父は劇作家・小説家の額田六福。 本名・渡辺弥栄子。夫は英米文学翻訳家・渡辺栄一郎。 ... 熊本県の小野泰輔(おの たいすけ)副知事が、 「似てるだけじゃない似顔絵対決」で 稲垣 美晴(いながき みはる)は、フィンランド語を専門とする日本の翻訳家、エッセイストである。, 風見潤(かざみ じゅん、男性、1951年1月1日 - )は、日本の小説家、翻訳家、アンソロジスト。本名、加藤正美[1]。埼玉県川越市出身。青山学院大学法学部卒業。文学部英米文学科中退。青山学院推理小説研究会に所属。, 中野 康司(なかの こうじ、1946年 - )は、イギリス文学者・翻訳家。小池滋の門下生、小池監修のちくま文庫版『シャーロック・ホームズ全集』の訳者の一員。19-20世紀イギリス小説が専門。ジェーン・オースティン、E・M・フォースターに多くの翻訳がある。, 飛田 茂雄(とびた しげお、1927年12月22日 - 2002年11月5日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、中央大学名誉教授。, 原子 林二郎(はらこ りんじろう、1912年3月10日 - 1980年6月25日)は、日本のジャーナリスト、ロシア語翻訳家、国際問題評論家。, 渡辺 信二(わたなべ しんじ、1949年11月 - )は、日本のアメリカ文学研究者、詩人、翻訳家。立教大学文学部教授。北海道札幌市出身。北海道札幌東高等学校、東京大学文学部卒業、東京大学大学院博士課程中途退学。専門はアメリカ詩。自らの詩集のほか、アメリカ詩集の翻訳も手がけている。現立教大学文学部長。, 塙 治夫(はなわ はるお、1931年 - 2016年4月7日 )は、元外交官のアラブ文学翻訳家。, 川村ハツエ(かわむら- 、1931年11月24日 - 2012年2月11日)は、歌人、翻訳家。, 浅倉 久志(あさくら ひさし、本名:大谷善次、1930年3月29日 - 2010年2月14日)は日本の翻訳家。SF作品の翻訳で著名であり、特にカート・ヴォネガットやフィリップ・K・ディック作品を多く翻訳している。また、やはり翻訳家の伊藤典夫と共に、R・A・ラファティ、コードウェイナー・スミス、ジェイムズ・ティプトリー・Jr.といった異色の実力派作家を日本に紹介した。, 光原 百合(みつはら ゆり、1964年5月6日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。本名同じ。尾道市立大学芸術文化学部日本文学科教授。絵本・詩・翻訳も手掛けている。, 伊藤 整(いとう せい、1905年(明治38年)1月16日 - 1969年(昭和44年)11月15日)は、日本の小説家、詩人、文芸評論家、翻訳家。位階は正五位。勲等は勲三等。本名は伊藤 整(いとう ひとし)。日本芸術院会員。, 羽田 詩津子(はた しづこ )は、日本の翻訳家。東京都生まれ。お茶の水女子大学英文科卒。20代から翻訳をはじめ、当初は少年向け、映画原作などを訳し、1988年からリリアン・J・ブラウンのシャム猫ココシリーズを訳す。アガサ・クリスティなども翻訳。, 冥王 まさ子(めいおう まさこ、1939年11月25日 - 1995年4月21日)は、日本の作家。翻訳家としては原麗衣(あきえ)、また本名は柄谷(原)真佐子。, ダニエル・カール(英: Daniel Kahl、1960年3月30日 - )は、日本の翻訳家、実業家、タレント。株式会社DOMOS社長。, 佐藤 弓生(さとう ゆみお、女性、1964年2月15日 - )は、日本の歌人、翻訳家。石川県金沢市生まれ。関西学院大学社会学部卒業。夫は作家・評論家の高原英理。井辻朱美の影響により作歌を始め、1998年より歌誌「かばん」所属。, 山崎 洋(やまさき ひろし、1941年3月22日 - )は日本の翻訳家、ユーゴスラビア研究者。東京都生まれで、現在はセルビアのベオグラード在住。, 今宮雅子(いまみや まさこ)は、日本の翻訳家、ジャーナリスト。専門分野はモータースポーツ。夫は同じくモータージャーナリストの今宮純。, 堺 三保(さかい みつやす、1963年 - )は日本のSF作家、翻訳家、脚本家。ミステリー・アメコミ・アメリカTVドラマの評論家。関西大学SF研究会OB。, 川井 秀幸(かわい ひでゆき、1929年7月21日 - 2016年6月16日)は、元宝塚歌劇団所属の演出家、脚本家、翻訳家。兵庫県神戸市出身。関西大学法学部卒業。, 青木 奈緒(あおき なお、1963年4月14日 - )は日本のエッセイスト、作家、翻訳家。随筆家青木玉の娘、幸田文の孫、幸田露伴の曾孫。, 見目 誠(けんもく まこと、1952年8月27日 - 2013年7月14日)は、日本の翻訳家、俳人、詩歌研究家。埼玉県生まれ。1976年学習院大学文学部卒。同大学院仏文科博士課程単位取得退学。その後高校教諭をしながら、文筆・翻訳活動を行った。日本フランス語フランス文学会、日本翻訳家協会、俳人協会、国際俳句交流協会会員。「馬酔木」、「関西文学」同人。, 菊地 浩司(きくち こうじ、1947年 - )は、字幕翻訳家、日本語翻訳・音響製作会社ACクリエイト代表取締役、映画翻訳家協会会員。東京都出身。学習院大学法学部卒業。現在活躍中の字幕翻訳家の中では、戸田奈津子に次ぐキャリアの持ち主。アクション、ホラーものを中心に幅広く手がける。代表作は『ロボコップ』シリーズ、『スタンド・バイ・ミー』、『セブン』、『スパイダーマン』シリーズなど。『13日の金曜日』シリーズも多く担当しているが、本人はホラーが苦手だという[要出典]。戸田とは友人。弟子に石田泰子、林完治、栗原とみ子、税田春介などがいる。, 野田 昌宏(のだ まさひろ、本名:野田 宏一郎(のだ こういちろう)、1933年8月18日 - 2008年6月6日)は、福岡県生まれの日本の小説家、SF作家、翻訳家、宇宙開発評論家、TVディレクター、プロデューサー、実業家。元日本テレワーク株式会社代表取締役社長(後に相談役)。株式会社ガイナックスの元監査役。, 矢川 澄子(やがわ すみこ 1930年7月27日 - 2002年5月29日)は日本の作家、詩人、翻訳家。早くから天才少女として注目され、没後は「不滅の少女」と呼ばれた。, 矢島 文夫(やじま ふみお、1928年4月19日 - 2006年5月22日)は、日本の言語学者(アラビア語学)・オリエント学者・翻訳家。アジア・アフリカ図書館館長。東京生まれ。, 有田 忠郎(ありた ただお、1928年(昭和3年)6月19日 - 2012年3月11日)は、日本の詩人、翻訳家、仏文学者。西南学院大学名誉教授。文芸誌『同時代』同人。, 安達 紀子(あだち のりこ、1959年 - )は、ロシア研究家、エッセイスト、通訳、翻訳家。, 清松みゆき(きよまつ みゆき、1964年1月10日 - )はゲームデザイナー、小説家、翻訳家。グループSNE所属。大分県出身。大分県立佐伯鶴城高等学校卒業。京都大学SF研究会OB。, 大森 望(おおもり のぞみ、本名:英保 未来(あぼ みくる)、1961年2月2日 - )は、SFを中心として活動する、書評家、翻訳家、評論家、アンソロジスト。高知県高知市出身。ペンネームは、少女マンガ家・清原なつのの作品『私の保健室へおいで…』の登場人物からで、元来は京大SF研究会時代の共同ペンネームだった[1]。別ペンネームとしては森のぞみ、亀井甲介等。ニックネームはワルモノ。日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。, 若島 正(わかしま ただし、1952年8月10日 - )は日本の英文学者、京都大学教授、翻訳家。, 藁科 れい(わらしな れい、1952年9月10日 - )は、日本の作家、エッセイスト、翻訳家。, 安田 均(やすだ ひとし、1950年7月25日 - )は小説家、翻訳家、ゲームライター。グループSNE代表。, 塚本 勲(つかもと いさお、1934年7月30日 - )は、日本の朝鮮語学者・翻訳家。元大阪外国語大学教授。, 徳岡 孝夫(とくおか たかお、1930年(昭和5年)1月2日 - ) は日本のジャーナリスト、評論家、翻訳家、横浜市港南区在住。, 森本 薫(もりもと かおる、1912年(明治45年)6月4日 - 1946年(昭和21年)10月6日)は、日本の劇作家、演出家、翻訳家。代表作として『女の一生』や『華々しき一族』などがある。, 大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、日本の小説家・評論家・フランス文学の翻訳家・研究者。, 矢川 徳光(やがわ とくみつ、1900年11月26日 - 1982年2月23日)は日本の教育学者。ソヴィエト教育学研究会会長。次女の矢川澄子は作家、詩人、翻訳家。クリエイティブディレクターの小池一子も娘。長女の夫はチェロ奏者井上頼豊。長崎県出身。, 天野 健太郎(あまの けんたろう、1971年5月6日 - 2018年11月12日)は、日本の台湾文学翻訳家。, 柿沼 敏江(かきぬま としえ)は日本の音楽学者、翻訳家。京都市立芸術大学音楽学部音楽学教授(西洋音楽史)。西洋音楽史専攻。専門はアメリカ音楽、現代音楽。, 上田 公子(うえだ きみこ、1930年3月8日 - 2011年7月22日)は、日本の翻訳家。, 徳川 家広(とくがわ いえひろ、旧字体:德川 家広、1965年(昭和40年)2月7日 - )は、日本の政治経済評論家、翻訳家、作家。子女はない。公益財団法人徳川記念財団理事。長崎大学国際連携研究戦略本部客員教授。早稲田大学エクステンションセンター八丁堀校特別講演講師。, 上野火山(うえの かざん、1958年12月14日 - )は、日本の劇作家・翻訳家・演出家・俳優。岩手県出身。「Drama Project 空中スケッチ」主宰。法政大学文学部日本文学科「比較演劇学」講師。, 荒俣 宏(あらまた ひろし、1947年7月12日 - )は、日本の博物学者・図像学研究家・小説家・収集家・神秘学者・妖怪評論家・翻訳家・タレント。, 石坂 浩二(いしざか こうじ、1941年(昭和16年)6月20日 - )は、日本の俳優・タレント・司会者・画家・作家・翻訳家・作詞家・ナレーター。本名、武藤 兵吉(むとう へいきち)。愛称は兵ちゃん。, 大伴 昌司(おおとも しょうじ、1936年2月3日 - 1973年1月27日)は、日本の編集者、SF研究家、映画評論家、翻訳家。別名、大伴秀司。「怪獣博士」と呼ばれた。ペンネームの「大伴」は大伴家持に、「司」は司葉子に由来。, 中山 善之(なかやま よしゆき、1935年10月8日 - )は、日本の翻訳家(英米文学専門)。, 紀田 順一郎(きだ じゅんいちろう、1935年4月16日 - )は、日本の評論家、翻訳家、小説家。本名は佐藤 俊(さとう たかし)。神奈川県横浜市中区生まれ。横浜国立大学神奈川師範学校横浜中学校から慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学経済学部卒。, 多田 智満子(ただ ちまこ、1930年4月6日(戸籍上は4月1日) - 2003年1月23日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家、フランス文学者。