$.post('https://stonewashersjournal.com/wp-admin/admin-ajax.php', {action: 'wpt_view_count', id: '1441'}); アヒルは改良種なので、基本的に抱卵するという習性は失われています。 ブログを報告する.

最後は着地に失敗して仰向けになってしまう姿がお茶目で可愛いアヒルちゃんです^^, 出典:https://www.youtube.com/watch?v=KwDrQdysccM, こちらは、アヒルが飛ぶ様子をスローモーションにしたものです☆ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 雁(ガン)は特定のグループの鳥のことですが、「名前は知っているけどどんな鳥かは知らない」という方も多いのではないでしょうか?, 実は僕もそのような感じで、小学校の時の教科書に出てきたので名前は知っていたのですが、実物は大人になるまで見たことがありませんでした。, 実はハクチョウもカモ科の鳥ですが、ざっくり言うとガンはカモよりも大きく、ハクチョウよりも小さいのです。, ただ実際は、ガンの特徴を持つカモもいます。(カルガモはオスとメスの姿が変わらない、など), ガンに似た姿のカモは夜行性のものが多く、明るい昼間は寝ていてほとんど動かないことも多いです。, 夜はねぐらである湖沼で寝て、朝に湖から飛び立ち、夕方まで近くの農耕地などで餌を食べます。, だからガンの場合はカモよりも、明るい時間帯でも餌を食べる様子や、歩き回る姿を観察できるのです。, なので、ねぐらから出発する瞬間と、ねぐらに戻ってくる瞬間は多くのガンたちが集まるチャンスなのです。, 出水市で見たツルも大迫力の光景でしたが、伊豆沼に集まる野鳥の数はなんとその10倍!, 伊豆沼の方が範囲が広いとはいえ、カモよりも大型の彼らが大量に集合・離散する光景は圧巻ですよ!, その乱気流を揚力として利用することで、後方にいる鳥がエネルギーを節約して飛べることが、この編隊を組む理由のようです。, V字編隊は、ハクチョウやツルなども組みますが、この言葉は雁の名前を使用しているのですね。, 先ほど紹介したガンのねぐら入りを観察していると、彼らがV字編隊で湖沼に戻ってくる姿が見られますよ!, このガンの名前はある小鳥の名前が由来していて、鳥を知っている人が聞くと「なるほど!」となります。, 姿が大きいから気も大きいと思いきや、結構距離があっても敏感に察知して飛び立ってしまいます。, 同じ場所で生活しているハクチョウは、近付いてものんびりと餌を探していることもあるのに。, 東北のリアス式海岸は海藻が豊富なため、コクガンたちの重要なえさ場となっているのですね。, [カモ科] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ずばり、鴨は飛びます!空を自由に、そのうえ、長時間飛べるんです。種類によっては飛ばない鴨も存在しますが、だいたいは飛ぶことができます。鴨は飛べないという話を耳にすることがありますが、それは、鴨が泳いでいる姿や川岸で休んでいる姿をよく目にするものの、飛んでいる姿をあまり見かけないため、鴨は飛ばないと認識されてしまっているからかもしれません。, ほんとに鴨って飛べるの?と、まだ疑っている皆さん。 鳥が空を飛ぶ原理を応用して飛行機の翼が作られたのは有名な話です。しかし、この記事では航空力学で扱うような揚力の原理やベルヌーイの定理などには触れず、空を飛ぶ鳥達の様々な工夫について取り上げてみたいと思います。, 鳥は空を飛ぶことで外敵に対して圧倒的な優位に立ち、古くからの生存競争に勝ち残ってきた優秀な種族です。地球上で最も繁栄している人類ですら、空を飛ぶことに憧れ、制限はあるものの比較的自由に飛べるようになったのはここ百年の話。, 彼ら鳥に比べれば、人類の空を飛ぶ技術と言うのはまだまだ及びのつかない世界といえます。