ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について  「~しようと言う」という意味の間接話法です。 ▼使い方  仮定や前提条件を表します。  「-은 상태로」・・・前に来る単語が動詞で、語幹が「子音語幹」の場合  「-(으)ㄹ 뻔했다」の形(過去形)で使います。「~かもしれなかった、~しそうだった」などと訳し、過去の出来事について完了しそうだったときに使います。, ▼使い方 韓国語(ハングル)のよく使う単語を一覧で紹介します。 【目次】 名詞 動詞 形容詞 副詞 助詞 その他 名詞 ここで紹介する名詞に関連する単語もまとめていますので、覚えたい単語一覧をクリックして確認してみてくださいね。 韓国語で「めっちゃむかつく!」は何という?怒りを伝える韓国語フレーズ集 頭に来ることがあればつい「めっちゃむかつく!」と口にしてしまっていることってありますよね。あまりきれいな言葉ではありませんが、使うことが多いこの「めっちゃむかつく!  前に来る語幹の変則ルールはありません。, ▼意味 (例)「~れば」を意味する語尾は「-면」と「-으면」がありますが、「-면」の方が「가나다라順」では先にくるため並び順を優先しています。, ▼意味 -를 시작으로 / -을 시작으로  「-을까 하다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  「-라면서요 」・・・前に来る単語が名詞の場合で、語幹が「母音語幹」の場合 Copyright © K Village Tokyo 韓国語レッスン.  前にくる単語の例外規則はありません。, ▼意味 -아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다  短縮語は「-기엔」。また「는」を省略し「-기에」だけでも使います。, ▼意味 무척(ムチョック)→無類の、比べられないほど   などがよく使われますね。どれも強調の意味を持つ韓国語です。, 대단히(テダニ)や굉장히(クェンジャンヒ)もよく使いますね。ちょっとフォーマルな印象になります。, 선생님 댁은 굉장히 멀어요.(ソンセンニン テグン クェンジャンヒ モロヨ)先生のお宅はとても遠いです。, 続いて「むかつく」が「짜증 나다(チャジュン ナダ)」だとご紹介しましたが、他にも怒りやイライラなどの感情を表す韓国語も見てみましょう。, 화가 나다(ファガ ナダ)  「요 」を省略して「~だろうか?」と訳します。, ▼意味 【1レッスン500円~】で【入学金ゼロ】の韓国語講座。  「-에 관해서(エ カネソ)」は「~に関して」などと訳し、話の対象を説明するときに使います。  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  前の事柄が後ろのことに影響しないことを説明するときに使います。 -ㄹ 수 있다 / -을 수 있다  ▼使い方  主観的な不確かな断定で「~と思う」という意味で使ったり、単に推測で「~のようだ」という風に使います。 ▼使い方 ▼使い方  「~して(しろ)と言う」という依頼や命令の意味を含む間接話法です。 ▼使い方 ~だなんて / ~なことはないですよ, ▼意味 ~を中心に, ▼意味  「-려다가」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ヌン キョンヒャンイ イッタ  「-끝에」・・・前に来る単語が名詞の場合, ンタゴ ハダ / ヌンタゴ ハダ / タゴ ハダ / ラゴ ハダ / イラゴ ハダ  後ろの「에」を短縮しても同じ意味です。, ン ピョニダ / ヌン ピョニダ / ウン ピョニダ  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ▼意味  前に来る単語は名詞のみ。  「-ㄹ 때마다 / -을 때마다 / 때마다」は「~するたびに、~のたびに」などと訳し、前のことをすればいつも後ろの結果になることを説明するときに使います。  特に変則ルールはなく、「다」のあとに動詞がきます。, ▼意味  「-을 」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  「-어지다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ▼意味 ▼使い方 ~たところで, ▼意味  後ろの「에」を短縮しても同じ意味です。, ンデ / ヌンデ / ウンデ / インデ -ㄹ걸 그랬다 / -을걸 그랬다  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ▼意味 ▼使い方 ▼使い方  「-은 걸 보니까」・・・前に来る単語が形容詞で、語幹が「子音語幹」の場合  「-여서는 안 되다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여서는 안 되다」となりますが通常「해서는 안 되다」と書きます。, ▼意味 本ページではそれぞれのルールのパターンを網羅して掲載しています。, 【本ページの掲載順について】 ▼使い方  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について ▼使い方  「-에 의하면(エ ウィハミョン)」は「~によると、~によれば」などと訳し、説明するときの情報源をあらわすときに使います。 ▼使い方  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について  「-ㄹ걸 그랬다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-다고 하다 」・・・前に来る単語が形容詞の場合  前に来る語幹の変則ルールはありません。