福岡県出身。戸籍名、加藤智満子。, 阿部 主計(あべ かずえ、1909年5月22日 - 2006年6月27日)は、随筆家、翻訳家。, 大久保 康雄(おおくぼ やすお、1905年5月1日 - 1987年1月12日)は、日本の英米文学翻訳家。日本における専門翻訳家の草分けである。茨城県生まれ。本名・保雄。, 金子 光晴(かねこ みつはる、1895年(明治28年)12月25日 - 1975年(昭和50年)6月30日)は、愛知県津島市生まれの詩人。本名は安和。弟に詩人で小説家の大鹿卓がいる。妻も詩人の森三千代、息子に翻訳家の森乾。, 黒岩 涙香(くろいわ るいこう、1862年11月20日(文久2年9月29日) - 1920年(大正9年)10月6日)は、明治時代の知識人、思想家、作家、翻訳家、探偵小説家、ジャーナリスト。兄は黒岩四方之進。本名は黒岩周六。黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史などの筆名を用いた。号は古概、民鉄、黒岩大。あだ名はマムシの周六。戒名は黒岩院周六涙香忠天居士。, 森田 思軒(もりた しけん、文久元年7月21日(1861年8月26日)[注 1] - 明治30年(1897年)11月14日)は、新聞記者・翻訳家・漢文学者。本名は文蔵。別号に埜客(やきゃく)、羊角山人(ようかくさんじん)、白蓮庵主人(びゃくれんあんしゅじん)、紅芍園主人(こうしゃくえんしゅじん)など。, 聖 真一郎(ひじり しんいちろう)は、日本のプロフェッショナル翻訳家、通訳者、アマチュア・アスリート、プログラマー、IT技術者、ジャーナリスト、存命人物。, 内田 樹(うちだ たつる、1950年9月30日 - )は、日本の哲学研究者、思想家、倫理学者、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。学位は修士(東京都立大学・1980年)。, 松岡 享子(まつおか きょうこ、1935年 - )は、日本の翻訳家、児童文学研究者。ビバリー・クリアリーの「ゆかいなヘンリーくんシリーズ」(学習研究社)や、マイケル・ボンドの「くまのパディントンシリーズ」(福音館書店)の翻訳で知られる。, 岩谷 時子(いわたに ときこ、1916年(大正5年)3月28日 - 2013年(平成25年)10月25日)は、日本の作詞家、詩人、翻訳家。本名:岩谷 トキ子(読み同じ)。歌手・越路吹雪のマネージャーを務めたことでも知られる。, 牧野 文子(まきの ふみこ、1904年(明治37年)1月7日 - 1983年(昭和58年)6月8日)は、日本の作家、詩人、翻訳家、イタリア文学者で、イタリア民謡「山の大尉」の歌詞も訳した。父は高級住宅街「苦楽園」を開発した実業家中村伊三郎。夫は「広辞苑」「少年少女ファーブル昆虫記」「生き物図鑑」などのイラスト画家牧野四子吉(よねきち)。, 田中 孝顕(たなか たかあき、1945年1月6日 - )は、日本の自己啓発書の著者、翻訳家、実業家。, 木島 佐一(きじま さいち 1941年 - )は、日本の著作家、翻訳家。国語教師。ビデオ予備校講師(株式会社 JNC 日本入試情報センター)。, 朽木ゆり子(くちき ゆりこ)は、日本のジャーナリスト、翻訳家。 東京都生まれ。小学校時代一時期神戸に住む。東京都立小石川高等学校を経て国際基督教大学教養学部社会科学科卒、同大学院行政学修士課程修了。コロンビア大学大学院政治学科博士課程に学ぶ。1987年から92年まで「日本版エスクァイア」副編集長。94年よりニューヨーク在住。美術関係の著作が多い。, 鏡 リュウジ(かがみ リュウジ、本名:服部 彰浩、1968年3月2日 - )は、日本の心理占星術研究家・翻訳家。京都文教大学客員教授。所属事務所はサンミュージックプロダクション。, 東本 貢司(ひがしもと こうじ、1953年 - )は、大阪府出身の翻訳家、サッカーライター・コメンテーター。, 灰島 かり(はいじま かり、1950年6月2日- 2016年6月14日)は、日本の児童文学研究者・翻訳家。本名・鈴木貴志子。, 今泉 みね子(いまいずみ みねこ、1948年 - )は、日本の環境ジャーナリスト、翻訳家。, マーク・シュライバー(Mark Schreiber、1948年 - )は、アメリカ合衆国出身の翻訳家・ジャーナリスト。, 菅野彰子(すがの あきこ、1947年 - )は、翻訳家。 東京生まれ。国際基督教大学卒業。ポルノ小説、ポピュラー音楽の評論の翻訳を主とする。, 菅 靖彦(すが やすひこ、1947年 - )は、日本の翻訳家、トランスパーソナル心理学者。 岩手県花巻市生まれ。国際基督教大学人文学科卒業。日本トランスパーソナル学会顧問。別名・神宮寺 祥。数多くの自己啓発書、翻訳を刊行している。, 村松 潔(むらまつ きよし、1946年12月1日 - )は、翻訳家。東京都生まれ。国際基督教大学卒。パリ大学大学院修了。1993年に訳出した『マディソン郡の橋』はベストセラーになった。, 中野恵津子(なかの えつこ、1944年8月29日 - 2013年1月26日[1])は、翻訳家。, 片岡しのぶ(かたおかしのぶ、1943年 - )は、英語の翻訳家。 和歌山県生まれ、岩手県育ち。国際基督教大学教養学部卒。翻訳工房パディントン&コンパニイを夫の金利光と共同主宰。英語のノンフィクション、ミステリー、児童文学などを翻訳する。, 松岡 佑子(まつおか ゆうこ、1943年9月10日 - )は、日本の元通訳で翻訳家・実業家。出版社の静山社社長。福島県原町市(現・南相馬市)出身。, 今野 雄二(こんの ゆうじ、1943年10月5日 - 2010年8月2日)は日本の映画・音楽評論家、翻訳家、小説家。, 木村 博江(きむら ひろえ、1941年3月27日 - )は、日本の翻訳家。国際基督教大学卒。編集者を経て、はじめ音楽関係の翻訳をするが、のち動物もの、恋愛論などノンフィクションや推理小説に領域を広げる。『なぜ美人ばかりが得をするのか』はベストセラーになった。 また、前野律名義でジャズ関係の本のほか、ロマンチックサスペンスものや、幼児教育関係の本の翻訳も手がけている。, 池 央耿(いけ ひろあき、1940年9月3日 - )は、日本の翻訳家。東京都大田区出身。日本文芸家協会会員。, 小野 耕世(おの こうせい、1939年11月28日 - )は、日本の映画評論家、漫画評論家、海外コミック翻訳家、海外コミック・アニメーション研究家。日本における海外コミックの翻訳出版および研究、紹介の第一人者。元NHK職員。国士舘大学21世紀アジア学部客員教授、日本マンガ学会理事も務めている。, 木原たけし(きはら たけし、1933年3月27日[1] - )は、日本の翻訳家、脚本家、元:俳優、声優。国際基督教大学卒業[1]。多くの海外ドラマシリーズを翻訳している。京都府福知山市出身、神戸育ち[1]。本名:河内 博[1]。役者としては本名で活動していた[1]。, 山岸 真(やまぎし まこと、1962年 - )は、SF翻訳家、研究者、アンソロジストである。新潟県長岡市出身。新潟県立長岡高等学校を経て埼玉大学教養学部卒業。卒論のテーマはマイクル・ビショップ。, 椿 正晴(つばき まさはる、1958年 - )は、日本の翻訳家。 埼玉大学教養学部教養学科イギリス文化コース卒業。, 沢 万里子(さわ まりこ、1950年 - )は、日本の翻訳家。埼玉大学教育学部卒業。東京都生まれ。, 永井 淳(ながい じゅん、1935年1月17日 - 2009年6月4日)は、日本の翻訳家(英米文学)。, 嶋田 洋一(しまだ よういち、1956年 - )は、日本の英米文学翻訳家。東京都大田区出身[1]。静岡大学人文学部法経学科卒業[2]。日本SF作家クラブ会員。, 清水 真砂子(しみず まさこ、1941年5月27日 - 、正しくは正字の「眞砂子」表記)は、日本の翻訳家、児童文学研究者。青山学院女子短期大学教授。朝鮮生まれ。, 岡部 宏之(おかべ ひろゆき、1931年(昭和6年)1月17日 - )は、静岡県静岡市出身のSF翻訳家。日本文藝家協会会員。杉山高之名義も使用した。, 片野 道郎(かたの みちお、1962年 - )は、日本のジャーナリスト、翻訳家。宮城県仙台市出身。東京都立大学人文学部卒業。サッカー専門誌を中心に活動している。1995年よりイタリアピエモンテ州アレッサンドリア在住。, 福間 健二(ふくま けんじ 1949年 - )は新潟県出身の詩人、翻訳家、映画評論家、映画監督。, 池田 香代子(いけだ かよこ、1948年12月21日 - )は日本のドイツ語翻訳家、社会運動家。, 金関 寿夫(かなせき ひさお、1918年2月17日 - 1996年7月6日)は、日本の英文学者・翻訳家。専門はアメリカ現代詩、先住民の詩。, 大西 憲(おおにし あきら、1951年 - )は日本の翻訳家。京都市生まれ。信州大学理学部卒。日本推理作家協会会員。, 関根 日出男(せきね ひでお、1929年 - 2017年1月18日)は、医師、チェコ語の翻訳家、チェコ音楽研究家。, 高山 洋吉(たかやま ようきち、1901年4月22日-1975年9月7日)は、左翼運動家、翻訳家。, チャールズ・エイヤーズ(Charles Joshua Ayres、1977年9月21日 - )は、アメリカ合衆国・カンザスシティ出身の日本で活動するタレント。 モデル、ナレーター、ラジオパーソナリティ、俳優、翻訳家、英会話講師としても活動。, 宇丹 貴代実(うたん きよみ、1963年 - )は日本の翻訳家。広島県出身。上智大学卒業。大手ゼネコン勤務を経て、1990年代より翻訳を開始。文芸、学術、ノンフィクションなどジャンルを問わず活動。, 岸本 佐知子(きしもと さちこ、1960年(昭和35年)2月25日 - )は、神奈川県横浜市出身の翻訳家、エッセイスト。, 栩木 玲子(とちぎ れいこ、1960年 - )は、日本のアメリカ文学・アメリカ文化研究者、翻訳家。法政大学国際文化学部国際文化学科教授。専門はアメリカ現代文学、映像文化。夫は早稲田大学教授の栩木伸明。, 実川 元子(じつかわ もとこ、1954年3月3日 - )は、日本のライター、翻訳家。兵庫県出身。上智大学外国語学部フランス語科卒。14年間OLとして社内の翻訳業務に従事したのち、36歳で独立。恋愛、ファッションなどを題材としたエッセイの執筆、翻訳をおこなう。別名片山かおる名義の著作もある。 2008年より、応援しているガンバ大阪でゲーフラを書くのに必要だということでなぜか書道を始め、一気に深みにはまる。第46回創玄展(平成22年)入選、第47回創玄展(平成23年)準二科賞、第48回創玄展(平成24年)二科賞受賞。第62回、第63回毎日書道展(平成22,23年)漢字Ⅱ類入選。高じて2010年より中国語を学び始める。, 伴田 良輔(はんだ りょうすけ、1954年11月17日)は、日本の作家、版画家、翻訳家。翻訳家としての別名義に森カオルがある。, 岡田 壯平(おかだ そうへい、1953年7月 - )は、日本の映画字幕翻訳家。私立明星学園小学校、中学校、高校卒業。上智大学文学部英文学科、早稲田大学理工学部建築学科卒業。一級建築士。父親は俳優の岡田英次。