・カメラのゲイン、ホワイトバランス、シャッタースピードなどの調整

(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};

‚HyperDeck Medium → 25〜45 Mb/s ‚

HyperDeck Low → 12〜20 Mb/s

アップル新DAW「Logic Pro X 10.5」を試す, Blackmagic、5ストリーム収録可能な配信用スイッチャー「ATEM Mini Pro ISO」.

テロップを載せる

ba=ba この記事ではATEM MiniとATEM Miniに関するよくある質問にお答えします。, ATEM Miniシリーズは、配信用機材です。映像切替器であり、プロダクションスイッチャーであり、キャプチャデバイスでもあります。これさえあれば、YouTube Liveで生配信することも、Zoomで一眼レフの映像をビデオ入力として使うことも、4つの映像を切り替えることも、テロップを入れることも、ピクチャー・イン・ピクチャー(いわゆるワイプ)を使うことも、グリーンバック合成をすることも、音声をミキシングすることも、全部1台でできます。, USBでPC/Macと接続すると、ATEM Miniシリーズはウェブカメラ(UVC)として認識されます。だからウェブカメラに対応しているアプリであればなんでも接続して入力ソースとして使えます。シンプルに言うと、この1台があるだけで、どんなカメラもウェブカメラに変身しちゃうわけですね。, ATEM MiniシリーズにはHDMI入力が4系統、マイク入力が2系統、HDMI出力が1系統、USBが1系統あります。, たとえば以下の図のように接続すると、カメラで捉えている人の映像とMacBookからのプレゼンデータを切り替えつつ、その映像をSkype、Zoom、YouTubeなどで流すことができます。音声は外部マイクからのものを使えばクリアに録れます。, ゲーム配信も、入力数を増やすことでさらにクオリティアップが期待できます。ゲーム映像にプレーヤーの映像をピクチャインピクチャで合成もできます。, 映像を切り替えるだけでも普段の配信やウェブ会議と一味違うコンテンツを作ることができますが、それ以外にもATEMには様々な画面をリアルタイムで作成できます。, VTR中のワイプ msmaflink({"n":"ソニー ECM-AW4 ワイヤレスマイクロホン","b":"","t":"","d":"https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp","c_p":"","p":["\/@0_mall\/ebest\/cabinet\/169\/4905524973341.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/item.rakuten.co.jp\/ebest\/4905524973341\/","t":"rakuten","r_v":""},"aid":{"rakuten":"2147630","yahoo":"2163054"},"eid":"XB52O","s":"s"}); マイク端子に、こちらのワイヤレスマイクのレシーバーを付けて、もう一方のマイクに、ピンマイクを接続して、使用しています。. msmaflink("n":"【送料無料】タカラ産業 吊下げ室内物干しHOSETA(ホタセ) ショート TA4560-BPA","b":"","t":"","d":"https://thumbnail.image.rakuten.co.jp","cp":"/@0mall/mrpostman/cabinet/item/111","p":"/130058961101.jpg","/130058961102.jpg","/130058961103.jpg","u":{"u":"https://item.rakuten.co.jp/mrpostman/13005896110/","t":"rakuten","rv":"","aid":"rakuten":"2147630","yahoo":"2163054","eid":"xFq8A","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e)b.MoshimoAffiliateObject=a; msmaflink("n":"室内用 白い伸縮竿 物干し竿(竿の長さ:1.5m-2.6mまで伸びる)本体カラー:ホワイト (キャップカラー:パールホワイト)","b":"","t":"","d":"https://thumbnail.image.rakuten.co.jp","cp":"","p":"/@0mall/circle-y/cabinet/img0mil0/oht1/remval20/waeq57xsvbrf2tyg.jpg"],"u":{"u":"https://item.rakuten.co.jp/circle-y/waeq57xsvbrf2tyg/","t":"rakuten","rv":"","aid":"rakuten":"2147630","yahoo":"2163054","eid":"ywruy","s":"s"}); でも何をどう配信したいのか、イメージが曖昧なまま接続しても、うまくいくわけがありません。, 配信用のパソコンと画面共有用のパソコンを分けるのか。何の映像を送る可能性があるのか。, 少なくともこの2点のイメージは明確にした上で、接続・配線をスタートすることをオススメします。, 一緒に「ATEM Mini (Pro)」を使いこなして、素敵な映像配信・作成ライフを送りましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ライブプロダクションスイッチャー ATEM mini を手に入れてしまいました。YouTube配信はもちろん、仕事でのZoomミーティングやWebinerに使用した結果、ATEM miniを買ってはいけないと感じました。これから手に入れようとするビジネスマンや個人配信者には必要ないと確信したその理由とは…
c.getElementById(a) モニタリング→HDMI, 重要なのは、USBのハブを使ってもUSBでは一つの機能しか使えないことです。USBで収録をしてしまうと、そこのポートは塞がってしまうので配信や制御には使えなくなります。逆もしかり。しかしそれに対して、イーサネットについてはハブを使うことで拡張できます。だからすべての機能をいっぺんに使うこうは、制御や配信をUSBではなくイーサネットでやることがコツです。そうすればこの画像のように、制御も、配信も、収録も、モニタリングも、全部できます。, はい、できます。LANハブを用意すれば、複数台のコンピュータから同時にアクセスすることができます。スイッチングをする人、テロップを管理する人、オーディオを調整する人、カメラをコントロールする人、という感じで役割分担をすれば、高品質な番組を制作できるはずです。, はい、可能です。ATEM Software Controlで設定を「保存」すると、XMLファイルが作成されます。その中を書き換えることで任意のプラットフォームへの直接配信、任意のビットレートへの変更ができるようになります。たとえばATEM Mini ProからInstagramへの直接配信も可能です。, XMLのここの部分を書き換えてください。配信、収録のビットレートも任意に変更可能です。, ATEM Mini Proのリリースに合わせて、Pocket Cinema Camera 4K、Pocket Cinema Camera 6K(BMPCC4K、BPMCC6K)のアップデート、Blackmagic Camera 6.9も発表されました。ATEM Mini Proの影に隠れがちですが、これもすごいアップデートです。これまではBMPCC4K、BMPCC6Kはシネマカメラとして使われてきましたが、この大幅な機能追加によって一気にスタジオカメラとして機能するようになりました。, ATEM MiniかATEM Mini ProにHDMIで接続すると、こんなことが遠隔でできます。

