主に夏と冬の年二回のボーナスは、もらえる時期になるとわくわくしますよね。ただ、ボーナスの支給日がいつなのか正確に把握している人は意外と少ないではないでしょうか。そこで今回の記事では、ボーナスの支給日と会社員・公務員別のボーナス事情について解説していきます。 主に夏と冬の年二回のボーナスは、もらえる時期になるとわくわくしますよね。ただ、ボーナスの支給日がいつなのか正確に把握している人は意外と少ないではないでしょうか。そこで今回の記事では、ボーナスの支給日と会社員・公務員別のボーナス事情について解説していきます。, 会社員として働いている方の多くは、夏または冬の時期になるとボーナスが支給されると思います。, ボーナスが近い時期になると「支給日はいつかなぁ」と、日々悶々としている方もいるのではないでしょうか。, 更にボーナス支給日についての疑問以外にも、自分の働いている業種のボーナス支給額やパート社員のボーナスの有無なども疑問に思う方は多いでしょう。, この記事を読んで頂ければ、ボーナスの詳しい支給日や平均的なボーナスの支給額などが分かるようになります。, 日本全国の民間企業が一斉に「この日に支給されます」という事はないので、その点には注意しましょう。, しかし民間企業であっても、同じようなタイミングでボーナスが支給される日も存在しますので、参考として見ておいてください。, それでは民間企業の夏と冬の時期に出る、詳しいボーナスの支給日について解説していきます。, 冒頭でも少し触れましたが、日本全国の民間企業全てに決まったボーナスの支給日はなく、それぞれの会社によって多少ボーナスの時期は異なります。, とは言え、すべての会社で全くバラバラの支給日かというとそうでもなく、主に7月上旬あたりに支給される傾向が強いとされています。, もう少し詳しい日にちを提示すると「7月10日」。この辺りをボーナスの支給日とされている企業が多くあるようです。, 「なぜ上旬?なぜ7月10日?」と疑問に思う方もいるかもしれませんので、このことについても解説していきます。, 夏のボーナスの支給日が7月上旬や7月10日が多い理由は、主に集金を終わらせたいとの理由からなるようです。, もちろん会社の方針や事情によって理由は異なる場合もありますが、このような理由の会社が多いため支給日が似てくると言えます。, しかし7月上旬に支給されるケースが多いというだけであって、会社によっては8月に入ってから支給される場合もあります。, 人によっては残念ながらボーナスが支給されない方もいるかもしれませんが、7月にボーナスが支給されなかったからといっても、8月も諦めずに待ってみましょう。, この流れから分かるように、民間企業における冬のボーナス支給日は12月上旬が支給日として強い傾向にあります。, そして夏のボーナスと同じような理由から「12月10日」あたりに支給される事も多いようです。, 何度も言いますが、会社によって支給日は異なりますので、冬のボーナス時期もあくまで参考として見ておきましょう。, しかし、1月に入ってからボーナスを支給する会社はあまりなく、クリスマスまでに間に合うよう支給するケースが大半なようです。, クリスマスまでにボーナスが支給されるのであれば、お子様をお持ちの方はプレゼントの購入に何とか間に合いそうですね。, こちらも少しだけ結論に触れてしまいますと、公務員のボーナス支給日は民間企業とは違い、ほとんどの場合夏と冬の支給日は決まっています。, これは条例、または法律によって決まっているためで「いつ貰えるんだろう」と支給日について悩む事もありません。, 上記で説明した事の繰り返しになりますが、公務員のボーナスの支給日は条例、または法律で取り決められています。, このため民間企業のように会社によってバラバラな支給日ではなく、公務員の夏のボーナスは6月30日に支給されます。, ただし、6月30日が休日だった場合は、次の平日(月曜日)に繰り上げで支給となります。, 民間企業よりも少しだけ早くボーナスが貰えることから、公務員の方は7月以降の予定が立てやすいなどのメリットを感じる方も多いでしょう。, 公務員の冬のボーナス支給日は「12月10日」。この日が冬のボーナスの支給日とされています。, 公務員の夏のボーナス同様に、冬のボーナスにも決まった支給日があり、12月10日が支給日と条例、または法律で取り決められています。, 公務員の冬のボーナス支給日を見てみると、民間企業の支給日の傾向とほぼ変わらないのが分かりますね。, こちらも支給日が決まっている事から、クリスマスの予定や、正月休みの予定が立てやすいと言えます。, 民間企業、もしくは公務員の詳しいボーナス支給日については、夏と冬それぞれ解説していきました。