, 宮崎 尊(みやざき そん、1950年 - )は、日本の翻訳家。法政大学非常勤講師。「尊塾」代表。東進ハイスクール英語科講師。『TIME誌』の翻訳や、大学受験ラジオ講座などを担当。, 伊藤 緋紗子(いとう ひさこ、1949年 - )は、日本のエッセイスト、翻訳家である。, 福田 逸(ふくだ はやる、1948年 - )は、日本の演出家、翻訳家、明治大学商学部教授、元財団法人「現代演劇協会」理事長。父は劇作家・評論家の福田恆存。, 木幡 和枝(こばた かずえ、1946年 - )は、日本の芸術評論家、翻訳家。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授。, 別宮 貞徳(べっく さだのり、1927年 - )は、日本の英文学者、翻訳家。元上智大学文学部教授。, 綾菓(りょうか、2月11日 - ) は、日本の通訳、翻訳家、歌手、作詞家。ローマ字表記は「RyoRca」。かつては「りお☆るか」と表記していた。, 鴻巣 友季子(こうのす ゆきこ、1963年7月15日 - )は、翻訳家、エッセイスト。, 矢崎 光圀(やさき みつくに、1923年(大正12年)11月29日 - 2004年9月13日)は、日本の法哲学者、大阪大学名誉教授。法学博士(東京大学、1968年)(学位論文「法実証主義-現代におけるその意味と機能-」)。正四位勲三等旭日中綬章。山梨県中巨摩郡若草村(旧若草町、後の南アルプス市)生まれ。言語学者・翻訳家の矢崎源九郎は兄。, 前田 陽一(まえだ よういち、1911年(明治44年)11月3日 - 1987年(昭和62年)11月22日)はフランス文学者、比較文学・哲学研究者。群馬県出身。父はGHQによる占領期に、文部大臣を務めた教育家の前田多門。妹は精神科医・翻訳家で、ハンセン病救済活動で著名な神谷美恵子。, 小川 糸(おがわ いと、1973年[1] - )は、日本の小説家、作詞家、翻訳家。Fairlifeのメンバー。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。2008年から2012年までアミューズ所属。山形県山形市出身。, 山崎 まどか(やまさき まどか、1970年 – [1])は、日本のコラムニスト、ライター、翻訳家。東京都出身。清泉女子大学文学部卒業[2][3]。, 江口 之隆(えぐち これたか、1958年 - )は魔術や隠秘学に関する書籍や雑誌記事を執筆した日本の西洋魔術研究家、オカルト・エッセイスト、翻訳家である。長尾豊(ながお ゆたか)という筆名も用いていた。, 松居 松葉(まつい しょうよう、1870年3月19日(明治3年2月18日) - 1933年(昭和8年)7月14日)は、劇作家、演出家、小説家、翻訳家。別号に、松翁・駿河町人・大久保二八など。, 二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。江戸市ヶ谷生れ。彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退[1]。, 宮川 やすえ(みやかわ やすえ、1926年(大正15年)9月7日 - 2013年(平成25年)1月8日)は、ロシア児童文学翻訳家、拓殖大学名誉教授。 岡山県生まれ。本名・保栄。拓殖大学卒。拓殖大学教授、2000年(平成12年)定年、名誉教授。日ロ交流協会常任理事。児童文化功労者。, 村岡 希美(むらおか のぞみ、1970年9月9日 - )は、日本の女優。東京都出身。ダックスープ所属。劇団ナイロン100℃所属。血液型はA型。翻訳家の村岡花子は大叔母[1]。, 賴 明珠(ライ・ミンチュー、1947年 - )は、台湾の女性翻訳家である。日本の小説家村上春樹の繁体字翻訳で知られる。1969年に国立中興大学農経系を卒業し、研究助手を務めた後、コピーライターになり、不動産の広告企画の仕事に携わった。1975年から1978年に日本へ留学し、千葉大学園芸学部農業経済研究室に在籍、指導教員は鈴木忠和教授であった。, 蓮池 薫(はすいけ かおる、1957年9月29日 - )は、日本の翻訳家。新潟県柏崎市出身。1978年から2002年まで北朝鮮による日本人拉致問題の被害者として、北朝鮮で生活。新潟県立柏崎高等学校を経て[1][2]、中央大学法学部卒業、新潟大学大学院修了、文学修士。新潟産業大学経済学部准教授。新潮ドキュメント賞受賞。蓮池透の実弟。, 山際 淳司(やまぎわ じゅんじ、本名は犬塚 進、1948年(昭和23年)7月29日 - 1995年(平成7年)5月29日)は日本のノンフィクション作家・小説家・翻訳家。神奈川県横須賀市(現逗子市域)生まれ。, 岸田 理生(きしだ りお、女性、1946年1月3日 - 2003年6月28日)は、日本の劇作家、演出家、シナリオ作家、小説家、翻訳家。長野県岡谷市出身。中央大学法学部卒業。本名、林 寛美。, 鈴木 導(すずき おさむ、1928年 - )は、日本の吹き替え、字幕翻訳家。中央大学法学部卒業。外国ドラマ吹き替え翻訳の先駆者のひとり。翻訳学校バベルの講師も務めた。, 菊池 光(きくち みつ、本名・武内 邦貞、1925年5月22日 - 2006年6月16日)は、翻訳家。なお生年は、生前1919年米国生まれとなっていたが、没後訂正された。中央大学中退。通訳をしていたが、41を過ぎてから翻訳を始め、ディック・フランシスの競馬シリーズ、ロバート・B・パーカーのスペンサー・シリーズを一人で訳した。競馬シリーズは漢字二字の邦訳題で統一され、名訳と称された。, 矢野 徹(やの てつ、1923年10月5日 - 2004年10月13日)は、日本のSF作家、翻訳家。坂田 治名義による作品もある。愛媛県松山市生まれ。兵庫県立第二神戸中学校を経て、中央大学法学部卒。第二次世界大戦中は学徒出陣で善通寺騎兵連隊に所属。階級は軍曹[1]。, 中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。, 松本 侑子(まつもと ゆうこ、1963年6月17日 - )は、日本の小説家、翻訳家。, 越川 芳明 Yoshiaki Koshikawa(こしかわ よしあき、1952年4月10日 - )は、日本のアメリカ文学研究者、翻訳家、映画評論家。明治大学副学長、明治大学文学部教授。千葉県銚子市出身。, 戸田 奈津子(とだ なつこ、1936年7月3日 - )は、映画字幕翻訳家、通訳。東京都出身。お茶の水女子大学附属高等学校を経て津田塾大学学芸学部英文学科卒業。映画翻訳家協会元会長。第1回淀川長治賞受賞。神田外語大学客員教授・神田外語学院アカデミックアドバイザー。「字幕の女王」とも呼ばれる[1]。, 中村 妙子(なかむら たえこ、1923年2月21日 - )は、東京府出身の日本の翻訳家。, 遠藤 寿子(えんどう ひさこ、1896年10月28日 - 1971年9月24日)は、日本の翻訳家。北海道函館出身。衆議院議員を務めたことのある政治家の家に育った。津田英学塾卒業後、あしながおじさんなどの翻訳を手がけた。, 神近 市子(かみちか いちこ、本名:イチ、1888年6月6日 - 1981年8月1日)は、日本のジャーナリスト、婦人運動家、作家、翻訳家、評論家である。戦後は一時期、政治家に転身し、左派社会党および再統一後の日本社会党から出馬して衆議院議員を5期務めた。, 田原(でん げん、ティエン・ユアン、1965年11月10日 - )は、中国の詩人、翻訳家[3]谷川俊太郎の研究家としても知られ、谷川俊太郎の詩作品を中国語に翻訳して出版している。母語である中国語での詩作のほかに、日本語での詩作も行っており、日本語による第2詩集『石の記憶』は、第60回H氏賞を受賞した。, 山口慎一(やまぐち しんいち、1907年(明治40年)4月8日 - 1980年(昭和55年)2月10日)は、満州国で活動した日本人の翻訳家、文芸評論家。主な筆名は大内隆雄(おおうち たかお)。その他の筆名には矢間恒耀、徐晃陽、大藤巍がある。, 三木 鮎郎(みき あゆろう、1924年6月26日 - 1997年6月6日)はジャズ評論家、司会者、放送作家、エッセイスト、翻訳家。本名は繁田文吾(しげた ぶんご)。, 加藤 ひろあき(かとう ひろあき、1983年3月9日 - )は日本のシンガーソングライター、インドネシア語翻訳家・通訳、大学講師、ミュージカル俳優。インドネシアに在住し、バラエティ番組や旅番組のテレビタレント、クイズ番組の司会者としても活動している。, 愛甲 恵子(あいこう けいこ、1976年 - )は、日本の翻訳家。主にイランの絵本の日本語訳を行っている。, 筒井 真樹子(つつい まきこ)とは、日本のトランスジェンダー活動家であり、翻訳家である。1968年大阪市生まれ。, 岩本 正恵(いわもと まさえ、1964年 - 2014年12月31日)は、日本の翻訳家。東京都出身。東京外国語大学英米語科卒業。大学在学中は本の雑誌社で助っ人アルバイトをしていた。, 山下理恵子(やました りえこ、1963年- )は、日本のアイルランド研究家、翻訳家。, 西森 マリー(にしもり まりー、1961年7月19日 - )は、イギリス出身のジャーナリスト、ニュースキャスター、DJ、翻訳家、野生動物保護運動家。イスラム教徒。オランダ人を父に持ち、日本人を母に持つ。英語、アラビア語、日本語に堪能。, 近藤 麻里子(こんどう まりこ、1961年 - )は、日本の英米文学翻訳家。宮城県出身。東京外国語大学卒業。, 棚橋 志行(たなはし しこう、1960年 - )は、日本の翻訳家(英米文学)。三重県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。, 奥田 祐士(おくだ ゆうじ、1958年 - )は日本の翻訳家。広島県生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。雑誌編集者を経て翻訳者に転身。ロック、ブルース・リー関係の翻訳多数。, 井上 一馬(いのうえ かずま、1956年7月29日 - )は、日本のエッセイスト、翻訳家である。, 高橋 知伽江(たかはし ちかえ、1956年 - )は、日本の劇作家、翻訳家。新潟県新潟市出身。, 鈴木 圭介(すずき けいすけ、1955年 - )は、日本の翻訳家・著述家。東京生まれ。東京外国語大学大学院修了。フランス現代思想・文学専攻。, 小西 克哉(こにし かつや、1954年4月29日 - )は、日本のジャーナリスト、翻訳家、評論家である。, 野口 百合子(のぐち ゆりこ、1954年 - )は、日本の翻訳家。神奈川県出身。日本推理作家協会会員。, 中条 省平(ちゅうじょう しょうへい、1954年11月23日 - )は、日本のフランス文学者、学習院大学文学部教授。なお、研究分野は19世紀のフランス小説だが映画評論、漫画評論などにも携わっている。翻訳家としては中条志穂との共訳が多い。, 加藤 栄(かとう さかえ、1953年 - )は、日本の文学研究者、ベトナム文学・文化の研究・翻訳家。大東文化大学准教授。, 箕浦 万里子(みのうら まりこ、1951年 - )は、日本の翻訳家。愛知県生まれ。英語やフランス語からの翻訳を行なっている。