韓国ドラマ「製パン王キム・タック」の相関図とキャストをお届けします。 相関図やキャストはに加え、あらすじ概要などもご覧いただけます。 韓国ドラマ「製パン王キム・タック」相関図 ⇒「製パン王キム・タック」のあらすじ1話から … 第18話 . 元ク家の使用人。お腹の子供を亡きものにしようとするインスクから逃れるために身を隠し、女手ひとつで育てる。タックの将来のためにク家に舞い戻るが、その後、腕に風車の刺青をした男に拉致されて失踪する。 × 閉じる 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, 「グッドドクター」に出てた男の主人公がライバル役だったので見出したら、作品の面白さに引き込まれ一気に見てしまいました。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. All rights reserved 提供元:ポニーキャニオン 話数 : 全30話 DATV初放送 : 2011年06月13日, コソン食品の会長ク・イルチュン(チョン・グァンリョル)の妻インスク(チョン・インファ)は後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。そんな中、コソン家の使用人のミスン(チョン・ミソン)がイルチュンの子供を身ごもる。激怒したインスクは予言者の「夫との間に息子は授からない」との言葉を受けて秘書のハン・スンジェ(チョン・ソンモ)と関係を持ち、念願の男児を身ごもる。ミスンはインスクから危害を加えられることを恐れて身を隠し、密かに息子のタック(ユン・シユン)を出産する。やがて小学生に成長したタックは母から自分の素性について明かされ、コソン家に引き取られるが、その直後、母は何者かに拉致されてしまう。12年後、コソン家を飛び出して母を捜し続けるタックは、手掛かりを求める中でパルボンのパン屋に流れ着く。一方、コソン家の後継者として成長したインスクの息子マジュン(チュウォン)は技術を得るためにパルボンに弟子入りする。奇しくも同じ師匠の元に身を寄せた異母兄弟は、パンの技術、恋、そして後継者争いでも火花を散らすことになるが…。, ユン・シユン(キム・タック役)コソン食品会長のク・イルチュンとお手伝いキム・ミスンの間の長男。幼少期にイルチュンに引き取られるが、陰謀の果てに失踪した母を探し家を出て、12年の月日がたつ。パルボン・ベーカリーで働くことになり、天性の嗅覚と人を惹きつける魅力で才能を開花させていく。, チュウォン(ク・マジュン役)コソン食品の跡取りとして育てられたが、実はインスクとハン・スンジェとの間の子。優越意識が高く、タックの奔放さが我慢できない。父親に認められたい一心でパン作りを学び、タックに対抗しようとする。, ユジン(シン・ユギョン役)父親の虐待や貧しさに耐えながら必死に生きてきた優等生。幼少期にタックの明るさに救われ、再会を喜んだが次第にお金や権力の力に蝕まれ、出世のために何する野心家に変貌していく。, イ・ヨンア(ヤン・ミスン役)パルボン先生の孫娘。パルボン・ベーカリーで働きながらパティシエを目指している。次第にタックの前向きさに惹かれていく。, チョン・グァンリョル(ク・イルチュン役)コソン食品会長。タックの父。タックの母キム・ミスンを見初めタックを得るが、政略結婚した妻インスクとハン・スンジェの策略により離れ離れになってしまう。, チョン・インファ(ソ・インスク役)ク・イルチュンの妻。イルチュンとの間に息子が出来ず、ハン・スンジェとの間にマジュンを得る。マジュンを後継者にすべく様々な画策をし、タックを遠ざけようとする。, チョン・ソンモ(ハン・スンジェ役)コソン食品秘書室長。ク・イルチュンと、幼い頃から同じ家に暮らしてきた彼の側近。若い頃愛したソ・インスクがイルチュンと結婚し影の存在になるが、息子マジュンの存在により野心を抱くように…。, チョン・ミソン(キム・ミスン役)タックの母。