何万年と空を飛び続けた鳥達の飛ぶ目的や飛ぶ環境に合わせた飛行における工夫とは、一体どのようなものがあるのでしょうか?, 揚力の原理などを知らないと、鳥が羽ばたくのは空気を押し下げることで上に上がろうとしているからだと考えがちです。しかし、鳥が飛び立つ場面を見ていると分かるのですが、鳥が羽ばたきながらヘリコプターの様に垂直に上昇するなどということはありません。翼は基本的には上下させるものなので、空気を下に押し下げて反動を得ると言う目的だと非常にロスが大きいのです。, ハチドリや一部の昆虫の様にホバリング飛行を得意とするものは普通の鳥とは違った独特な羽ばたき方をしていますが、鳥が羽ばたく本当の理由は「前に進むため」です。飛行機のプロペラやエンジンと同じで、前に進みながら翼に風を受けることで上向きの力である揚力を発生させながら、飛行しているのです。前に進むことは、揚力を発生させ上昇することに繋がるので、「上昇するため」と言い換える事もできますが、厳密には羽ばたきによって得られる効果は前進だけです。, 細かな揚力の働き(外部リンク)についてはここでは触れませんが、基本的には下図の様に翼の正面に風が当たると翼に対して上向きの力が発生すると理解していただけれ問題ありません。, 鳥によっては足を使って助走することもありますが、前に進むために羽ばたく場合、翼を下ろす時にも上げるときにも前に進む力を発生させることが出来ます。そのため動きに無駄がなく、前に進むことで受ける風で徐々に空に飛び上がるための力が増えていきます。その際、翼の向きは逆になります。手を斜めにして水を掻くイメージが近いかもしれません。肘を伸ばす時と曲げる時で手の向きを変えれば、常に同じ方向に水の抵抗を受けるようになります。, この「前に進む力」を真上に向ければ垂直に飛べそうな気もしますが、殆どの鳥は自分の重さを越えるエネルギーを羽ばたきのみで生み出すことは出来ません。飛行機でも、一部の高性能戦闘機を除いて、エンジンの力だけで上昇することは出来ず、風によって生み出される揚力を利用しているのです。, ちなみに、細かな翼の部位ごとの細かな役割分担(外部リンク)に関してですが、実際に大きく動いているのは翼の先端部分だけで、付け根の部分はあまり動かさずに揚力の発生だけに専念しています。さらに 、低速時に揚力を発生させやすくする部位なども存在し、これは高速飛行時には閉じて邪魔にならないようにする機能もついています。この機能は飛行機などでも再現(フラップ)されており、鳥の翼が如何に優れているかが分かりますね。, 鳥の骨といえば鶏が出てくるかも知れませんが、思いの外軽いと感じたことはないでしょうか?, というのも、鳥の骨は地上に済む動物を比べるとかなり軽量化されています。それは飛べない鶏も同じで、中空で非常に薄くなっています。少しの衝撃で簡単に折れてしまいますが、身体が軽く、負担が少ないので問題が無いのです。その中空で軽い鳥の骨の性質を活かして、骨(羽根)の中にインクを染み込ませてペンとして使っていたこともありました。, 上図を見ると明らかですが、人の骨はかなり分厚くなっており、生半可な衝撃では折れそうにありません。しかし、鳥の骨はかなり華奢で軽そうな印象を受けます。実際、人間の体重の2割が骨の重さであるのに対して、鳥の骨は全体の僅か5%程度の重さしかありません。, 地上で歩き回る必要がなく骨に大きな負担の掛かることの少ない鳥は、可能な限り骨の重量を軽くし、その分飛ぶための筋肉を付け、明らかに飛行に特化した体の構造を持った生物であると言えます。. 鴨とアヒルの違いをご存知ですか? 鴨と言えば海などに浮かんでいる姿を思い浮かべ、アヒルと言えば某cmを思い出す方も多いのでしょう。 少なくとも私はこのような認識です(笑) 鴨とアヒル。 2つは非常に似通った姿をしている2つの鳥類なのですが、実は明確な違いがある品種でもあるんです。 飛ばない。。。。。。, 上の写真、なぜかシャッタースピード1/200秒で撮っていた。ちょっと手ぶれ防止に厳しいシャッタースピードだが等倍で見ると顔やくちばしはシャープでブレていないし、羽の描写が面白い。舞踏家を捉えた前衛写真のようだ。