少女時代に4年間をロンドンで過ごす。1974年、東京外国語大学フランス語科卒。在学中にフランスのトゥール大学、ディジョン大学に学ぶ。, 片岡 みい子(かたおか みいこ、1950年?-2017年2月7日)は、日本の翻訳家、ライター。新潟県生まれ。, くぼた のぞみ(1950年1月4日 - )は、日本の翻訳家・詩人。北海道新十津川出身。東京外国語大学卒業。, 秦 新二(はた しんじ、1948年 - )は、日本の英米文学翻訳家、シーボルト研究者。, ハル・ヤマノウチ(1946年4月20日 - )は、日本出身のイタリアの俳優、声優、振付師、翻訳家、エッセイスト。本名は山内 春彦(やまのうち はるひこ)。帰化しており、国籍はイタリア。, 池上 正治(いけがみ しょうじ、1946年 - )は、新潟県生まれの評論家、翻訳家。新潟県立長岡高等学校を経て東京外国語大学卒業。日本翻訳家協会理事。, 中野 康司(なかの こうじ、1946年 - )は、イギリス文学者・翻訳家。小池滋の門下生、小池監修のちくま文庫版『シャーロック・ホームズ全集』の訳者の一員。19-20世紀イギリス小説が専門。ジェーン・オースティンの長編を全訳、E・M・フォースターにも多くの翻訳がある。, 太田 昌国(おおた まさくに 1943年 - )は、日本の評論家、編集者、翻訳家。, 重松 宗育(しげまつ そういく、1943年 - )は、臨済宗妙心寺派の僧侶、英米文学研究者、英訳を通して欧米への禅の紹介に努める翻訳家、著述家。長く静岡大学でアメリカ文学を教え、85-6年、フルブライト研究員として、サンディエゴ州立大学、カリフォルニア大学デーヴィス校を拠点に、アメリカ各地で講演を行う。1987年、アメリカン・ポエトリー・リビュー賞(アメリカ・ワシントンDC)を受賞した。, 西川 賢一(にしかわ けんいち、1942年12月20日 - )は、日本のドイツ語翻訳家。, 高見 浩(たかみ ひろし、1941年2月19日 - )は、日本の翻訳家。本名・高野紘一。東京生まれ。1965年東京外国語大学マレー・オランダ語科卒。, 竹内 和世(たけうち かずよ、1941年 - )は、翻訳家。神奈川県生まれ。東京外国語大学スペイン科卒業。ラテンアメリカ協会研究部を経て、翻訳家となる。, 望月 紀子(もちづき のりこ、1941年 - )は、日本のイタリア文学者、翻訳家。, 田谷 多枝子(たがや たえこ、1940年 - )は、児童文学翻訳家、日本語教師。 東京出身。東京外国語大学タイ語科卒業。山室静の下で童話の翻訳と研究に従事。その後、東京大学大学院文学部美学芸術学科修士課程で芸術家の生き方などを研究するが、日本語教師に転職。1982-90年、政府派遣専門家として、マレーシア、フィジー、シンガポールで日本語を教える。ジョージ・マクドナルドの作品を多数翻訳した。, 枝川 公一(えだかわ こういち、1940年11月12日 - 2014年8月15日)は、日本の評論家、ノンフィクション作家、翻訳家。, 山田侑平(やまだ ゆうへい、1938年 - )は、ジャーナリスト、翻訳家、人間総合科学大学名誉教授。 東京外国語大学中国語科卒業。共同通信記者となり、ニューヨーク支局員、ブリュッセル支局長など。2000年、人間総合科学大学教授。09年定年、名誉教授。, 野中 千恵子(のなか ちえこ、1938年 - )は、日本の翻訳家。1961年、東京外国語大学英米科卒業。, 山田 宏一(やまだ こういち、1938年9月13日- )は、日本の映画評論家、翻訳家。, 伊東 守男(いとう もりお、1936年 - 1994年)は、日本のフランス文学翻訳家。本名・遠山方雄。東京外国語大学ロシア語科卒業、NHKで国際報道番組を制作。ジョルジュ・バタイユ、ボリス・ヴィアンなどを訳した。, 南山 宏(みなみやま ひろし、1936年7月29日 - )は、日本の作家、翻訳家、怪奇現象研究家、編集者。本名の森 優(もり ゆう)名義での著作もある。『SFマガジン』編集前記に使用した「M・M」という頭文字は、本名の「ゆう」を「まさる」に読み替えて筆名としたものである。他のペンネームに大山優、森勇軒、森勇謙。, 村上 博基(むらかみ ひろき、1936年3月24日 - 2016年4月30日)は、日本の翻訳家(主に英米文学)。, 浅野 輔(あさの たすく、1936年2月11日 - 2000年2月29日)は、日本のニュースキャスター、翻訳家。, 岩城 雄次郎(いわき ゆうじろう、1935年9月9日 - )は、タイ文学者、翻訳家、小説家、詩人。 東京生まれ。東京外国語大学タイ語科で松山納にタイ語を学び、1960年卒業後は高校の英語教師となり、64年始めてタイを訪れる。1970年タイのチュラロンコーン大学客員講師を77年まで、78年東京外国語大学非常勤講師となり85年まで、87年産能短期大学教授、日本ペンクラブ会員(国際委員)、日本翻訳家協会理事、95年短大を辞任し文筆に専念し、日・タイ文学者交流センター主宰、2003年より外務省研修所タイ語非常勤講師。, 小川 尚克(おがわ なおき、1935年 - )は日本の翻訳家。ポルトガル文学の翻訳家であり、エッサ・デ・ケイロスやカミロ・カステロ・ブランコ(en)などの作品の翻訳を手がけた。, 水上 峰雄(みずかみ みねお、1935年 - 1996年)は、翻訳家。 大阪生まれ。東京外国語大学英語科卒、AP通信社、研究社勤務ののち、足利工業大学助教授、教授。 英語圏のサスペンス小説などを訳した。, 西村暢夫(にしむら のぶお、1933年 - )は、イタリア文化研究家、書籍輸入業者、翻訳家。 京都市生まれ。1956年東京外国語大学イタリア語科卒業。1975年国際交流基金の派遣で日本語講師としてヴェネツィアに滞在。株式会社文流取締役社長をへて会長。書籍の輸入、翻訳を行い、イタリアに日本人のための料理学校を設立し、日本でのイタリア料理普及など、日伊文化交流に尽くした功績で、1980年サンドロ・ペルティーニ大統領から教育・文化・芸術銀賞を授与され、99年イタリア政府から大騎士の称号を授かる。(財)日伊協会評議員。, 鈴木 斌(すずき たけし、1932年10月9日 - 2005年1月4日)は、ウルドゥー語を専門のフィールドにした日本の学者(言語学、文学)、翻訳家である。, 岩田 宏(いわた ひろし、1932年3月3日 - 2014年12月2日)は日本の詩人、作家、翻訳家。本名の小笠原豊樹(おがさわら とよき)名義での著作もあり、翻訳家としては主に本名で活動した。北海道虻田郡東倶知安村(現京極町)出身。娘に作家・翻訳家の目黒条。, 中本 信幸(なかもと のぶゆき、1932年7月6日 - )は、日本のロシア文学者、演劇評論家、翻訳家、神奈川大学名誉教授。, 髙坂 和彦(こうさか かずひこ、1932年12月9日 - 2006年12月19日)はフランス文学者、翻訳家。東京都出身。, 岩崎 力(いわさき つとむ、1931年8月12日 - )は、フランス文学者、翻訳家、東京外国語大学名誉教授。, 岡 達子(おか たつこ、1931年 - )は、日本の翻訳家。特に『修道士カドフェル』シリーズの翻訳で知られる。北海道生まれ。東京外国語大学英米科卒業。, 吉田 誠一(よしだ せいいち、1931年1月19日 - 1987年10月28日)は、神奈川県横浜市出身の、英文学者、翻訳家、元横浜市立大学教授。東京外国語大学英米語科卒業。日本英文学会会員。, 河野 一郎(こうの いちろう、1930年1月6日 - )は、日本の英文学者、比較文学者、翻訳家。専門は、現代イギリス小説、児童文学。, 鼓 直(つづみ ただし、1930年1月26日 - 2019年4月2日)は、ラテンアメリカ文学の研究者、翻訳家。法政大学名誉教授。, 伊集院 俊隆(いじゅういん としたか、1929年 - 2004年9月1日)は、日本のロシア語翻訳家。 大阪市森小路生まれ。東京外国語大学ロシア語科卒。新読書社社長、本郷ロシア語クールス主宰。レーニン、クルプスカヤ夫妻に関心が深く教育学の翻訳を多く行った。, 飯田 規和(いいだ のりかず、1928年11月6日 - 2004年1月12日)は、日本のロシア文学者・翻訳家。, 矢島 文夫(やじま ふみお、1928年4月19日 - 2006年5月22日)は、日本の言語学者(アラビア語学)・オリエント学者・翻訳家。アジア・アフリカ図書館館長。東京市生まれ。, 金光不二夫(かねみつ ふじお、1927年3月5日―2000年2月19日)は、日本のロシア語翻訳家。, 牧原 純(まきはら じゅん、1926年 - 2015年3月26日)は、演劇評論家、チェーホフ研究家、翻訳家。, 泉 三太郎(いずみ さんたろう、1926年4月21日 - 2003年1月10日)は、日本のロシア文学者、翻訳家、図書出版社社長。, 猪狩 博(いかり ひろし 1926年 -2008年10月21日)は、日本の翻訳家、英文学者。, 福島正光(ふくしま まさみつ、1925年- )は、翻訳家、ライター。 東京生まれ。東京外国語大学ロシア語科中退。出版社の単行本、雑誌編集者、PR会社制作部長、1960年至誠堂取締役編集部長。70年麹町企画取締役。翻訳者・コピーライター。自民党宏池会のライターとして活動し、大平正芳に近かった。, 松村 喜雄(まつむら よしお、1918年9月16日 - 1992年1月10日)は東京府出身の推理小説評論家、推理作家、翻訳家。三谷幸夫、花屋治という変名もある。, 大崎 正二(おおさき しょうじ、1913年 - )は、日本の翻訳家。 福岡県嘉穂中学校卒。1935年東京外国語学校仏語科卒業、大倉商事株式会社に入社。37年から44年までパリ支店勤務、次いでベルリン支店に移り、敗戦直前にシベリア経由で帰国。戦後、ロンドン支店長、パリ支店長を経て退職。その間東京外国語大学講師。フランス文学の翻訳を行った。, 永田 逸郎(ながた いつろう、1909年 - )は、日本の翻訳家、アフリカ問題研究家。 愛知県岡崎生まれ。1931年東京外国語大学フランス語科卒。1963-69年アフリカ、主としてカメルーンに滞在。, 秘田 余四郎(ひめだ よしろう、1908年10月15日 - 1967年9月18日)は、字幕翻訳家、翻訳家、小説家。本名・姫田嘉男。, 福井 研介(ふくい けんすけ、1908年11月1日 - 2000年1月17日)は、日本の評論家、翻訳家。 岡山県生まれ。1940年、東京外国語学校専修科露語科修了。1946年3月まで外務省に勤務。それ以降、ロシア児童文学などの翻訳を始めた。1955年の『エジプトの少年』で産経児童出版文化賞受賞。, 村田 陽一(むらた よういち、1908年6月4日 - 1997年6月22日)は、日本の翻訳家、社会運動家。, 中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。夭折したが350篇以上もの詩を残し、一部は、中也自身が編纂した詩集『山羊の歌』、『在りし日の歌』に収録されている。訳詩では『ランボオ詩集』を出版するなど、フランス人作家の翻訳もしている(他に少量だがアンドレ・ジイドほか)。日本大学予科、中央大学予科などを経て東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科仏語部修了。