コソン家のお手伝いをしていてイルチュンに見初められタックを身ごもる。タックと身を隠した暮らしをしていたが、コソン家に預けた矢先に何者かに連れ去られ行方不明に…, チョン・ヘソン(ホン女史役)イルチュンの母。頑固で厳格な姑。インスクに息子ができずお手伝いのキム・ミスンとイルチュンとの関係を容認する。マジュンにも厳しく接するが、インスクとスンジェの関係を知り…, チェ・ジャヘ(ク・ジャギョン役)コソン家長女。マジュンが後継者とされる中、女だからと虐げられることに不満をもち、仕事で自分を高めたいと考えている。タックに対しても複雑な感情を抱く。, チェ・ユニョン(ク・ジャリム役)コソン家次女。家族の確執からは離れ、マイペースに生きるお嬢さん。大学で学生運動の活動をしてシン・ユギョンと知り合うが、そのことで窮地に立たされ…, チャン・ハンソン(パルボン先生役)パルボン・ベーカリーの創始者。製パン界の伝説的存在。思慮深い心と人に対する洞察力に優れ、タックの人生の師匠として支えていく。, キム・ミンギュ(ヤン・インモク役)ミスンの父親。パルボン・ベーカリーの長。タックに厳しい修行をさせながら、パン作りを教える。そっけなく接するも、心の中ではタックを認め応援している。, イ・ハヌィ(ホ・ガプス役)パルボン・ベーカリーの従業員。自分がパルボン・ベーカリーを継ぐものだとばかり思っていたのが、タックの登場により脅威を感じているお調子者。, パク・ソンウン(チョ・ジング役)パルボン・ベーカリーの従業員。タックの母を最後に見守った人物。前科者だが過去を捨てパルボン先生の弟子に。タックにより再びコソン家の人々とのトラブルに巻き込まれていく。タックの友人であり、タックを監視する立場に…?, ファン・ミソン(オ・ヨンジャ役)ミスンの母親でパルボン先生の娘。夫のインモクと共に店を切り盛りしながらミスンとタックを温かく見守っている。. 各話あらすじ. 2010年、韓国で最高視聴率50.8%を記録した大ヒット話題作! 2010年、韓国で最高視聴率50.8%を記録した大ヒット話題作! 放送日 放送は終了しました. 「卓越を求める」という意味の名前を持つ正義感の強い主人公。父親の顔を知らずに育つが、ク・イル 「ホテリアー」や「タルジャの春」を手掛けたヒットメーカーのカン・ウンギョンの脚本に、「怪刀ホン・ギルドン」のイ・ジョンソプ監督がメガホンを取った。 キム・ミスン/チョン・ミソン タックの母。コソン家のお手伝いをしていてイルチュンに見初められタックを身ごもる。タックと身を隠した暮らしをしていたが、コソン家に預けた矢先に何者かに連れ去られ行方不明に… <<前のページへ キム・ミスン. 【製パン王キム・タック人物相関図】, 出演 : イ・ヨンア、チャン・ハンソン、チョン・インファ、キム・ミンギュ、チェ・ジャヘ、パク・ソンウン、ファン・ミソン、ユン・シユン、チュウォン、ユジン、チョン・グァンリョル、チョン・ソンモ、チョン・ミソン、チョン・ヘソン、チェ・ユニョン、イ・ハヌィほか 提供元 : ©Licensed by KBS Media Ltd. (C)2010 KBS. 『製パン王キム・タック』は2010年6月9日から9月16日まで韓国kbsで放送されたテレビドラマ。最終回に瞬間最高視聴率58.1%を記録し、韓国で2010年最大のヒットとなった国民的ドラマです。物語の舞台は韓国の高度経済成長期と言われる70年代から80年代の製パン業界。師弟や家族の絆、愛 … 「サイコパスダイアリー」ユン・シユン初主演作!瞬間最高視聴率58.1%を記録し、70~80年代の製パン業界を背景に繰り広げられる名門一族の陰謀とは? コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクは後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。 大手製パン会社(コソン食品)のク会長には後継者の息子ができなかった。 