, ボーナスの詳しい支給額は、勤めている会社の方針や業績などによって変動する事も多いため難しいところです。, そこでここでは、平成30年夏季・年末の業種別ボーナスの平均支給額について解説していきます。, これら7つの業種の平均支給額についてです。(業種別労働人口上位から順に、5パーセント以上のものをピックアップ), このデータを見てみると建設業が520,341円と一番高く、飲食サービス業等の68,641円と比べると、およそ7.5倍の開きがあります。, 飲食サービス業はパートやアルバイトを雇用している事も多く離職率も高いため、残念ながら他業種と比べると毎月の賃金は低い水準にあります。, しかし中には飲食サービス業であっても、このデータより大幅にボーナス支給額が上回った方もいるでしょう。, その反対に建設業であっても、このデータよりも大幅に支給額が下回ったケースの方も当然います。, というよりも、建設業の平均支給額が夏と比べて70,142円下がったために、あまり支給額に変動のなかった製造業と入れ替わった形になります。, ボーナスの金額は、おおよそ夏は基本給の1.5~2ヶ月分・冬は基本給の3~4ヶ月分のところが多いです。, しかし、ボーナスは絶対に支給しなければいけないという決まりはなく、「もらえない」可能性ももちろんあります。企業の大きさや業績によって左右されることが多いでしょう。, また、企業によっては、「基本給はそんなに高くないが、他にいろんな手当がついて、ある程度の金額になっている」というパターンがあります。, その場合、基本給に他の手当の金額が含まれるのか、含まれないのかで受け取れるボーナスの金額は大きく変わってきます。, 時期や金額などボーナスに関するルールは企業ごとに決められていますので、しっかり確認しておきましょう。, ボーナスには扶養手当も関係しているので、扶養家族がいる人の方がボーナスは多くもらえることになります。, 地域手当は地域によってゼロのところもあり、住んでいるところによって差が出てくるでしょう。自分の住んでいる地域の地域手当を確認してみましょう。, また、支給月数は8月に人事院が毎年出している人事院勧告で決定されるので、6月のボーナスで過不足分が出た場合は、12月のボーナスの時に調整されます。, 人事院勧告では、まず国家公務員の支給月数が決定され、その後それを参考に地方公務員の支給月数が決定されます。過去20年間の支給月数の平均は、年間4.35ヶ月となっています。, 会社から支給されるボーナスの場合、正社員の方が対象になっている場合が多いでしょう。, では、パート社員の方にボーナスはでないのでしょうか?「もしかしたらパートにも出るかも」と、少しだけ期待している方もいるかもしれませんね。, この期待を裏切ってしまうかもしれませんが、パートの方にボーナスは支給されないケースが一般的です。, もちろん会社によっては支給されるところもあるようですが、その場合ほとんどが数千円~1、2万円程の寸志程度が多いようです。, とは言え、家族(夫や妻、親など)の扶養に入っている方は、ボーナスを貰い過ぎることで扶養から外れてしまう事も考えられます。, そのあたりも考慮しておけば、たとえ貰えなかったとしても、精神的に少しは楽になるでしょう。, 民間企業及び公務員の夏、冬の詳しいボーナス支給日、パート社員の支給の有無、そして事業別の平均ボーナス支給額についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。, 公務員のボーナス支給日については、日にちは決められていますが、民間企業については会社によって誤差はありますので注意が必要です。, 民間企業に勤めている方はこのデータを参考程度にしておき、支給日についてもっと詳しく知りたいのであれば、会社の就業規則などを調べることをお勧めします。, 夏、冬のボーナス支給額も勤めている会社の業績に左右されることも多いため、このデータも参考程度で見ておいてください。, 保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。, ボーナスの金額は、よく「給料の何ヶ月分」という話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか。, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。, 年金はいつもらえる?2019,2020年から2022年までの年金支給日について解説, 業種別にまとめたボーナスの金額を参考に、自分の業種ではどれくらいのボーナスが受けとれるか確認する, パートの場合、ボーナスは支給されないことが多いが、受け取る場合は扶養から外れてしまうことがあるので注意する. 