, 石川 湧(いしかわ ゆう、1906年11月10日 - 1976年10月31日)は、フランス文学者、翻訳家。東京学芸大学名誉教授。, 南沢 十七(みなみざわ じゅうしち(文献によっては「なんざわ としち」となっているものがあるが、これは誤り)、1905年(明治38年)3月10日 - 1982年(昭和57年)9月26日)は日本の探偵小説・科学小説家、翻訳家。ペンネームの「十七」は17歳のときに父親を亡くしたことによる。代表作に『緑人の魔都』などがある。, 皆藤 幸蔵(かいとう こうぞう、1904年 - 1983年2月5日)は、日本の翻訳家、国際ジャーナリスト。東京外国語学校英語科卒業。, 塩谷 太郎(しおや たろう、1903年 - 1996年、正字では鹽谷)は日本の翻訳家。, 神西 清(じんざい きよし、1903年11月15日 - 1957年3月11日)は、日本のロシア文学者、翻訳家、小説家、文芸評論家。, 井上 勇(いのうえ いさむ、1901年4月30日 - 1985年2月6日)は日本の翻訳家、ジャーナリスト。, 高田 博厚(たかた ひろあつ、1900年8月19日 - 1987年6月17日)は、日本の彫刻家、思想家、文筆家、翻訳家。, 石川 淳(いしかわ じゅん、1899年(明治32年)3月7日 - 1987年(昭和62年)12月29日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。東京府浅草区生まれ。無頼派、独自孤高の作家とも呼ばれ、エッセイでは夷斎と号し、親しまれた。本名淳(きよし)。, 村上 啓夫(むらかみ ひろお、1899年 - 1969年)は、日本の翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業。, 袋一平(ふくろ いっぺい、1897年10月17日 - 1971年7月2日)は日本の翻訳家、映画評論家。東京生まれ。東京外国語学校ロシア語科卒。ロシア語の和訳を専門とした。またソ連映画の研究家、日本山岳会会員。, 永島 直昭(ながしま なおあき、1894年2月26日 - 1930年4月18日)は、日本の翻訳家。, 保篠 龍緒(ほしの たつお、1892年11月6日 - 1968年6月4日)は、作家、翻訳家、『アサヒグラフ』編集長。保篠 竜緒という表記もある。本名は星野辰男。, 米川 正夫(よねかわ まさお、1891年11月25日 - 1965年12月29日)は、日本のロシア文学者、翻訳家。, 二葉亭 四迷(ふたばてい しめい、1864年4月4日(元治元年2月28日) - 1909年(明治42年)5月10日)は、日本の小説家、翻訳家。本名、長谷川 辰之助(はせがわ たつのすけ)。筆名の由来は、処女作『浮雲』に対する卑下、特に坪内逍遥の名を借りて出版したことに対して、自身を「くたばって仕舞(め)え」と罵ったことによる。文学に理解のなかった父に言われたというのは俗説である(『予が半生の懺悔』)。長谷川 二葉亭(はせがわ ふたばてい)とも呼ばれる。別の号に冷々亭主人、杏雨。江戸市ヶ谷生れ。彼の自筆履歴書によると、1883年2月1日から1885年12月25日まで、当時の専修学校(現在の専修大学)で学び、卒業した。また、東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科入学後、同科が改組されてできた東京商業学校(現一橋大学)第三部露語科を1886年1月に中退。, 嵯峨の屋おむろ(さがのや おむろ、本名:矢崎鎮四郎(しんしろう)、文久3年1月12日(1863年3月1日) - 昭和22年(1947年)10月26日)は明治期の日本の小説家、翻訳家、評論家、詩人。, 高須治輔(治助)(たかす じすけ、安政6年11月23日(1859年12月16日) - 明治42年(1909年)3月)は、明治期の官吏、通訳、ロシア語翻訳家。, 村上リコ(むらかみ リコ)は、ライター、翻訳家。女性。千葉県生まれ。東京近郊在住。東京外国語大学卒業。, 田丸 公美子(たまる くみこ)は、イタリア語を専門とする日本の翻訳家・通訳・エッセイストである。, 高杉 一郎(たかすぎ いちろう、1908年7月17日 - 2008年1月9日)は、日本の評論家、小説家、翻訳家、エスペランティスト。小川 五郎(おがわ ごろう)が本名で、大学教授としてはこの名前で教えた。, 中上 哲夫(なかがみ てつお、1939年3月6日 - )は、日本の詩人、翻訳家。本名、佐野哲夫。, 田中 三彦(たなか みつひこ、1943年 - )は、翻訳家、科学評論家。元原子炉製造技術者。, 宇佐 和通(うさ わつう、1962年 - )は、日本の翻訳家。作家。東京国際大学商学部卒業後、南オレゴン大学にてビジネスコース修了。商社、通信社勤務を経て、翻訳家・作家に転身。日本の都市伝説研究の第一人者でもある[1]。現在はハワイ在住, 松岡 和子(まつおか かずこ 1942年4月17日 - )は、日本の翻訳家、演劇評論家。旧満州新京生まれ。東京都立豊多摩高等学校、東京女子大学英文科卒業、東京大学大学院修士課程修了。元東京医科歯科大学教授。国際演劇評論家協会会員。テレビドラマや映画の英語翻訳家だった額田やえ子は義理の従姉にあたる。, 八田 真行(はった まさゆき、1979年(昭和54年)7月31日 - )は日本人の経営学者、ハッカー、翻訳家、コラムニスト。, 山形 浩生(やまがた ひろお、1964年3月13日 - )は、日本の評論家、翻訳家。野村総合研究所研究員。, 柳下 毅一郎(やなした きいちろう、1963年12月30日 - )は日本の翻訳家、殺人研究家。自称「特殊翻訳家」(後述)。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科非常勤講師(映像芸術論)。, 枝廣淳子(えだひろ じゅんこ、1962年11月23日- )は、日本の環境ジャーナリスト、同時通訳者、翻訳家。京都府出身。有限会社イーズ代表取締役、環境NGOジャパン・フォー・サステナビリティ代表、有限会社チェンジ・エージェント取締役会長、幸せ経済社会研究所所長。, 越前 敏弥(えちぜん としや、1961年 - )は、日本の翻訳家。石川県金沢市出身。筑波大学附属駒場中学校・高等学校、東京大学文学部国文科卒業。ゲームセンター従業員、学習塾自営、留学予備校講師などを経たのち、フェロー・アカデミーで田村義進のゼミクラスで翻訳を学ぶ。37歳からエンタテイメント小説の翻訳をはじめる。ダン・ブラウン作品などミステリーの翻訳を中心に活動中。また、朝日カルチャーセンター(東京・大阪)で教鞭をとるかたわら、翻訳ミステリー大賞の創設などにも携わり、後続の育成にも力を注いでいる。, 南條 竹則(なんじょう たけのり、1958年11月11日 - )は、日本の作家、翻訳家、英文学者。東京都出身。, 井辻 朱美(いつじ あけみ、1955年12月12日 - )は日本の翻訳家、ファンタジー小説家、歌人。東京大学理学部生物学科卒・同大学院人文系研究科比較文学比較文化専攻修了。白百合女子大学文学部児童文化学科教授。, 大島 保彦(おおしま やすひこ、1955年6月15日 - )は、日本の翻訳家。駿台予備学校英語科専任講師。東大進学塾エミール英語科講師。講義で扱った英文に関することなら文学・芸術や英語以外の外国語・古典語の話題にまで飛ぶ分野横断的講義を行う。, 鈴木 晶(すずき しょう、男性、1952年8月2日 - )は、日本の評論家、翻訳家。法政大学教授。専門は文学批評、精神分析とその思想史、西洋舞踊史など。, 山岡 洋一(やまおか よういち、1949年 - 2011年8月20日)は、神奈川県出身の翻訳家。青山学院大学文学部英米文学科の兼任講師も勤めた。灘高等学校卒業、東京大学中退。, 柴野 均(しばの ひとし、1948年9月8日 - )は、日本の翻訳家・歴史学者。専門は西洋史、近代イタリア史。信州大学人文学部教授。大阪府出身。, 高山 宏(たかやま ひろし、1947年10月8日 - )は日本の英文学者、翻訳家、大妻女子大学教授。主として美術、表現芸術の評論家。岩手県生まれ、高知県育ち。, 矢崎 滋(やざき しげる、1947年9月2日 - )は、日本の俳優、プロ落語家。東京都出身。身長は、173cm。体重は、65kg。父は言語学者でアンデルセンの翻訳家としても知られる元東京教育大学教授の矢崎源九郎。叔父は法哲学者で大阪大学名誉教授の矢崎光圀。, 山川 紘矢(やまかわ こうや、1941年11月21日 - )は、日本の翻訳家、作家、講演家。スピリットダンス主催、セミナー講師。本名は山川俊宏。, 天沢 退二郎(あまざわ たいじろう、1936年7月21日 - )は、日本の詩人、仏文学者、児童文学作家、翻訳家。宮沢賢治研究者。東京大学文学部仏文科卒業。明治学院大学文学部フランス文学科名誉教授。, 沼沢 洽治(ぬまさわこうじ、1932年12月6日 - 2007年11月16日[1])は日本の英文学者、翻訳家。東京工業大学名誉教授。従四位瑞宝中綬章。, 中村 保男(なかむら やすお、1931年12月21日 - 2008年12月9日)は日本の翻訳家。, 吉川 勇一(よしかわ ゆういち、1931年3月14日 - 2015年5月28日)は、市民運動家、翻訳家。元英語教師(予備校講師・専門学校講師)、元大学非常勤講師。, 谷口 幸男(たにぐち ゆきお、1929年7月 - )は、日本の文学者、文学研究者、民俗学者、翻訳家。専門はドイツ文学および北欧文学。, 篠田 一士(しのだ はじめ、1927年(昭和2年)1月23日 - 1989年(平成元年)4月13日)は、日本の文学研究者、文芸評論家、翻訳家である。早稲田大学教授で社会学者の篠田徹は子息である。, 丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。, 亀山 龍樹(かめやまたつき、1922年6月10日 - 1980年3月23日)は日本の翻訳家、作家。, 加藤 周一(かとう しゅういち、1919年(大正8年)9月19日 - 2008年(平成20年)12月5日)は日本の評論家。医学博士(専門は内科学、血液学)。妻は評論家・翻訳家の矢島翠。, 宗 左近(そう さこん、1919年5月1日 - 2006年6月20日)は、詩人・評論家・仏文学者であり翻訳家。本名は古賀 照一(こが てるいち)。法政大学教授や昭和女子大学教授も務めた。文芸誌『同時代』同人。, 塩崎 潤(しおざき じゅん、1917年5月31日 - 2011年5月27日[1])は、日本の政治家、元衆議院議員、大蔵官僚、翻訳家。長男は衆議院議員の塩崎恭久。長女は法学者の山根裕子。次女は外交官の角崎利夫夫人でアジア防災センター主任研究員の角崎悦子[2]。, 瀬田 貞二(せた ていじ、1916年4月26日 - 1979年8月21日)は、日本の児童文学作家、翻訳家、児童文学研究者。, 福田 恆存(ふくだ つねあり、1912年(大正元年)8月25日 - 1994年(平成6年)11月20日)は、日本の評論家、翻訳家、劇作家、演出家。1969年(昭和44年)から1983年(昭和58年)まで京都産業大学教授を務めた。1981年(昭和56年)より日本芸術院会員となった[1]。