妻インスクが2女を妊娠中ク会長は使用人のキム・ミスンに手を出し身ごもるが、身の危険を感じたミスンは身を隠し息子(タック)を出産する。 求心力のあるストーリー展開がこのドラマの魅力。序盤から名門一家の複雑な人間関係と出生の秘密が描かれ、異なる境遇で育った異母兄弟が対決を余儀なくされる展開に目が釘付けになる。ふたりがお題を与えられてパンの技術を競いあう場面では、あの「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理対決のようなワクワク感が味わえること間違いなしだ。タックとマジュンが真っ向勝負を繰り広げる一方で、大人たちは後継者の座をめぐって攻防を繰り広げ、その行方からも最後まで目が離せない。他にも、ユギョンとミスクを絡めた四角関係、親子愛、師弟愛、パン職人たちの情熱、そして謎解きの要素までも加え、見どころは語りつくせないほど。 2010年6月9日から9月16日に韓国で放送された韓国ドラマ『製パン王キム・タック』。今作は主人公キム・タックがあらゆる試練を乗り越え、一人前のパン職人へと成長する過程を描いたサクセスヒューマンドラマなんだよ!そこで今回は韓国ドラマ『製パン王キム・タック』の「ネタバレと感想 … イルチュン会長はタックの母親キム・ミスンに会いに行く道すがら、ハン室長の陰謀により、事故に遭う。 ... 第18 話『涙の再会 ... イルチュン会長がパルボン先生を訪ね、製パン室でタックと出くわす。 韓国屈指のヒットメーカーのタッグで生まれた最高のエンターテインメント! 1986年9月25日生まれ。08年にkbs公開採用21期で芸能界入り。「結婚できない男」(09年kbs)や「天下無敵のイ・ピョンガン」(09年kbs)などにヒロインの友人役で出演して徐々に頭角を現し、「製パン王キム・タック」で知名度 … 2010/06/09. 1時間6分 ... イルチュン会長はタックの母親キム・ミスンに会いに行く道すがら、ハン室長の陰謀により、自動車事故に遭 … 2010年6月9日から9月16日に韓国で放送された韓国ドラマ『製パン王キム・タック』。今作は主人公キム・タックがあらゆる試練を乗り越え、一人前のパン職人へと成長する過程を描いたサクセスヒューマンドラマなんだよ!そこで今回は韓国ドラマ『製パン王キム・タック』の「ネタバレと感想は? 製パン王キム・タック. チュンの長男であることが発覚してひきとられる。何者かに連れ去られた母の行方を捜すためにク家を飛び出し、師匠パルポンの指導のもとで製パンの才能を開花させてゆくが…。, ク家の後継者として育ち、人一倍プライドが高い。自分の出生の秘密を知って心に傷を負い、イルチュンの才能を譲り受けたタックに劣等感を募らせてゆく。ソ・デジョとの仮名を使ってパルボンに弟子入りし、製パンの技術とユギョンをめぐってタックと葛藤を繰り返すが…。, 幼い頃、父親の虐待から守ってくれたタックと12年ぶりに再会して愛を育むが、マジュンからも想いを寄せられる。自分を見下すインスクや不平等な世の中への復讐心からタックとの愛を諦め、マジュンを受け入れるが…。, パルポン先生の孫で5歳からパン作りを始めた神童。ケーキ職人を夢見て、周囲の目を盗んではケーキ開発に明け暮れている。明るく面倒見の良い性格で、母親を探すタックに同情して手助けをするうちに恋してしまう。, コソン食品の会長。信念が強くて保守的な考えの持ち主。政略結婚したインスクに愛情が抱けず、心を寄せたミスンとの間にタックを授かる。タックの天性の才能と人間性に目をかけて自分の戸籍に入れようとするが…。, 気品あふれる会長夫人を装っているが、内面に邪悪な心を持つ。ミスンがイルチュンの息子を授かったことに激怒し、スンジェの血を引くマジュンをイルチュンの息子と偽って後継者にしようともくろむ。, コソン食品の秘書室長。幼い頃からインスクを愛していたが、彼女の野望を満たすために手放した過去を持つ。