, 背景が近いせいか、F5.6なせいか、超望遠でも背景があまりボケない。しかし池の波紋は綺麗に描写している。, ピント合わせが難しい。こちらに顔を向けると、ピントがくちばしに合いがちだ。奥行きが長くなる。, F5.6という開放F値。これ以上上げると昼間とはいえ、ISO感度を更に上げなくてはならなくなるのが痛いところだ。しかし開放からの描写も抜群である。やはりF値が大きいから開放でも収差は生じないのだろうか。, 開放からでもシャープに写るので、鳥の羽の細やかな描写も優れている。RAW現像のデジタルレンズオプティマイザをオンにすれば更に若干シャープな描写に。シャープネスも上げてみるか。しきい値2に下げて、細かさは7に上げる。強さは6に。この数値には特に明確な根拠はないが、よりシャープになった。, シャープを強めると何が良いかというと、ブログやツイッターで縮小表示されたときに、鴨の描写が驚くほど鮮明に表示される。密度が高くなるのであたかも目の前に実物があるかのような描写をする。このあたりピクセルを従来よりたくさんギュッと詰め込むRetinaディスプレイと似たような理屈だろうか。本当に凄い高価なカメラとレンズで撮ったような写真になる。まぁカメラの方は1DXで実際に高価ではあるし、レンズの方も100万円の超望遠レンズと比べるとグンと安いが、15万円はするから他の消費財と比べると高級品の類いに入るかもしれないが。しかしシャープネスを強めると間違いなくよい。鳥なら女性と違ってガリガリな描写になっても文句言わないだろうし。, 余談になるが、Retinaディスプレイと言えば、デジタル写真に求められる画像サイズが2倍に跳ね上がった。画素数に直すと4倍。ややこしいので詳しくは省くが、画像サイズを二倍にしないと、Retinaディスプレイではボンヤリとした表示になってしまう。例えば従来のパソコンで長辺1000ピクセルで表示させている画像は、2000ピクセルにしないとボンヤリとした描写になる。Retinaディスプレイが出る前はそんなことを気にする必要はなかった。まさか1ドットに4ピクセルも詰め込むような仕様のディスプレイが出るとは予想していなかった。デジカメの画素数が1000万画素を超えたあたりから、高画素不要論も出ていた。しかし実際はディスプレイ側の技術革新で高画素を要求されるようになった。例えば27inchのiMac Retinaディスプレイで鮮明に壁紙を表示させるためには5120 x 2880ピクセルの画像サイズが必要だ。Canon 1DXの画像サイズが5184 x 3456なので、1810万画素でちょうど良い計算になる。ただこれから8Kや11Kなんてテレビも出るそうなので、果たしてどうなることか。今後はテレビで写真を見るというスタイルも主流になるかもしれないだろうし。なにせ4Kテレビで見た写真や4K動画が素晴らしく綺麗だったので、パソコンで見るよりも4Kテレビで見ないともったいない。買おうかな4Kテレビ。最近安くなってきてるし。テレビ1日に1時間も見ないけど買おうかな。, Canon EF400mm F5.6L USMは20年以上前に出たレンズ。その頃はデジタルカメラはまだなくフィルムカメラの時代だったはずだ。だから描写力はどうなのだろう。レンズというのは新しければ新しいほどよい。デジタルに対応した最新の技術が製品に投影されているからだ。, しかしキヤノンのRAW現像ソフトDPPには、デジタルレンズオプティマイザという機能がある。最新のカメラなら、カメラ側にもこの機能は備わっている。この機能をオンにすると、収差や周辺光量落ちなど、レンズの描写の欠点を補正してくれる。今回もオンにしてみたら、ちょっぴりシャープな描写になった。, ピクチャースタイルは無難なスタンダード。彩度はどうしよう。2くらいに上げてみた。カラフルで美しい鴨がよりビビッドになった。しかしこうして見ると鴨の体って、凄い色だ。黄色に緑に青に白。カラフル。生命の神秘。今まで気づかなかったし気にも止めなかった。写真を撮っているといろんなことに気づく。, Canon EF400mm F5.6 L USMを購入したので、久しぶりに千里川土手に飛行機を撮りに行った。