名前は「ふくだ こうそん」とも呼ばれる[2]。, 双葉 十三郎(ふたば じゅうざぶろう、1910年10月9日 - 2009年12月12日)は日本の映画評論家・翻訳家である。本名は小川一彦(おがわ かずひこ)。ペンネームはトム・ソーヤーに由来(双葉は「ソーヨー」、十三は「トミー」をもじったもの[1])。, 阿部 知二(あべ ともじ、1903年(明治36年)6月26日 - 1973年(昭和48年)4月23日)は、日本の小説家、英文学者、翻訳家である。, 吉野 源三郎(よしの げんざぶろう、1899年(明治32年)4月9日 - 1981年(昭和56年)5月23日)は、編集者・児童文学者・評論家・翻訳家・反戦運動家・ジャーナリスト。昭和を代表する進歩的知識人。『君たちはどう生きるか』の著者として、また雑誌『世界』初代編集長としても知られている。岩波少年文庫の創設にも尽力した。明治大学教授、岩波書店常務取締役、日本ジャーナリスト会議初代議長、沖縄資料センター世話人などの要職を歴任した。, 北村 喜八(きたむら きはち、1898年11月17日 - 1960年12月27日)は、日本の演出家、劇作家、翻訳家。, 十一谷 義三郎(じゅういちや ぎさぶろう、1897年10月14日 - 1937年4月2日)は、小説家、翻訳家。, 石川 欣一(いしかわ きんいち、1895年(明治28年)3月17日 - 1959年(昭和34年)8月4日)は、ジャーナリスト、随筆家、翻訳家。おもに毎日新聞社に屬した。, 岸田 國士(きしだ くにお、1890年(明治23年)11月2日 - 1954年(昭和29年)3月5日)は、日本の劇作家・小説家・評論家・翻訳家・演出家。, 豊島与志雄(とよしま よしお、1890年(明治23年)11月27日 - 1955年(昭和30年)6月18日)は、日本の小説家、翻訳家、仏文学者、児童文学者。法政大学名誉教授。明治大学文学部教授もつとめた。日本芸術院会員。, 木下 杢太郎(きのした もくたろう、1885年(明治18年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月15日。本名:太田正雄)は、皮膚科の医学者、詩人、劇作家、翻訳家、美術史・切支丹史研究家。大学医学部の教授を歴任し、また、南蛮情緒的、切支丹趣味、耽美享楽的など言われるきらびやかな詩や戯曲を残した。堀花村(ほりかそん)、地下一尺生、葱南(そうなん)、などの筆名も用いた。, 生田 長江(いくた ちょうこう、1882年(明治15年)4月21日 - 1936年(昭和11年)1月11日)は、日本の評論家、翻訳家、劇作家、小説家。, 森田 草平(もりた そうへい、1881年(明治14年)3月19日 - 1949年(昭和24年)12月14日)は、作家・翻訳家。本名森田 米松。夏目漱石の門下生の一人であるが、特に私生活での不祥事が多かったことから、門下生の中では異色の存在として扱われることが多い。, 小林 愛雄(こばやし あいゆう、本名読み-ちかお、1881年11月30日 - 1945年10月1日)は、日本の詩人、作詞家、翻訳家である。日本で初めてオペラの創立に尽力したことで知られる。元早稲田実業学校校長。, 櫻井 天壇(さくらい てんだん、1879年(明治12年)10月18日 - 1933年(昭和8年)9月10日)は、日本のドイツ文学者、文芸評論家、翻訳家。元第八高等学校独語主任教授。会津八一の先輩で義弟。本名は櫻井 政隆(さくらい まさたか)。, 上田 敏(うえだ びん、1874年(明治7年)10月30日 - 1916年(大正5年)7月9日)は、日本の評論家、詩人、翻訳家。「柳村(りゅうそん)」と号したため、上田柳村名義でも執筆活動を行った。, 戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。別号は秋骨のほか、棲月・早川鴎村、早川漁郎・蒼梧桐・長帆・かげろふなど。, 森 鷗外(もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。, 坪内 逍遥(つぼうち しょうよう、旧字体:坪內逍遙、1859年6月22日(安政6年5月22日) - 1935年(昭和10年)2月28日)は、主に明治時代に活躍した日本の小説家、評論家、翻訳家、劇作家。代表作に『小説神髄』『当世書生気質』およびシェイクスピア全集の翻訳。本名は坪内 雄蔵(つぼうち ゆうぞう)。別号に春のやおぼろ(春廼屋朧)、春のや主人など。俳句も詠んだ。, 高遠 るい(たかとお るい、2月20日 - )は、日本の漫画家、同人漫画家。男性。東京大学文学部卒業[1]。しとね名義でも執筆している。母親は翻訳家の安藤由紀子。, 上遠恵子 (かみとお けいこ、1929年 - ) は東京都出身のエッセイスト。翻訳家。レイチェル・カーソン日本協会理事長。, 楠田 枝里子(くすた[1] えりこ、1952年1月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト、翻訳家、サイエンスライター。身長175cm。, 黒田 福美(くろだ ふくみ、本名 同じ、1956年7月21日 - )は、日本の女優、エッセイスト、翻訳家である。所属事務所は、キャストパワー。2008年2月末まではアミューズに所属していた。東京都立豊多摩高等学校、桐朋学園芸術短期大学演劇学科卒業。趣味は三味線、華道、茶道、朝鮮語。, 山川 丙三郎(やまかわ へいざぶろう、1876年3月3日 - 1947年8月17日)は、イタリア文学者、翻訳家。, 松谷 健二(まつたに けんじ、1928年8月12日 - 1998年2月9日)は、ドイツ文学研究家で、翻訳家である。元山形大学教授。, 山室 静(やまむろ しずか、男性、1906年(明治39年)12月15日 - 2000年(平成12年)3月23日)は、日本の詩人、文芸評論家、翻訳家。, 魯 迅(ろ じん、ルーシュン、繁体字:魯迅、簡体字:鲁迅、ピン音:Lǔ Xùn、ウェード式:Lu Hsün 1881年9月25日 - 1936年10月19日)は、中国の小説家、翻訳家、思想家。本名は周樹人(繁体字:周樹人、簡体字:周树人、ピン音:Zhōu Shùrén、ウェード式:Chou Shu-jen)で、字は豫才。ペンネームの魯は母親の姓だという。浙江省紹興市出身。弟に文学者・日本文化研究者の周作人、生物学者の周建人(1888-1984)がいる。, 菊村 紀彦(きくむら のりひこ、1924年 - 2010年)は、日本の仏教学者、著述家、翻訳家、作曲家、作詞家、音楽プロデューサー、東京シャンソン協会初代会長。, 松田青子(まつだ あおこ、1979年10月11日 - )は日本の翻訳家、小説家、童話作家で元女優である。本名は松田暢子(まつだ のぶこ)。, 奥田 継夫(おくだ つぐお 1934年10月28日 - )は、日本の児童文学作家、評論家、翻訳家。, 佐藤和生(さとう かずお、1934年 - )は、北海道出身のフランス文学者、翻訳家、詩人。同志社大学名誉教授。北海道札幌東高等学校、北海道大学文学部卒業。京都大学仏文科博士課程修了。フランス文学の研究、翻訳を手がける傍ら、詩作も行い、2001年より詩集も発表している。, 橋本 福夫(はしもと ふくお、1906年3月4日 - 1987年1月13日)は、アメリカ文学者、翻訳家。, 渡辺 健吾(わたなべ けんご、1967年12月24日 - )は、日本の音楽ライター、翻訳家。東京都出身。ペンネームは『KEN=GO→』。, 坂野徳隆(さかの なるたか、1962年 -)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、ライター、翻訳家。東京都生まれ。, 白取春彦(しらとり はるひこ、1954年4月11日 - )は日本の作家、翻訳家。青森県青森市生まれ。, 原 昌(はら しょう、1931年1月3日 - )は、日本の児童文学研究者、翻訳家、中京大学名誉教授。, 松田 麻里(まつだ まり、本名:松田 奈利子(まつだ なりこ))は、日本の英語言語教育学者・作家。元アナウンサー・ニュースキャスター・ジャーナリスト・通訳・翻訳家。ペンネームは「マリー・マツダ」・「松田麻里」。, 山口 俊治(やまぐち しゅんじ 1936年 - )は、日本の英語学者。翻訳家。元日本医科大学教授、元防衛医科大学校教授。駿台高等予備校講師、元代々木ゼミナール英語科講師。, 中村 佐喜子(なかむら さきこ、1910年5月7日 - 1999年10月10日)は、日本の翻訳家・作家。本名は石川佐喜子, 石井 桃子(いしい ももこ、1907年3月10日 - 2008年4月2日)は日本の児童文学作家・翻訳家である。数々の欧米の児童文学の翻訳を手がける一方、絵本や児童文学作品の創作も行い、日本の児童文学普及に貢献した。日本芸術院会員。, 野村 芳夫(のむら よしお、1948年3月5日 - )は、日本の編集者、翻訳家。本名、竹上昭。, 福島 正実(ふくしま まさみ、1929年(昭和4年)2月18日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、樺太出身の編集者、SF作家、SF評論家、翻訳家。本名は加藤 正実(かとう まさみ)。別名に加藤 喬(かとう きょう)、原 狷介(はら けんすけ)がある。, 中桐 雅夫(なかぎり まさお、1919年10月11日 - 1983年8月11日)は、日本の詩人、翻訳家。福岡県生まれ。本名、白神 鉱一。, 大庭 忠男(おおば ただお、1916年6月24日 -2012年12月26日 )は、日本の翻訳家。, 白木 茂(しらき しげる、1910年2月19日 - 1977年8月5日)は、日本の児童文学者、翻訳家。, 國弘 正雄(くにひろ まさお、1930年8月18日 - 2014年11月25日)は、日本の同時通訳者、翻訳家、文化人類学者、政治家(元日本社会党参議院議員)。, 小澤 僥謳(おざわ きょう、1938年1月27日 - 1999年3月28日)は、日本の劇作家、演出家、翻訳家。本名、小沢 協(読みは同じ)。東京府芝区西久保明舟町(現・東京都港区虎ノ門)出身。暁星中学校・高等学校、パリ大学人文科卒業。父は俳優の小沢栄太郎。, 小牧 近江(こまき おうみ、1894年(明治27年)5月11日 - 1978年(昭和53年)10月29日)は、秋田県の土崎港(つちざきみなと、現在の秋田市土崎港)生まれのフランス文学者、翻訳家、社会科学者・社会運動家。法政大学教授。本名、近江谷駧(おうみやこまき)。, 飛幡 祐規(たかはた ゆうき、女性、1956年 - )は、東京都出身のフランス文化研究家、翻訳家、作家。本名は田代 優子(たしろ ゆうこ)。, 森田 成也(もりた せいや、1965年 - )は、日本のマルクス経済学者、翻訳家。, 入江 良平(いりえ りょうへい、1950年3月30日 - )は、ユング心理学者、翻訳家、青森県立保健大学教授。, 直野 敦(なおの あつし、1929年3月18日 - )は、日本の翻訳家・東欧・ロシア文学者。東京大学教養学部名誉教授。, 平井 潔(ひらい きよし、1915年7月1日 - 1961年10月26日)は、日本の評論家、翻訳家、政治家、社会運動家。