, ▼意味 Copyright © K Village Tokyo 韓国語レッスン.  「-은 편이다」・・・前に来る単語が形容詞で、語幹が「子音語幹」の場合  「-ㄹ까 봐 」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合 韓国語のsnsで語尾を見ていると色々な発見がありますよ。 日常生活でよく使う韓国語の語尾[まとめ] 韓国語の語尾は色々あって外国人には難しいですね。 難しければ、とりあえずは習ったときの基本.  「~でない」と訳し、否定文で使います。  「-면서」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合 ▼使い方  2つの動作を同時にすることを表わす際に使います。 ▼使い方  「-을 뻔하다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合 -ㄹ 리가 없다 / -을 리가 없다 -로 인해서 / -으로 인해서   「-ㄹ 수 없다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-어 마지않다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ▼意味  「-어 보이다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合 ▼使い方  「-에게 있어서(エゲ イッソソ)」は「~にとって」などと訳し、前にくる単語(人)の立場で考えたらどうなるかを説明するときに使います。  「-ㄴ지」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-라고 하다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合 キレる:뚜껑 열리다(トゥッコン ヨルリダ)  「-으나 마나」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合 2014年から韓国に在住している私も色々な語尾を耳にしました。そして、ニュアンスがわからないものもよくありました。, 特に話し言葉の語尾は多様で、実際に韓国人と話していると語尾は色々あることに気づきます。, 相手の同意を得たい時や確認したい時、自分の意志や主張を表現する際などに使っています。, 他のニュアンス(勧誘や命令)でも使われることがあるようですが、私の感覚では上記のニュアンスが多いです。, 知らずに音の使いやすさで使っていましたが、~죠は「~지요」が短縮された言い方のようです。, こなれている感を出したい時は、ぜひ今回ご紹介した韓国語の語尾を用いてみて下さいね。, 韓国ドラマを見ていると、習ったハムニダ体や아/어(へヨ体)以外にも語尾が色々あるよね?あれってどう使い分けるの?, コミュ障で仕事ができない日本人女。 思い切って行ったフィリピン留学で出会った韓国人と国際結婚。 2014年から韓国にいるのに韓国語が上達せず苦労中。英語はボチボチ頑張りたいところ。 完全引きこもり。普段はWEBライターをメインに活動。将来が不安で副業を試行錯誤中。.  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について ~ができる, ▼意味 ▼使い方  ①強調や限定を表すときに使います。→「~こそ」 ▼使い方  「-ㄹ지도 모르다 / -을지도 모르다 / -일지도 모르다」は「~かもしれない」と訳し、断定はできないが可能性があることを説明するときに使います。 -도 하는 둥 마는 둥 하고  驚きや感嘆を表すときに使います。 ▼使い方  「-는다고 하다 」・・・前に来る単語が動詞の場合で、語幹が「子音語幹」の場合  前に「-면」をつけて「-면 ㄹ수록 / -면 을수록」として「~すればするほど」と訳し、よく使う形です。, ルチド モルダ / ウルチド モルダ / イルチド モルダ  前に来る語幹の変則ルールはありません。  「-을 것 같다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について 韓国語上達の鍵ともいえる文法の「語尾」について、まとめたものを一覧にて紹介しているページです。 それぞれの語尾ごとに意味を理解し、使い分けができるように使い方の説明も用意しています。 語尾の使い方をマスターするためには理解した上で反復練習がかかせません。  「-ㄹ게요」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-를 시작으로」・・・前に来る単語がパッチムのない名詞の場合 ▼使い方 ▼使い方  「~のとき」という意味で、何か状況が続いている時間、何かが起こった瞬間を表します。 ▼使い方  「-ㄹ 뻔하다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  前にくる単語の例外規則はありません。, ▼意味  「~のために」は「때문에」があるが、「는 바람에」はネガティブな結果を説明することが多い点が違います。, ▼意味  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について ~の方だ, ▼意味 ▼使い方 ▼使い方  →弟の言葉には本当に腹が立つ!, 자꾸 남자 친구 일로 화를 내지마(チャック ナンジャ チング イルロ ファルネジマ) 【Kvillage なんば校】本物の軍服が着れる?!鶴橋にあるドラム缶焼肉のお店, 【KVillage新宿西口校】官邸が体験できる✨講師オススメ韓国おでかけスポット✨. 【1レッスン500円~】で【入学金ゼロ】の韓国語講座。   ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  疑問の間接話法です。  