れたままになっています(このセキセイインコさんは求愛行動、正常)。, わずか数時間で汚れてしまいます(このコザクラインコさんは感染症・ソノウ炎、腸炎)。, 小鳥さんのくちばし(嘴)が伸びるスピードは思っているより速いです。しかし、伸びすぎてしまう事はありません。それはこまめに手入れを(咬んだり、こすったり)しているからです。伸びる場合考えられる原因は大きく分けて2つあります。1つ目は、くちばし(嘴)を手入れしない、あるいは出来ない理由がある。2つ目は伸びるスピードが速い場合があります。, くちばしが長く伸びている。自分で削っても間に合わないため、どんどん伸びていきます(このセキセイインコさんは代謝性疾患、内臓疾患、内分泌疾患など)。, 事故によって上くちばしを失ったため、下くちばしの手入れができず伸びてしまいます(このセキセイインコさんは事故、怪我)。, くちばし(嘴)の色は小鳥さんの状態を表すバロメーターになります。特に文鳥さんではくちばし(嘴)の色がはっきりしているため、健康状態を判断しやすいです。, くちばし、脚の色ともに赤いです。特に文鳥さんのオスははっきりしています(この文鳥さんは正常な男の子)。, 脚の色も同じ薄い色になっています(この文鳥さんは感染症、内臓疾患、自己免疫性疾患など)。, くちばしの色と脚の色も薄くなっています(この文鳥さんは内臓疾患、内分泌疾患など)。, 小鳥さんの首は意外と長く、首の骨の数は人の約倍、14個あります。この長い頸部のおかげで首を自由に動かすことができます。この部位が腫れると動きが悪くなってしまいます。さらには食事がとれなくなったり、呼吸が悪くなったりすることもあります。, ソノウに食べた物や液体が貯留しているため、ノドが腫れています(このセキセイインコさんは内分泌疾患・甲状腺機能低下症)。, 胸が腫れていて垂れ下がっているように見えます(このセキセイインコさんはソノウ疾患・ソノウ下垂)。, 小鳥さんのお腹は外観からでは分かりづらいです。外から見てわかる場合は大きな病気があり、進行している可能性があります。 また、お腹が大きい場合、姿勢や呼吸、便の状態など様々な所に変化がみられることが多いです。, 小鳥さんのお腹が大きいことはなかなか気付く事が難しいです(このセキセイインコさんは腹腔内疾患(メス:生殖器系疾患))。, お腹が急激に大きくなる場合があります(このセキセイインコさんは腹腔内疾患(メス:生殖器系疾患))。, 便が出づらいため、お尻が汚れています(このセキセイインコさんは腹腔内疾患・メス:生殖器系疾患)。, 総排泄孔(お尻)が腫れています(このセキセイインコさんは腫瘤性疾患・総排泄腔内腫瘤)。, 小鳥さんのお尻に便や尿がつくことはありません。お尻に便や尿が付く場合は小鳥さんに病気が起こしている可能性があります。, お腹が大きいため、便が全てお尻の周りに付いてしまいます(このセキセイインコさんは腹腔内疾患、腹壁疾患など)。, 小鳥さんは綺麗好き。お尻が汚れる場合、重大な原因があります(このセキセイインコさんは消化器疾患、腹腔内疾患、腹壁疾患など)。, お尻から赤いものが出る時、血液、腸、総排泄腔、輸卵管など重大な問題が発生していることを表しています。 すぐ病院へおいで下さい。, この状態になると自力で戻すことはできません(この鳥さんは繁殖疾患・卵、総排泄腔脱)。, 小鳥さんを正面から見てもお尻から赤いものが出ていることに気付くことはできません。発見されるまで数日かかった場合もあります(このセキセイインコさんはメスの卵に関係する繁殖疾患・総排泄腔脱)。, 赤いものは必ずしも卵を含むものではありません。産卵後であっても出てきてしまう場合があります(この文鳥さんはメスの卵に関係する繁殖疾患・総排泄腔脱)。, 普段と異なる症状が現れた場合は、何らかの病気・怪我の可能性があります。普段と異なる症状とは、歩くことや飛ぶこと、あくびの回数の増加や咳、くしゃみなどを表しています。重要なことは他の小鳥さんとの比較ではなく、普段の小鳥さんとの比較です。, 病気によっては時間帯によって症状が見られ、その時間以外は症状が消えてしまう病気もあります。様々な時間、角度から小鳥さんを見る必要があります。, 小鳥さんはこまめに食事をとります。食事を取らないということはありえません。大きな病気のサインの可能性があります。, 元気がないため、食欲がありません。じっとしていて膨らんでいます。