阪急曽根駅で降りて、15〜20分ほど歩くとあの見慣れた寂れた土手に着く。一瞬誰もいないのかと思ったが、カーブを曲 […], 「このレンズはボケが綺麗」という話をどこかで聞いた覚えがある。画質が綺麗というのならわかるが、ボケが綺麗というのはどういうことかと常々疑問を抱いていた。筆者はコンパクトデジカメからいきなりフルサイズに移行し、購入して来た […], エヴァンゲリオンとJR西日本とのコラボ企画、500 TYPE EVA PROJECTが遂に2018年5月13日にラストランを迎えるということで、これは終了してしまう前に写真に収めておかなければとJR新神戸駅に行ってきた。 […], 超望遠レンズでも夜ポートレート撮影でブレずに撮る! Canon EF400mm F5.6 L USMは飛行機撮影やモーターレースの撮影のためだけではなく、人物撮影も視野に入れて購入したレンズだ。市場価格約15万円と、Lレ […], 400mmの超望遠レンズを購入したときにどうして動物園に撮りに行こうと思わなかったのか。その時は鈴鹿サーキットにレーシングカーを撮りに行きたいという思いが強くて動物園のことは選択肢に思い浮かばなかった。 先日ツイッターで […], ヨドバシカメラの店員はカメラについて詳しい。たまに特に買う予定もなく行くのだが、カメラコーナーでカメラを触っていると、何かお探しですか?と訊かれる。今日は特に買う予定はないですと答えると、ご自由に見ていってくださいと促さ […], 以前からサンニッパが欲しいと仕切りにつぶやいていたのだけれど、ここにきて、もっと長い望遠レンズが欲しくなってきた。10月の下旬にツイッターで大きな月とモデルを同じ大きさで撮影した写真が回ってきて、これを撮ったレンズが、C […], 千里川土手では2回しか撮影したことがないが、早速レンズ沼に填まりそうな勢いだ。千里川土手はご存じの通り、頭上スレスレを飛ぶ飛行機を撮影できることで有名なスポットだ。最近ではテレビでも取り上げられ、土日休日になると大勢の人 […], 夜景撮影というのは機材選びの失敗が出来ない。なぜならそこに向かうまでに多大な労力と時間とお金を要するからだ。特に遠く県外から来た旅行者ともなれば、次に同じ場所に来られるのは数年後という場合だってあるだろう。 大阪府池田市 […], 地元民ながら初めて神戸祭りに行ってきた。この日20日は、愛知県にある清洲城でガチの戦国時代の戦を再現するお祭りもあって迷ったのだけれど、4月に桜撮影旅行で体力を使い果たしてその疲れもまだ残っているのではないかということで […], 久しぶりにスタジオで撮影してきた。撮影1枚目のテストショットから、これはいいな、と思える写真が撮れる。肌が凄く綺麗に写っている。この日はライティングのやり方を少しだけ変えてみた。後は我流で。我流と言っても先人のスタジオカ […], 2018年1月31日は、スーパー・ブルー・ブラッドムーンが起こるということで、ツイッターでも大賑わいだった。月が地球に最接近するスーパームーン、月に二度目の満月が訪れるブルームーン、月が皆既月食で赤く見えるブラッドムーン […]. 鴨(カモ)の種類と魅力|カモは地味な野鳥ではない!実は個性的で面白い姿を持つ, 記事内で紹介した通り、雁(ガン)が飛来する場所は日本全国というわけではなく、どこでも見られる鳥というわけではありません。, ガン自身の観察を楽しむだけでなく、彼らが飛来地として選択する素晴らしい土地の魅力に目を向けると、さらに自然観察が楽しくなりますよ!, kkamedevさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 川で泳いでいる姿や休んでいる姿をよく見かけるものの、実はよく知らなかったりしませんか。「鴨せいろそば」や「鴨南蛮」、「鴨のコンフィ」など日本料理からフランス料理まで数々の美味しい料理も有名ですが、それらに使われているカモと、よく見かけるカモは何か違うのでしょうか。, カモ目カモ科マガモ属に属する鳥類の総称。漢字では「鴨」。