普通の民間企業であれば、基本給30万で年間ボーナス4ケ月分としたら、年間ボーナスは30万×4ケ月で120万円が支給される。 ところが、大学のボーナスは、基本給30万円に手当を追加した後の金額にボーナス支給月数を掛ける式が成立する。 ボーナス支給日は、国家公務員は夏の時期は6月30日、冬の時期は12月10日と法律で定められ、地方公務員に適応される条例も国家公務員の支給日に準じたり、それに近い支給日を設定しているケースが多 … このツールを使えば、穴埋め形式で理想的な流れの自己PRを作成できます。, 具体的な良い例・悪い例も載っているので、ぜひ参考にして、内定に繋がる自己PRを完成させましょう。, 公務員と企業のおおよそのボーナス支給日がわかったと思います。一般的に企業は公務員がボーナスをもらってから、追って支給されるようですが、公務員も民間企業も支給日は同じ時期でした。それでは、具体的に公務員と民間企業のボーナスの大体の支給額はどの程度なのでしょうか。公務員と民間企業でボーナスに差はあるのでしょうか。, 公務員は高いボーナスを貰っている印象を抱く人も多いのではないでしょうか。その現状は間違いではなく、2014年の夏のボーナスの平均支給額は、一般企業の社員が55万円前後であるのに対して、公務員は60万円強だと言われています。正確な数字は毎年異なりますが、計算する事でおよその額をはじき出す事はできます。, 一般職の平均月給は、人事院によれば、平均年令の42.8歳だと、40万7994円(住居手当、残業代を除く)。これに公表された掛け率1.823をかけると平均額は74万3773円。さらに、管理職は全員1~2割、割り増しされるため、本当の公務員のボーナス平均額は80万円超となる計算もできます。, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べによる一般企業のボーナスの平均額は37万550 円でした。ボーナスのない会社や雇用形態も増える中、これはもらえた人の平均はこれくらいのようです。ただ、従業員5000人以上の大企業では平均71万5034円だというデータもあります。, 上記からみると、公務員の方が企業よりボーナス額が高いようです。ただ、一般企業の場合は公務員と違って会社の規模によってボーナス支給額にも大きな差がでるので注意が必要です。公務員志望の方は多いですが、ボーナスから見ても公務員という仕事は魅力的ですね。, ▼平成28年度の一般企業と公務員のボーナス額はコチラ 【ボーナスがいくらもらえるか気になる】一般的な賞与の平均を一般企業と公務員別で紹介, では、ボーナスがいつといった支給月や支給日などの時期、平均支給額がわかったところで、2015年6月、公務員の夏のボーナス平均支給額もチェックしてみましょう。ボーナスの額はさまざまな要因によって変化するのが特徴です。, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2015年夏のボーナス見通し」によると、事務的な仕事を担当する一般行政職の国家公務員のボーナス平均額は61万7800円となっています。一般企業の夏のボーナスの平均額が37万7220円ですから、かなり高額ですね。, ただし、国家公務員は財政によっては給与やボーナスがカットされる場合があります。東日本大震災の復興財源確保の一環として2012年4月から2014年3月まで実施されていた、「国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律」により、その時期はボーナスが9.77%カットされていました。また管理職であるかや、加齢による基本給の上昇などにより、これより多いボーナスを得ている国家公務員も多いようです。, 国家公務員と違い、地方公務員といっても、都道府県、市区町村、または政令指定都市など、所属するところによってボーナスの時期や算定方法などが異なります。総務省の「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」から、それぞれの地方公務員のボーナスについて見て行きましょう。, 都道府県所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは滋賀県の81万8100円です。その後は、福岡県81万6350円、静岡県81万3700円、茨城県81万3650円、東京都81万2150円となっています。, 市区町村所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは東京都中野区の84万8900円でした。