イルチュンの忠実な部下を装いながら、裏ではマジュンを後継者にするためにタックを何度も窮地に陥れる。, 元ク家の使用人。お腹の子供を亡きものにしようとするインスクから逃れるために身を隠し、女手ひとつで育てる。タックの将来のためにク家に舞い戻るが、その後、腕に風車の刺青をした男に拉致されて失踪する。, イルチュンの母で厳格で頑固な人物。コソン食品の跡継ぎとなる男児を産めないインスクにつらくあたり、ミスンとイルチュンの関係を容認する。マジュンの出生の秘密を知ったことでインスクと言い争いになるが…。, ク家の長女。父親譲りの性格で責任感が強く几帳面。後継者としての適性を持ちながらも女性という理由でその座につけないことに悔しさを感じている。, ク家の二女。自由奔放で自分の利益を最優先するが、素直で憎めないク家のトラブルメイカー。大学時代に学生運動に足を踏み入れユギョンと親しくなる。, 見た目は普通のおじいさんだが、実は製パン界の生きた伝説と呼ばれる達人。タックの才能と情熱を見抜き、周囲の反対を押し切って弟子入りさせる。人間味があって思慮深く、タックに技術と人生の教訓を教える人物。, パルポン先生の娘婿と同時に一番弟子でもある。真面目で融通が利かない職人気質だが、人情に厚い。タックにとことん厳しく接してはいるが、内心ではその才能を認めている。, 職人気質の父と夫を明るく支えるミスンの母。タックをとてもかわいがる。おおらかな性格で、ミスンがタックを好きなことに最後まで気がつかない。. 視聴方法. ミスンの息子タックは小学生となり、貧しいながらも伸び伸びと成長していた。ある日、友だちに誘われコソン食品のパン工場へ行く。そこでタックは出来心でパンを盗んでしまい、イルチュン会長に通報されてしまう。, ハン室長に脅され、いよいよ行き場を失ったミスン。イルチュン会長の屋敷を訪ね、タックを息子として育ててくれと懇願する。姑ホンは彼女の訪問を歓迎し、快くタックを引き受けるが、インスクは断固拒否する。, タックは甘い匂いに誘われ、入室禁止の作業室に入る。そこではイルチュン会長が無心にパン作りをしていた。会長はタックを怒るどころか、鋭い嗅覚を持つタックの才覚にパン作りの才能を見出す。, ウォンは盗賊グループのファジョクペの助けにより脱獄してランを連れて逃げる。事件の再捜査を依頼するために義禁府に行ったダインはミン・ドセンの死体をもう一度確認したい気持ちで検験室に潜入するのだが…。, 姑ホンはインスクとハン室長の密会を目撃し、マジュンの本当の父親がハン室長だと知ってしまう。雨の中で言い争う中、ホンは足を滑らせ頭を強打。2人は彼女を放置したまま、その場を立ち去るが、マジュンはその一部始終を目撃していた。, タックの存在を疎ましく感じていたハン室長は、ユギョンの父親シンに金を渡し、タックの母親ミスンに危害を加えるよう依頼する。ユギョンの電報で母親のピンチを知ったタックは故郷へ急ぐが、母親は風車の入れ墨をした謎の男に連れ去られ、行方知れずに。, コソン家を飛び出して12年後、タックは母親を連れ去った風車の入れ墨の男が仁川の老舗パン屋、パルボン・ベーカリーで働いているという情報を入手。訪ねていくと門前払いを食らうが、思わずパン業界の伝説的存在、パルボン先生と再会することに。, タックとマジュンはパルボン・ベーカリーの弟子入り試験を受け、タックは予想外に試験に合格。タックの名前を聞いたマジュンは思いがけない再会に衝撃を受ける。そんな中、イルチュン会長がかつての師匠であるパルボン先生を久々に訪問する。, 母親の消息を聞き、生きる目標を失ったタックはパルボン・ベーカリーを去ってしまう。駅をさまよっていたところを、初恋相手のユギョンがタックを発見する。思いがけない再会を果たすが、目前で見逃してしまう。, ハン室長から手荒い暴行を受け、命からがら逃げ出した先で、タックはユギョンと12年ぶりの再会を果す。ユギョンにパン屋で働いていると嘘をついたタックは、パルボン・ベーカリーへの復職を懇願、門前払いを受けるが……。