, 村崎 敏郎(むらさき としろう、1904年7月23日 - 1962年4月19日)は、日本の演劇活動家、翻訳家。, 内藤 濯(ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)は、フランス文学者、評論家、翻訳家、エッセイスト。サン=テグジュペリのLe Petit Prince(直訳すると「小さな大公」)を『星の王子さま』と訳したことで知られる。, 鳴海 四郎(なるみしろう、1917年9月3日 - 2004年10月7日)は新潟県出身の英文学者、英米演劇研究家、翻訳家。本名は鳴海 弘。, 田中 融二(たなか ゆうじ、1926年 - 1998年5月12日)は、日本の翻訳家。, 伊藤 礼(いとう れい、1933年〈昭和8年〉2月14日 - )は、英文学者、エッセイスト、翻訳家。1991年講談社エッセイ賞受賞。元日本大学芸術学部教授。, 田中 西二郎(たなか せいじろう、1907年11月28日 - 1979年1月15日)は、日本の翻訳家。東京生まれ。東京商科大学卒。1930年中央公論社入社、文芸家協会などに勤務し、英米文学の翻訳家としてハーマン・メルヴィル『白鯨』、グレアム・グリーン『情事の終り』など多くの翻訳を残した。初期の筆名は佐木狷介。, 小西 宏(こにし ひろし、1929年5月5日 - 1998年11月21日)は、日本の英米文学翻訳家。元専修大学教授。本名・小西 基弘。, 川勝 久(かわかつ ひさし、1931年 - )は、ビジネス書の翻訳家、評論家。元慶應義塾大学教授。愛知県生まれ。, 大野 純一(おおの じゅんいち、1944年 - )は東京浅草生まれの翻訳家・出版業者。1968年に一橋大学経済学部卒業。コスモス・ライブラリー代表。在学中より近代インドの宗教思想、特にヴィヴェーカーナンダを研究する。, 佐倉潤吾(さくら じゅんご、1905年―1964年12月10日)は、日本の翻訳家。 東京府立第一中学校卒、1929年東京商科大学(現一橋大学)卒、東京日日新聞入社。戦後、毎日新聞ニューヨーク支局長、論説委員。定年後は推理小説を多く翻訳した。, 野崎 孝(のざき たかし、1917年〈大正6年〉11月8日 - 1995年〈平成7年〉5月12日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家。『ライ麦畑でつかまえて』など一連のサリンジャー作品のほか、フィッツジェラルドやヘミングウェイ、スタインベックなどの翻訳で知られる。, 宮坂 宏美(みやさか ひろみ)は、日本の翻訳家。宮城県出身、東京都在住。弘前大学人文学部卒業。ライターや電気通信会社、旅行会社の会社員を勤めたのち、フリーランスとして独立。, 越智 道雄(おち みちお、1936年11月3日 - )は、英語圏政治/文化研究者、翻訳家、明治大学名誉教授。, 関口 幸男(せきぐち ゆきお、1935年 - )は、日本の翻訳家。大阪府生まれ。本名、関口義二(セキグチヨシジ)。, 石井 睦美(いしい むつみ、女性、1957年1月4日 - )は、日本の児童文学作家および翻訳家。, 三木 卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の小説家、詩人、翻訳家。日本芸術院会員。, 石原 武(いしはら たけし、1930年8月3日 - )は、日本の詩人・英文学者・翻訳家・文教大学名誉教授。, 金原 瑞人(かねはら みずひと, 1954年11月29日 - )は、翻訳家・児童文学研究家・法政大学社会学部教授。学位は文学修士(法政大学)。芥川賞作家金原ひとみの実父。, 近藤 純夫(こんどう すみお、1952年3月10日 - )は、日本のエッセイスト、翻訳家、冒険家。, 尹 学準(ユン ハクジュン、1933年3月6日[1]-2003年1月12日)は日本の文学研究者、翻訳家。元法政大学国際文化学部教授、専門は朝鮮文学・日朝比較文化論。, 山際 素男(やまぎわ もとお、1929年5月21日 - 2009年3月19日)はノンフィクション作家、インド文化研究家、翻訳家。専門はインド文学。三重県大王町出身。, 大原 恆一(おおはら こういち、1920年(大正9年)4月18日- 1998年(平成10年)7月20日)は、日本のロシア文学者、評論家、翻訳家、実業家である。本名は大原嘉蔵。, 大原 恆一(おおはら こういち、1920年(大正9年) - 1998年(平成10年)7月20日)は、日本のロシア文学者、評論家、翻訳家、実業家である。本名は大原嘉蔵。, 石川 登志夫(いしかわ としお、1911年(明治44年) - 1993年(平成5年)1月7日)は、フランス文学者、翻訳家。本名は石川俊男。, 周 作人(しゅう さくじん、1885年1月16日 - 1967年5月6日)は現代中国の散文作家、翻訳家。 就学時につけられた名は櫆寿。魯迅の弟。, 山崎 佳代子(やまざき かよこ、1956年9月14日 - )は、日本の詩人、翻訳家。セルビア文芸協会会員(副理事)。2015年現在はセルビアのベオグラード在住。夫はブランコ・ヴケリッチの息子で翻訳家・ユーゴスラビア研究者の山崎洋。, 東江 一紀(あがりえ かずき、1951年(昭和26年)9月6日 - 2014年(平成26年)6月21日)は、日本の翻訳家。長崎県生まれ。北海道大学文学部英文科卒業。英米の娯楽小説やノンフィクションを主として翻訳する。『犬の力』『レクサスとオリーブの木』などがある。翻訳学校ユニカレッジで長年、講師を務め、多くの翻訳家を輩出。, 桑原真夫(くわばら まさお、1947年3月- )は、日本の詩人、スペイン・ガリシア文学研究者、翻訳家。本名・中西省三。広島県鞆の浦生まれ。北海道大学経済学部卒。三井銀行に入行後、ブリュッセル、マドリッド、ロンドン等ヨーロッパに約14年駐在。所属:日本イスパニア学会、スペイン史学会、日本観光研究学会、京都セルバンテス懇話会。, 田内 志文(たうち しもん、1974年4月15日 - )は、翻訳家、文筆家、スヌーカープレイヤー。埼玉県出身。ベストセラー「Good Luck」の翻訳などで知られる。, 風間 賢二(かざま けんじ、1953年(昭和28年)12月19日 - )は、英米文学翻訳家、幻想文学研究家、アンソロジスト。本名は、引田直巳。東京都生まれ。, 豊田 有恒(とよた ありつね、1938年5月25日 - )は、日本の作家。SF作家、推理作家、翻訳家、脚本家、評論家。本名の表記は同一だが、豊田の読みが「とよだ」と濁る[1]。ただし、姓に「とよだ」とルビがふられた著作もある[2]。日本SF作家クラブ会員。, 宇野 利泰(うの としやす、1909年4月21日 - 1997年1月6日)は、日本の翻訳家。元太田鉄工所経営者。日本文芸家協会、日本推理作家協会、各会員。 本名、太田 稔治(おおた としじ)。ペンネームは、江戸川乱歩の土曜会で知り合った翻訳家阿部主計が、タバコの「Union Leader」をもじって命名したもの。書籍によっては、太田 稔(おおた みのる)、多田 雄二(ただ ゆうじ)などの別名義を用いることもあった。, 寺島 よしき(てらじま よしき、1978年〈昭和53年〉12月17日 - )は、神奈川県横浜市生まれ、鎌倉市出身の日本の予備校講師、翻訳家。明治学院大学文学部英文学科卒業。, 安藤由紀子(あんどう ゆきこ、1949年 - )は、日本の翻訳家。 東京都出身。明治学院大学英文科卒。息子は漫画家の高遠るい。, 堀内 静子(ほりうち しずこ、1941年 - )は、日本の英米文学翻訳家。 明治学院大学大学院修士課程修了。ダニエル・キイス『24人のビリー・ミリガン』などの翻訳で知られる。, 近藤 千雄(こんどう かずお、1935年 -2012年 )は[1]、日本の翻訳家、作家、スピリチュアリズム研究家。台湾生まれ、広島県福山市育ち。, 宇野 輝雄(うの てるお、1931年3月24日- 2017年2月13日)は日本の翻訳家。, 中山 容(なかやま よう、1931年11月28日 - 1997年3月7日)は、日本の翻訳家、詩人、英米文学研究者。「ボブ・ディラン全詩集」などの訳者として有名。平安女学院大学、京都精華大学で教鞭をとった。本名、矢ケ崎庄司。, 中尾 明(なかお あきら、1930年9月23日 - 2012年9月26日)は、日本の翻訳家、SF作家、児童文学者。, 和巻 耿介(わまき こうすけ、1926年10月11日 - 1997年10月14日)は、作家、翻訳家。 兵庫県(大阪府)生まれ。本名・義一。1953年明治学院大学文学部英文科卒。役所勤務、教師などを経て文筆家。新鷹会会員。時代小説や怪奇ものを書き、翻訳した。1972年池内祥三文学奨励賞受賞。, 衣更着 信(きさらぎ しん、1920年2月22日 - 2004年9月18日)は、日本の詩人、翻訳家、高校教諭(英語科)。本名は鎌田 進(かまだ すすむ)。香川県大川郡白鳥村(現・東かがわ市)出身。, 中山 昌樹(なかやま まさき、1886年4月10日 - 1944年4月2日)は、牧師、神学者、翻訳家。, 戸川 秋骨 (とがわ しゅうこつ、1871年2月7日(明治3年12月18日) - 1939年(昭和14年)7月9日)は、日本の評論家、英文学者、教育者、翻訳家、随筆家。, 木村 鷹太郎(きむら たかたろう、明治3年9月18日(1870年10月12日) - 昭和6年(1931年)7月18日)は主に明治・大正期に活動した日本の歴史学者、哲学者、言語学者、思想家、翻訳家。独自の歴史学説「新史学」の提唱者として知られる。愛媛県宇和島市出身。, 馬場孤蝶(ばば こちょう、1869年12月10日(明治2年11月8日) - 1940年(昭和15年)6月22日)は、英文学者、評論家、翻訳家、詩人、慶應義塾大学教授。, 田中 浩司(たなか こうじ)は日本のアメリカ文学者、防衛大学校教授、翻訳家。内村鑑三やフラナリー・オコナーに関する論文などを発表している。, 金子 司(かねこ つかさ、1969年- )は、日本のSF・ファンタジー翻訳家。1992年、明治大学商学部商学科卒業。, 鎌田 三平(かまた さんぺい、1947年4月2日 - )は日本の翻訳家・文芸評論家・作家。千葉県出身。本名は瀧田英雄 (たきた ひでお)。, 池田 雅之(いけだ まさゆき、1946年 - )は、日本の英文学者、比較文学者、翻訳家。早稲田大学社会科学部・社会科学総合学術院教授、早稲田大学国際言語文化研究所所長。, 小林 宏明(こばやし ひろあき、1946年9月28日 - )は翻訳家、エッセイスト。東京生まれ。本名・宏昭。, 三浦久(みうらひさし 1945年 - )は、男性フォークシンガー、翻訳家。長野県辰野町出身。ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーン、レナード・コーエンの歌詞対訳、評論・研究書の翻訳などでも知られる。, 長島 良三(ながしま りょうぞう、1936年9月16日 - 2013年10月14日)は、日本の編集者、翻訳家。フランス文学の翻訳を専門とする。アンドレ・モーロワ、ボリス・ヴィアン、ジョルジュ・シムノン(「メグレシリーズ」)、モーリス・ルブラン(「ルパン・シリーズ」)などの翻訳で知られる。