ATEM Miniから①の「マルチモニタリング機能」を追加したのが、ATEM Mini Proです。もちろん他の機能も追加されていますが、値段が倍になったATEM Mini Proで僕が必要だったのはカメラのモニタリング機能追加のみ。 ipadに限らず、キーボード入力のやり方が、何かの拍子に変わってしまった。そして戻し方がわからない…。なんてことありませんか? 今朝、私のipadがそのような状況になりました。同じようにお困りの方のお ... 研修実施が主な仕事です。このご時世ということで、オンラインでの研修実施が増えました。 ラッキーなことに、SONY ZV-1というカメラと出会い、これをメインカメラとして、オンライン配信を実施することと ... はんがいともなり。 ).push(arguments)};



は、2013年9月に多田氏と始めた生配信のネット番組である。スタート当初の半年はUstreamで行ない、2014年3月からニコニコ生放送として再スタート。そのニコニコ生放送になってから、5月5日の番組でちょうど150回目を数えた企画だ。, 途中AbemaTV FRESH!(後にFresh! c.getElementById(a) 1976年生まれ。 d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")0,e.appendChild(d))})



(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"【送料無料】ELECOM イーサネット対応スーパースリムHDMIケーブル(A-A)\/2m\/ブラック CAC-HD14SS20BK 【jan 4953103579705】","b":"","t":"","d":"https:\/\/thumbnail.image.rakuten.co.jp","c_p":"","p":["\/@0_mall\/cybertop\/cabinet\/01414548\/01482015\/03654077\/img62300719.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/item.rakuten.co.jp\/cybertop\/elecom-cac-hd14ss20bk\/","t":"rakuten","r_v":""},"aid":{"rakuten":"2147630","yahoo":"2163054"},"eid":"BLv3z","s":"s"}); とにかく、「ATEM Mini Pro」を購入してから、HDMIケーブルの追加購入が多い…。, まあこの辺も、計画性のないいきあたりばったりの、使用イメージから、こうなったんですけど…。, なお、もともとこの変換ケーブルは持っていましたが、今回、ipadとIphoneを同時接続したかったため、ひとつ買い増しました。, iphoneやipadから、HDMI機器に接続するために、apple純正品ではなく、安価の別のものを試しましたが、どうしても安定感に欠けました。.
‚Streaming High → 6〜9 Mb/s