, ミスンはタックの願いを聞き入れ、ユギョンを自分の部屋に居候させることに。マジュンはタックとユギョンの様子を見て、嫉妬を感じ始める。そんなある日、製パン室が荒らされる事件が発生、タックが疑われるが……。, マジュンはユギョンの釈放を根回しする代わりに、タックに2つの条件を出す。1つは2年後に行われるパルボン先生の認定試験で勝負すること。もう1つは2年間ユギョンに会わないこと。タックはユギョンのために渋々承知する。, 製パン室のオーブンが爆発し、タックはジングをかばって眼を負傷、失明の危機に陥る。パンが作れなくなると自暴自棄になるが、タックは仲間に説得され、ソウルの病院で精密検査を受けることに。その病院にはタックの母親ミスンの姿が。, パン職人という人生の目標ができたタックは、ユギョンからもらった帽子を励みに、本格的に修行をスタート。ライバルのマジュンと共にパンを作って2年の歳月が流れるが、爆発事故が原因である重大なトラウマを抱え、パンが作れなくなってしまう。, イルチュン会長がパルボン先生を訪ね、製パン室でタックと出くわす。会長はタックの正体に気付かないが、明るく素直な青年として好印象を持つ。パルボン先生の認定書をもらうための試験がスタート。1次試験の課題は「世界一 腹を満たすパン」。, 2年前のガス漏れ事件も、今回のソーダ混入事件も、従業員のジェボクがハン室長から金を貰って、タックを罠にハメていた。真実を知ったタックとジングはハン室長を問い詰めるためコソン食品に乗り込む。, ベーカリーに突然押しかけたインスクのせいで、テジョがマジュンということがタックにバレてしまう。それ以降、タックは課題に集中できずにいたが、偶然知りあった親子にヒントを得て麦飯パンを考案。, イルチュン会長はベーカリーの青年がタックだと知り愕然とする一方、今までその事実を黙っていたマジュンに怒りを爆発させる。インスクの屈辱に耐えたユギョンはタックとの待ち合わせの場所に急ぎ、2年ぶりの再会を喜ぶ。, イルチュン会長はタックを後継者にしようと決心し、妻に宣戦布告する。その頃、タックとマジュンは「世界一面白いパン」をイースト菌なしで作るという2次試験の課題に頭を悩ませていた。マジュンはコソン食品の研究室に協力を要請するが……。, イルチュン会長はタックの母親キム・ミスンに会いに行く道すがら、ハン室長の陰謀により、自動車事故に遭遇。翌日、何食わぬ顔で事件現場に向かうハン室長だったが、会長の姿がなく、愕然とする。, マジュンの毒薬によって味覚と嗅覚を失ったタックだったが、最後まで認定試験に挑戦しようと意気込む。2次試験の課題に苦戦するマジュンの前に、チュンベという謎の男が出現。チュンベの助けを借りてパン作りに成功するマジュンだったが……。, 2次試験の脱落者はマジュンだった。パルボン先生に破門を言い渡された上、タックと父親の急接近に嫉妬したマジュンは、チュンベに唆され製パン室に放火、発酵日誌を持ち去る。元パン職人のチュンベはパルボン先生と対立した因縁の人物で、マジュンを復讐に利用していた。, ベーカリーの仲間の協力も得て、タックの味覚と嗅覚が奇跡的に回復。チュンベと組んだマジュンはポンパン対決で再びタックに敗れ、苦い味を味わうことに。審査員の買収に失敗したハン室長は、パルボン・ベーカリーを潰そうとパンに異物を混入させ……。, パルボン先生は、タックには「この世で一番幸せなパン」を作れと言い残し、マジュンには発酵日誌に手紙を偲ばせておく。2人は人生哲学とも言える師匠の深い教えに嗚咽する。悲しみも束の間、ク家では後継者争いが激化。, コソン食品の弁護士から会長の株券と委任状を受け取ったタック。葛藤の末、会長を守るためク家へ足を踏み入れる。ミスンはそんなタックを心配するが、いずれベーカリーに戻ってくるというタックの言葉に涙を浮かべ、思わず告白してしまう。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題