遠くから見ても近くから見ても膨らんでいて動くことがありません(このオカメインコさんは中毒・鉛)。, 足の麻痺によって動くことができません(このセキセイインコさんは繁殖関連疾患・低カルシウム血症など)。, 「食欲が無い=食べてない」ではない場合があります。この小鳥さんはくび(頸)が曲ってしまって、通常の食事の与え方ではご飯を食べることができません。食事を与える環境を整える必要があります(このセキセイインコさんは事故による後遺症・斜頚)。, 人は目をつぶるときに上まぶた(上眼瞼)を主に閉じます。しかし、小鳥さんは逆に下まぶた(下眼瞼)が動いて閉じます。 小鳥さんも寝る時は目を閉じます。しかし、目を閉じたままにはなりません。片目を閉じているのか、両目を閉じているかをよく観察することが重要です。, 目の容器を発症すると、病気によるものだけでなく、自傷してしまい開かなくなることもあります(この文鳥さんは眼球疾患、眼瞼疾患、上部気道疾患など)。, 目が開かないままにしておくと、眼球の確認も難しくなります(このセキセイインコさんは眼球疾患、眼瞼疾患、上部気道疾患など)。, 目の病気がなくても目をつぶることもあります(このオカメインコさんは上部気道感染症・オカメインコの開口不全症)。, 小鳥さんはオスもメスも繁殖期に吐くことがあります。求愛行動です。この求愛行動と病気を区別する必要があります。 繁殖期の求愛の場合は対象物(人、同居鳥、同居動物、自分、物など)が存在します。オスは対象物に食事をあげるため、メスは子育てのつもりで求愛行動をとります。, 小鳥さんが吐くと頭が汚れる特徴がみられます(このセキセイインコさんは胃腸疾患、ソノウ疾患など)。, 唾液や吐物は粘稠生があるため、後頭部方向へ流れていきます(このセキセイインコさんは胃腸疾患、ソノウ疾患など)。, 食事がソノウから流れることができずに吐いてしまったため顔が汚れている(このセキセイインコさんは内分泌疾患、感染症など)。, 口(くちばし)を開けて呼吸をすることを開口呼吸と言います。 小鳥さんは口(くちばし)を開けて呼吸をすることはあまりありません。時に文鳥さんで緊張や興奮で見られます。しかし、落ち着けば口(くちばし)を閉じて元の呼吸に戻ります。, わずかに口(くちばし)に隙間がある事が分かります。初期ではわずかに開くことが多いです(このコザクラインコさんは下部気道疾患・感染症)。, 開口呼吸をするのは呼吸器疾患の時だけではありません(このセキセイインコさんは腹腔内疾患・生殖器系疾患)。, 小鳥さんの呼吸が早いのを見分けるのはなかなか分かりづらいです。重要なポイントが2つ。  尾羽を振りながら呼吸をしている(ボビング)  上を見て(顎を上げて)呼吸をしている(スターゲイジング) 病状が非常に悪い事を表しています。この症状を見たらすぐ病院へ来る必要があります!!, この鳥さんは呼吸が早いため、顔色がややチアノーゼなのがわかります(このコンゴウインコ(Mix)さんは下部気道疾患・感染症)。, 呼吸が早くなるとアゴを上げて、できるだけ呼吸が楽になるようにします(このセキセイインコさんは腹腔内疾・生殖器系疾患)。, 小鳥さんの「咳」は「くしゃみ」と非常に区別がつきづらいです。 咳は「ケッケッ、キャンキャン」など比較的、乾いた感じで聞こえます。 くしゃみは「クシュクシュ」など連続して出ることが多い。 ただ、咳でも重度になると「ゲチョッゲチョッ」と湿った音になります。この時は重度の呼吸障害を伴います。 病状が非常に悪い事を表しています。この症状を見たらすぐ病院へ来る必要があります!!, 小鳥さんのくしゃみの特徴は「クシュクシュ」音だけでなく、ロウマク(鼻)の上部が鼻水で汚れたり、進行すると結膜炎や顔が腫れたりするなどの症状が見られます。顔が腫れると正面から見て左右が対象ではなくなるので気付くことができます。, くしゃみによって鼻孔の上の羽が汚れて、鼻の穴が見えます(このボタンインコさんは上部気道疾患・感染症)。, ロウマクの上が鼻水で汚れて、鼻孔が塞がっています。また、長期間鼻水が出ていると羽が抜けてしまいます(このオカメインコさんは上部気道疾患・感染症)。, 小鳥さんが飛ぶことは非常にデリケートで繊細な行動です。 神経、骨、筋肉どれ1つとっても欠かせないものになります。さらにそれが上手く連携しなければ飛べません。何らかの理由で飛ぶことができなくなった時、大きなストレスとなりさらなる病気の原因となることもあります。