その後は、東京都多摩市・兵庫県三木市83万6900円、東京都羽村市83万5500円、埼玉県ふじみ野市83万4950円となっています。, 政令指定都市所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは神奈川県横浜市の83万750円です。その後は、京都府京都市81万6950円、兵庫県神戸市78万3250円、福岡県福岡市77万3250円、神奈川県相模原市77万900円となっています。, 公務員のボーナスはボーナス月、ボーナス日といったいつ貰えるのかという時期に差はありませんが、国家公務員と地方公務員の違いだけでなく、所属する都道府県の違いでも金額に大きな差があるようです。自治体によってはトップとワーストでは年間100万円以上ボーナスに差がある時期もあるのです。, そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。, My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。, コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。, 公務員と企業のボーナスの夏・冬の時期や金額といった事情について見てきましたが、いかがでしたか?公務員と企業でボーナスの支給月、支給日といったいつ貰えるのかという時期に差はなかったですね。ただ、ボーナスの支給額となると企業や国家公務員、地方公務員で差が見られました。公務員も一般企業の方もボーナスの支給日は楽しみですよね。ボーナス貰ったら何に使いますか?ボーナス支給日が近づくと、使い道を考えるだけでワクワクしますよね。支給される日を楽しみ待ちながら、仕事を頑張りましょう!, ※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。, 内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができず、自己理解の甘さを人事に見透かされます。, そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My anaytics」です。36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み、それに基づく適職が診断できます。, 就活の未来を提供するポート株式会社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを取得(登録番号:第17001426(04)号)し、個人情報の取り扱いについて適切な管理を徹底しています。, 就活の未来を提供するポート株式会社は、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣の認可(許可番号 :13-ユ-305645)を受けた会社です。人材紹介の専門性と倫理の向上を図る一般社団法人 日本人材紹介事業協会に所属しています。, 当社は、東京証券取引所、福岡証券取引所の上場企業であり、主にインターネットメディア事業を運営しています。(証券コード:7047), 【ボーナスがいくらもらえるか気になる】一般的な賞与の平均を一般企業と公務員別で紹介, 夏のボーナスは6/30~7/10、冬のボーナスは12/5~12/25の間に貰う人が多い. 新卒の方はボーナスがいつからもらえるのか気になりますよね。ボーナスは一般的に夏と冬に支給されますが、いくらもらえるのか楽しみですよね。実は新卒の場合はボーナスがもらえるのは冬からが多いです。今回は新卒のボーナスの支給額からのボーナスの平均額まで紹介します。, あなたは、新卒1年目がいつからボーナスをもらえるのか気になって調べているでしょう。, ボーナスは夏と冬に支給されますが、新卒の場合は夏はもらえず、冬のボーナスから支給されることが通常です。, 就職してからもらえるまでの期間は空きますが、果たしていくらぐらいもらえるのか気になりますよね。, そのため、新卒1年目の方は、まずは冬のボーナスに向けて頑張っていただきたいのですが、企業によっては夏に寸志程度の支給がある場合もあります。, まず、新卒1年目の場合は査定期間があるため、夏のボーナスの支給があったとしても寸志程度であることを理解しておきましょう。, これは、企業で新入社員が上手くやっていかれるように鍛え上げる時期として設けられており、有益な人物であるか見極められる期間でもあります。, 試用期間中は、独自の給与を設定している企業も存在し、その額は正社員よりも低いことが現状です。