別名、北村良三(きたむら りょうぞう)。少年文芸作家クラブ会員。, 矢野 浩三郎(やの こうざぶろう、1936年7月20日 - 2006年3月26日)は、日本の翻訳家、著作権エージェント、実業家。福岡県甘木市(朝倉市) 生まれ。明治大学文学部卒、斎藤正直の教えを受ける。, 斎藤 伯好(さいとう はくこう、1935年1月6日 - 2006年8月8日)は日本のSF翻訳家、作家。本名の読み方は「さいとう のりよし」。斉藤伯好、齋藤伯好などとも表記。日本ペンクラブ、日本SF作家クラブ、日本推理作家協会、少年文芸作家クラブ、日本児童文芸家協会、日本文芸家協会、各会員。, 斎藤 伯好(さいとう はくこう、1935年1月6日 - 2006年8月8日)は日本のSF翻訳家、作家。本名の読み方は「さいとう のりよし」。斉藤伯好、齋藤伯好などとも表記。, 諏訪優(すわ ゆう、1929年4月29日―1992年12月26日)は、日本の詩人、翻訳家。, 内田 庶(うちだ ちかし、1928年11月6日 - )は、日本の児童文学作家、翻訳家、著作権コンサルタント、実業家。日本ユニ著作権センター代表理事理事兼顧問著作権相談員。本名は宮田 昇(みやた のぼる)。1953年、明治大学文学部文学科中退。, 中田 耕治(なかだ こうじ、1927年11月5日 - )は、作家、翻訳家、演出家。 東京生まれ。明治大学英文科卒。1946年、在学中に「近代文学」で文壇に登場。「戦後派」の最も若い批評家として知られた。 初期評論はのちに「怪蛇(バジリスク)の眼」(1975年)に収録。活動範囲が広く、多才な作家として知られる。, 鈴木 豊(すずき ゆたか、1926年7月5日 - 2001年3月15日)は、フランス文学者、翻訳家、早稲田大学名誉教授。, 須山 静夫(すやま しずお、1925年 - 2011年7月10日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、小説家。静岡市出身。, 田村 隆一(たむら りゅういち、1923年(大正12年)3月18日 - 1998年(平成10年)8月26日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家。詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。, 日影 丈吉(ひかげ じょうきち、1908年(明治41年)6月12日) - 1991年(平成3年)9月22日)は、日本の小説家、推理作家、翻訳家。東京都出身。本名は片岡十一。幻想的な作風で、代表作として長篇小説「真赤な子犬」「内部の真実」「応家の人々」、短篇小説「猫の泉」「吸血鬼」、探偵右京慎策の活躍するハイカラ右京シリーズなど。, 水上 呂理(みなかみ ろり、1902年(明治35年)2月18日 - 1989年(平成元年)10月23日)は日本の探偵小説家、翻訳家、化学者。代表作に「精神分析」「麻痺性癡呆患者の犯罪工作」など。別名義に石川陸一、石川陸郎。本名は石川陸一郎。ペンネームは、本名である「陸一郎」の「り」と「ろ」を取り、それを逆にしたことに由来する。, 野中 ともそ(のなか ともそ、生年不詳2月11日 - )は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家、エッセイスト、イラストレーター。, 森 比左志(もり ひさし、1917年 - )とは日本の児童文学作家、翻訳家、教育評論家。もりひさし名義を用いることもある。本名、森久保 仙太郎(もりくぼ せんたろう)。神奈川県藤野町出身。, 新戸雅章(しんど まさあき、1948年[1][2] - )は日本の作家(評論家・小説家・翻訳家)である。神奈川県藤沢市[2]出身。横浜市立大学文理学部卒[1][2]。日本SF作家クラブ会員。テスラ研究所所長、テスラ記念協会会員。, 小野寺 信(おのでら まこと、1897年9月19日 - 1987年8月17日)は、日本の陸軍軍人、翻訳家。最終階級は陸軍少将。, 小西 未来(こにし みらい、1971年9月17日 - )は、日本の映画ライター、翻訳家。, 中野 善夫(なかの よしお、1963年- )は、日本の生化学者で、日本大学歯学部歯学科教授 を務め、英米幻想文学研究家、翻訳家としても活動している。, 高野 裕美子(たかの ゆみこ、1957年 - 2008年2月10日)は、日本の小説家、翻訳家。北海道函館生まれ。立教大学卒業。, 山田 順(やまだ じゅん、1952年12月16日 - )は、日本のジャーナリスト、編集者、翻訳家。日本外国特派員協会(FCCJ)会員要出典。作家津田信の長男。, 宇佐川 晶子(うさがわ あきこ、1952年1月21日 - )は、日本の翻訳家。本姓・村上。東京都生まれ。, 樋口 裕一 (ひぐち ゆういち、1951年 - ) は、日本の翻訳家・多摩大学教授、京都産業大学客員教授(非常勤タイプ)、東進ハイスクール客員講師(小論文)。白藍塾主宰。, 北山 耕平(きたやま こうへい 本名・小泉徹 こいずみ とおる)は1949年12月2日、神奈川県藤沢市生まれの編集者、作家、翻訳家。元・「宝島」編集長。立教大学社会学部卒。, 山田 順子(やまだ じゅんこ、1948年12月12日 - )は、日本の英米文学翻訳家。福岡県生まれ、立教大学社会学部卒業。, 林 一(はやし はじめ、1933年-)は理論物理学を主なフィールドとする日本の翻訳家。昭和薬科大学名誉教授。英語で書かれた一般向けの科学書(主に理論物理学関係のもの)を中心に多数の書籍を日本語に翻訳している。有名な訳書に『エレガントな宇宙』、『ホーキング、宇宙を語る』などがある。, 吉田 新一(よしだ しんいち、1931年 - )は、日本の児童文学研究者、翻訳家。日本におけるビアトリクス・ポター研究の第一人者で、海外児童文学作品の翻訳も精力的に行った。教え子に桂宥子がいる。, 飯島 淳秀(いいじま よしひで、1913年9月30日 - 1996年)は、英文学者、翻訳家、駒澤大学名誉教授。, 菊池 重三郎(きくち しげさぶろう、1901年7月3日-1982年4月16日)は、日本の作家、翻訳家。, 内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年4月27日(慶応4年4月5日) - 1929年(昭和4年)6月29日)は、明治期の評論家、翻訳家、小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。江戸下谷車坂六軒町(現東京都台東区)生まれ。洋画家内田巌は長男。孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子。, マイケル・エメリック(英語表記: Michael Emmerich, 1975年 - )は、アメリカ合衆国の文学者・翻訳家。プリンストン大学博士研究員を経て、カリフォルニア大学サンタバーバラ校助教授。, 山田 詩子(やまだ うたこ、1963年〈昭和38年〉 - )は、絵本作家、イラストレーター、絵本翻訳家。東京都内で喫茶店の経営をしている。, 石岡 史子(いしおか ふみこ、1970年 - )は、日本の教育者、翻訳家。特定非営利活動法人ホロコースト教育資料センター理事長。愛知教育大学非常勤講師。, 木坂 涼(きさか りょう、1958年7月30日 - )は、日本の詩人、児童文学作家、翻訳家。女性。夫はアメリカ人の詩人、アーサー・ビナード。, 岡和田 晃(おかわだ あきら、1981年 - )は日本のTRPG系ライター、翻訳家、および文芸評論家、SF評論家。北海道上富良野町出身。北海道旭川北高等学校英語科、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、筑波大学大学院人文社会科学研究科一貫制博士課程在学中、共愛学園前橋国際大学非常勤講師。, 関口 涼子(せきぐち りょうこ、1970年12月21日 - )は、日本生まれ、フランス在住の詩人、美術史家、翻訳家。, マブソン青眼( - せいがん、1968年 - )は、フランス出身の俳人、比較文学者、エッセイスト、翻訳家。本名はMabesoone Laurent(マブソン ローラン)。, 角田 光代(かくた みつよ、1967年3月8日 - )は、日本の作家、小説家、翻訳家。, 倉阪 鬼一郎(くらさか きいちろう、1960年1月28日 – )は、小説家、評論家、俳人、翻訳家。三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。三重県立上野高等学校、早稲田大学第一文学部文芸科卒業。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。環境経済学者の倉阪秀史は実弟。名字を「倉坂」と誤記されることが多い。, 筒井 真樹子(つつい まきこ、1957年 - )とは、日本の韓国文学者であり、翻訳家である。東京都生まれ。早稲田大学教育学部、韓国延世大学校韓国語学堂、卒業。東京外国語大学大学院朝鮮語科修士課程修了。宇都宮大学、神奈川大学、非常勤講師。, 宮脇 孝雄(みやわき たかお、1954年2月14日 - )は日本の翻訳家、随筆家、文芸評論家。高知県土佐市生まれ。ユニカレッジ講師、専修大学非常勤講師。日本文芸家協会、日本推理作家協会会員。, 堀 茂樹(ほり しげき、1952年 - )は、日本のフランス文学・哲学研究者、翻訳家、慶應義塾大学教授。, 田口 俊樹(たぐち としき、1950年6月12日 - )は、日本の翻訳家。文芸同人誌「駱駝」「桟」同人。マルタの鷹協会会員。, 村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。, 鏡 明(かがみ あきら、1948年1月2日 - )は、日本の小説家、SF作家、翻訳家、評論家、広告ディレクター。電通顧問(元・執行役員)。初期は岡田英明名義を使用した。, 井上篤夫(いのうえ あつお、1947年7月15日 - )は、日本の作家・翻訳家。アメリカ、英国を中心に、時の人物を深く掘り下げた評伝を数多く執筆。翻訳の分野でも活躍している。, ゆあさ ふみえ(1944年 -2004年 )は、翻訳家・絵本研究家。本名は湯浅フミエ。, 柳瀬 尚紀(やなせ なおき、1943年3月2日 - )は日本の英文学者・翻訳家である。, 郷原 宏(ごうはら ひろし、1942年5月3日 - )は、日本の詩人、文芸評論家、翻訳家。, 伊藤 典夫(いとう のりお、1942年10月5日 - )は、日本の翻訳家、SF研究家、アンソロジスト。静岡県浜松市出身。早稲田大学第一文学部仏文科中退。日本SF作家クラブ名誉会員。, 片岡 義男(かたおか よしお、1939年3月20日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、写真家、翻訳家、評論家である。, 岡村孝一(おかむら こういち、1937年-1980年)は日本のフランス文学翻訳家。, 小池 一子(こいけ かずこ 1936年 - )は日本のクリエイティブディレクター。東京都出身。 父は教育学者の矢川徳光、姉は作家、詩人、翻訳家の矢川澄子。.