, お腹が大きく飛ぶことができません(このセキセイインコさんは腹腔内疾患・生殖器系疾患)。, 小鳥さんは歩くときにオウム、インコ類はヒョコヒョコ歩き(ウォーキング)、文鳥(フィンチ類)はピョンピョン跳ねて(ホッピング)歩きます。 脚を何らかの理由で痛めると、バランスを崩した歩き方になります。また、この時に小鳥さんの立ち姿勢も変化していることが多く見られます。痛い方の脚に負重しない立ち方(人で言う‘安めの姿勢’)をします。, 痛風によって足を引きずってしまいます(このコザクラインコさんは関節疾患、代謝性疾患・痛風)。, 左足の挙上・右足への負重。骨の代謝異常(多骨性骨化過剰症)などにより起こる場合がある, 左足を挙上、右に負重している。左大腿骨の骨折がある。大腿骨折の場合、足を軽くつく場合がある, 小鳥さんが下に降りることは命の危険に直結するので、基本的には行いません。 ただ、メスの小鳥さんで発情行動の「巣ごもり行動」や「巣作り行動」または「抱卵行動」としてみられる場合があります。, 食器の下に入り、巣ごもっています。これは巣ごもり行動ですが、同時に背中も触っているため、交尾行動にもなっています(このセキセイインコさんは発情行動・巣ごもり行動)。, 卵をずっとだいています。この時は便さえも1日に1~2回しかしません(このセキセイインコさんは抱卵行動)。, 両足の疾患によって下で生活をしています(このコザクラインコさんは事故、怪我など)。, 一部のコンパニオンバードを除き、多くの小鳥さんは水をあまり飲みません。 水を飲んでいるのか?遊んでいるのか?の区別がつかない場合があります。その時は便とそれに付着している尿を見てください。小鳥さんのおしっこは2種類、白い尿酸と、透明な尿です。基本的に飲んだ分だけおしっこは出ます。よく水を飲むことによって透明な尿が増えます。, 小鳥さんの多飲を確認するのに良い方法は尿の量のチェックをすることです。便の周囲に透明な尿が多いほど水を飲んでいる証拠です(さまざまな原因による)。, 小鳥さんの頭が傾いたままでいるのは神経症状などの疾患が発生している可能性があります。, 小鳥さんは1日のうち、約2時間程度羽繕い(はづくろい)のために時間を費やします。 羽根の乱れや、筆毛の処理、寄生虫をとったり、汚れを取ったりなどして整えます。, 換羽の時などは羽繕い(はづくろい)の回数が増えます(この文鳥さんは換羽期の羽繕い・正常)。, しかし、さまざまな理由によって羽をいじりすぎてしまうと、飛べなくなってしまいます(この文鳥さんは羽咬症)。, 小鳥さんのメスは発情期に卵を抱く用意をするために胸部を毛引きします。これを抱卵斑と言います。しかし、この抱卵斑は地肌が見えるほどは抜きません(このセキセイインコさんは毛引き症)。, ハジラミなどの羽根につく寄生虫も羽繕い(はづくろい)の回数が増える原因となります(この写真は外部寄生虫疾患・ハジラミ)。, 羽根をよく見ると黒い粒が羽枝の間に多数あります。これを取るために必死で羽繕いをすることもあります(このセキセイインコさんは外部寄生虫疾患・羽虫)。, 小鳥さんは意思の疎通ができている時、あまり気が荒い部分を見せることはあまりありません。 しかし、カゴに手を入れると攻撃してきたり、前を通っただけで飛びついてきたりする場合があります。, 小鳥さんの換羽期は非常に疲れてウトウトもしますが、触られることも非常に嫌がります(この文鳥さんは換羽期・正常)。, 発情期は巣作りや、作った巣を守るためにイライラします。非常に強く咬まれることもあります(発情期)。, 小鳥さんの疥癬症は非常に強い痒みです。その痒みのためにイライラします(このセキセイインコさんは外部寄生虫疾患・疥癬症)。, ワクモは夜になると小鳥さんを襲い吸血します。そのため、小鳥さんは夜あまり寝られず、痒みと痛みによる睡眠不足でイライラします(この写真は外部寄生虫疾患・ワクモ)。, 小鳥さんは1日に約50個近く便をします。排泄をこまめにすることは、飛ぶために重要なことです。 普段からできる小鳥さんの健康診断の1つとして、便の数のチェックしてみてはいかがでしょうか?, 胃への感染症によって便が出づらくなったり、便をしぶったりします(この写真は胃疾患・マクロラブダス症)。, お腹が大きくなりヘルニアなどを起こすと、腸や総排泄腔がはまり排便しづらくなりしぶり便になることもあります(このセキセイインコさんは腹腔内疾患、腹壁疾患など)。.