, 夏の時期はまだ正社員としてみなされていないことから、基本的にボーナスの支給はなく、あったとしても寸志程度であることが一般的なのです。, それでは、新卒1年目に夏のボーナスが支給される場合、どの程度の金額がもらえるのでしょうか。, 産労総合研究所が行った「2018年新卒入社者の夏季賞与・一時金の支給状況と支給額」によると、85%の企業が何らかの形で夏のボーナスを支給していることがわかります。, 意外にも、多くの企業で夏のボーナスを支給していることがわかりましたが、その額はいずれも寸志程度です。, しかし、慣れない職場で一生懸命働いてきたねぎらいにはなるので、自分へのご褒美として大切にしましょう。, 民間の企業での新卒の夏のボーナスは大手企業で寸志程度であることをご紹介しましたが、公務員の場合はどうなのでしょうか?, 民間企業では夏のボーナスが出ない場合もありますが、公務員の場合は新卒1年目の夏でもしっかりとボーナスが出るのです。, ボーナスの金額ですが、勤務期間が浅く、貢献度も低いため、公務員でも夏のボーナスの支給額は平均的に低くなるのが一般的です。, 金額は給料2か月分の3割程度と言われています。普通の公務員の夏のボーナスが給料2ヶ月分と言われているので、これを考えるとかなり少なく感じてしまうかもしれませんね。, 公務員の夏のボーナスの査定期間は12月2日から6月1日までです。新卒では査定期間のうち働いているのは4月からとなってしまうため、普通の公務員と比べると支給額が低くなってしまうのです。, たとえば月給20万円だとすると、ボーナスは額面で40万円、そこから所得税や社会保険料が引かれるので手取りは32万円程度になります。, すべての企業に当てはまるわけではありませんが、経営が安定していることと、新入社員自体が正社員として認められるとみなされれば、このように満額支給されることがほとんどです。, 求人情報などを見ると、大卒や高卒など、最終学歴ごとに初任給が違うことに気付いた方も多いと思います。, 新卒のボーナスも同じように、最終学歴によって違いがあることが多く、初任給と同じように、高卒よりも大学卒・大学院卒の方が多く貰えるのです。, ボーナスは会社ごとにいくら貰えるのかに差があります。業界によってボーナスの相場に大きな差があるのです。, 製造業のボーナスはなかなか多く貰える傾向にあります。令和元年度の夏のボーナス平均額は515,779円となっています。, 製造業のボーナスは、非製造業に比べると多くなる傾向にあるようで、令和元年度の冬のボーナス平均支給額では、, ただし、新卒が夏のボーナスを貰えるのかは会社によって違ってきます。貰える場合も他の業種と同じように、寸志程度となるため、過度な期待はしないようにしましょう。, 金融業はボーナスの相場がトップクラスの業界の一つです。令和元年度の冬のボーナスで、金融・保険業の平均支給額は607,594円でした。, 景気に左右されることが少ない業界と言われており、常にボーナス支給額の高い業界です。, ただし、銀行系の金融業では年功序列の習慣が根強く残っているため、新卒や20代などの勤務期間が短い場合、思っていたよりも少ない金額となる場合が多くなります。, 外資系の金融企業は年功序列ではなく、個人の成績を重視することが多いため、実力が高ければ年齢や勤務期間に関わらず、多くのボーナスが貰える傾向にあります。, 電気・ガス業界もボーナスの多い業界の一つです。令和元年度の冬のボーナス平均支給額は、779,700円とかなり多いものでした。, ガス業は各家庭や会社にガスを供給する事業で、オール電化などが増えてガス業界のボーナスが高いのが不思議に感じる方もいるかもしれませんが、電力を発電する際に多い火力発電は、ガスによって行われています。, 今現在はボーナスの支給額が多い業界ですが、国の政策に影響を受けてしまう事も多い業界となるため、ボーナス目当てで就職などを考えている場合は国の政策にも目を向けておくことをおすすめします。, 情報通信業もボーナス支給額の多い業界です。令和元年度のボーナス支給平均額は679,098円となっています。, 情報通信業と言うのは固定電話や携帯電話ななどの通信業の他、テレビなどの放送業、ゲームソフト会社などの情報サービス業、サーバ運営会社などのインターネット付随サービス業、テレビ番組などを製作する会社や新聞社などの映像・音楽・文字情報政策業などが含まれています。, ボーナス額はかなり多い部類の業界ですが、やはり新卒の場合は他の業界と同じように低くなる傾向が強いです。, 2015年の調査結果では、20代前半のボーナス支給平均額が27万円前後なのに対し20代後半では80万円前後となっています。