「-으라」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  状況や状態が変わることの意味です。  「~だろう」などと訳し、未来の予測、推量を表すときに使います。  「-아도 어쩔 수 없다/-어도 어쩔 수 없다/-여도 어쩔 수 없다」は「~してもしょうがない」など訳し、前の単語の行動をしても自分の力ではどうにもできないという説明などに使います。  後ろの「서」をとり「-에 대해」と短縮できます。, ▼意味  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル ス オプタ / ウル ス オプタ -아도 어쩔 수 없다 / -어도 어쩔 수 없다 / -여도 어쩔 수 없다  「되다」、「지나다」、「흐르다」、「넘다」のいずれかの単語とセットで使います。  ・前に来る単語は動詞の語幹または名詞。 ▼使い方 ▼使い方  「-인 반면에」・・・前に来る単語が名詞の場合  「~してはダメだ」と訳します。 ▼使い方  「-여 하다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여 하다」となりますが通常「해 하다」と書きます。, ▼意味  過去の経験を説明する際に使います。  「-과 달리/-와 달리」は「~に反して、~と違って」などと訳し、前の考えや希望、予想などと違うことを説明すときに使う語尾。 ~ができない, ▼意味  「-ㅁ에도 불구하고」・・・前に来る単語が動詞または形容詞で、語幹が「母音語幹」または「ㄹ語幹」の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ▼意味  「~します」などと訳し、意志を表したり、相手の意志確認するときに使います。  「-여봤자」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여봤자」となりますが通常「해봤자」と書きます。, アソヌン アン テダ / オソヌン アン テダ / ヨソヌン アン テダ  「~になる」と訳します。  「-어도 어쩔 수 없다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合  「-으면」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  前にくる単語の例外規則はありません。, ▼意味  「-을 지경이다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  「-ㄹ수록」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「~の前に」という意味です。 찐짜 열 받아! ▼使い方  「~に比べて」という意味で、比較するときに使います。  「-아봤자/-어봤자/-여봤자」は「~たところで」と訳し、前の単語の行動をしても予想した結果や望む結果が得られないときに使います。  前に来る単語は名詞のみ。 ▼使い方 ▼使い方  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル リガ オプタ / ウル リガ オプタ  「~しよう」と訳します。 ~もそこそこに, ▼意味  「-은데」・・・前に来る単語が形容詞で、語幹が「子音語幹」の場合  「~するのをみると」などと訳します。  「-아서는 안 되다/-어서는 안 되다/-여서는 안 되다」は「~べきではない」と訳し、そうなってはいけない状態や動作を説明します。  前に来る語幹の変則ルールはありません。, ▼意味  「-ㄴ 상태로/-은 상태로」は「~した状態で」などと訳し、あることをしたままであることを説明するときに使います。 -려고 해도/-으려고 해도 ~したことがある / ~したことがない, ▼意味  他人に対して提案や命令するときに使い「~から」と訳します。  「-에 관계없이(エ カンゲオプシ)」は「~にかかわらず」などと訳し、念頭におかず話すときに使います。  前にくる単語が名詞の場合は「뿐이다」を使う。, ▼意味  「-아서는 안 되다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合  「막상-으려고 하면」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合 ▼使い方  「-음과 함께」・・・前に来る単語動詞または形容詞で、語幹が「子音語幹」の場合 ・強調の意味で使う「めっちゃ」のような韓国語  →しょっちゅう彼氏のことに腹を立てるな…, 성샌님이 화 냈지?(ソンセンニミ ファナッソ?)先生怒った? ▼使い方 막상-려고 하면/막상-으려고 하면  「~するほど」と訳し、物事が繰り返されたり引き続いたりすることで徐々に変化する様子を説明するときに使う。 ~と思う、~のようだ, ▼意味 ここでは目的のページを見つけやすいようカテゴリ別の分けて一覧で表示しております。もし目的のカテゴリがなければ検索窓から検索ください。, 韓国語上達の鍵ともいえる文法の「語尾」について、まとめたものを一覧にて紹介しているページです。, それぞれの語尾ごとに意味を理解し、使い分けができるように使い方の説明も用意しています。, 【単語と語尾の関係について】  ②結局意味がなかったり、大したことがないというときに使います。→「~しても」  「-ㄹ 것 같다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-을 제외하고서는 없다」・・・前に来る単語がパッチムのある名詞の場合, ルル チュンシムロ / ウル チュンシムロ  「~のはずなのに」「~なのに」などと訳し、断定に近い強い推測や予定を表現するときに使います。