, しかし、ボーナスをもらった後の使い道を誤ってしまうと、せっかくお金をいただいても無駄遣いをすることになるので、おすすめの使い道を知っておきたいと思います。, 資格を取得するにしてもお金がかかりますが、これは将来の自己投資として行うことをおすすめします。, 社会人になると、学生の頃は買えなかったものをボーナスを利用して手に入れることができます。, たとえば、Macbookや性能の良いブランド物の腕時計などは、仕事でもプライベートでも役に立つのでおすすめです。, また、ボーナスを利用して家族へ食事や旅行などのプレゼントをすることも、ここまで育ててきた親孝行として一つの方法です。, たとえば、仕事面では後輩の飲み会代の負担や、同僚の結婚式に参列する機会が増加します。, また、プライベートでは結婚や出産、マイホームの建築など多くのお金を支出する機会が増えるでしょう。, 社会人1年目の頃から計画的に貯蓄を行うことで、その後の人生を有意義にすることができるので、ボーナスも普段の給与と同様に無理のない範囲で貯金を行いましょう。, 新卒の方はボーナスがいつ貰えるのか、どのくらい貰えるのかが気になると思います。業界によって相場があるので、一度調べてみてもいいかもしれません。, 使い道は人それぞれですが、無駄遣いすることは控え、自己投資をしたり、親へのプレゼントを買ったりし、将来のために貯蓄しておくようにしましょう。, ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。. ボーナス(賞与)とは、決まった期日に支払われる定期給とは別に支払われる給与のことです。基本的には夏と冬の時期、年2回支払われることがおおく、時期としては6月・12月となっています。企業によっては、ボーナスが年1回や年3回というところもあります。また、ボーナスという制度を導入していない企業もあります。, 公務員のボーナス(賞与)は、国家公務員は法律で、地方公務員は条例で定められています。そして、公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当という2つの手当を合算した額となっています。期末手当は一般企業のボーナスでも馴染みのある定率で支給される賞与。勤勉手当は勤務成績に対する評価で決められる賞与です。, 公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。公務員は一般企業の人たちからしたら、分からないことが多いですよね。国家公務員と地方公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。最初に公務員と一般企業それぞれのボーナス支給日について見ていきましょう。, 公務員と企業のボーナス時期と支給日はいつなのか?について紹介していくわけですが、 公務員は上記のように法律や条例でボーナスについて定められています。, ボーナス支給日は、国家公務員は夏の時期は6月30日、冬の時期は12月10日と法律で定められ、地方公務員に適応される条例も国家公務員の支給日に準じたり、それに近い支給日を設定しているケースが多いようです。そのため、公務員のボーナスがいつかというと、6月30日と12月10日に支給されることが多い傾向にあるようです。, 一般企業の夏のボーナスは公務員の公務員の夏のボーナスの支給日より遅い時期が多く、ボーナス月は一般的には7月の初旬という時期が多いです。具体的には、「7月10日」ごろ、とくに金曜日が多いといわれています。なぜこのような時期かというと、これは、企業側の都合です。 この時期になる理由として、月初めに充分に集金したいからという理由があるようです。, 冬のボーナスの時期、支給日は会社によって異なりがあるため、一概には言えないですが、一般的には、公務員の冬のボーナス月と同じで、12月5日、12月10日、12月25日などとなっています。大企業、国家公務員、地方公務員は12月10日に支給される事が多いですが、民間の中小企業では12月下旬に支給するところもあります。, 以上からいつボーナスを貰える人が多いかというと、夏のボーナスは6月30日から7月10日の時期にもらう人が多く、冬のボーナスは12月5日から12月25日にもらう人が多いようです。支給日がいつかというと、特に多いのは夏のボーナスは6月30日と7月初旬の金曜日、冬のボーナスは12月10日と言えそうです。, 就活生の中には、「自己PRをしようにも、何を伝えれば良いのか分からない……」と、悩んでいる人も多いでしょう。選考では自分を売り込むことができなければ、内定を勝ち取ることはできません。, そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。