(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; 試合結果をオーバーレイ ‚Streaming Low → 3〜4.5 Mb/s, ATEM Mini Proにはたくさんの機能があるわりに端子が少ないんじゃないかと心配されるかもしれませんが、じつはそれぞれの機能の使い方をわかっていれば、何かをするために別の何かをあきらめる必要はありません。それぞれの機能がどの端子を使うか、整理しましょう。, 配信→USB(OBS経由)、もしくはイーサネット(直接配信)



ゲーム中のピクチャー・イン・ピクチャー 2分割画面 msmaflink("n":"Hemmotop 背景布 緑 強力クリップ 2点付き グリーンバック 1.8m x 2.8m 布バック 無地 クロマキー 写真スタジオ バックスクリーン ポール対応 全身撮影 180 x 280 cm 父の日ギフト","b":"","t":"","d":"https://thumbnail.image.rakuten.co.jp","cp":"/@0mall/juin06/cabinet/62","p":"/ra10000144791.jpg","/ra10000144792.jpg","/ra10000144793.jpg","u":{"u":"https://item.rakuten.co.jp/juin06/ra1000014479/","t":"rakuten","rv":"","aid":"rakuten":"2147630","yahoo":"2163054","eid":"L7cgK","s":"s"}); (function(b,c,f,g,a,d,e)b.MoshimoAffiliateObject=a; ).push(arguments)}; KEF「LS50Meta」×「GUNDAM SONG COVERS 2」, 外出がしにくい昨今、自宅からYouTube Liveやニコニコ生放送、ツイキャス、Facebook LIVE、インスタライブ……といった、ネットを使った生配信を始めている人が急速に増えてきているようだ。, 筆者は「DTMステーションPlus!」という番組を作曲家の多田彰文氏と6年半前から行なっており、通常はスタジオから配信しているが、この事情により4月からは自宅からの配信に切り替え、多くの人たちと同様の環境で行なっている。, そうした中、前回行なった5月5日の配信では新たな試みとして、配信機材にブラックマジックデザインのスイッチャー「ATEM Mini Pro」(67,980円)を利用したシステムを導入してみた。先日発売されたばかりの、まさに今話題の機種なのだが、使ってみると非常に高性能で便利である一方、使用する上で注意すべき点などもあったので、その使い勝手などをレポートしてみよう。, DTMステーションPlus! (function(b,c,f,g,a,d,e)b.MoshimoAffiliateObject=a; ba=ba ではニコニコ生放送、YouTube Live、そして録画を行なっている。失敗が許されない生配信において、PCだと、どうしても不安定になりがちなのを避けることができるとともに、3系統同時にエンコード・配信をすると、結構な処理能力を必要となるため、配信用にPCを買うより遥かに安上がりだったというのも導入した背景にある。, 緊急事態宣言が出た4月7日が、まさにDTMステーションPlus! (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); LIVEなどいくつかの名称に改名)と、ニコニコ生放送のダブル配信に切り替えたり、その後YouTube Liveとニコニコ生放送のダブル配信にするなど、紆余曲折はあったが、現在も約2時間の番組として続けている。, 配信システムも何度か切り替えてきたが、ここ数年使っているのはビデオミキサーにローランドのVR-4HDを、配信機材にセレボのLiveShell.Xを使うという組み合わせだ。もちろん、それ以外にカメラが3~4台、コンデンサマイクを3~4本、MacBookにWindows PC、オーディオミキサー、照明機材……と結構多くの機材を使っているのだが、普段はそれらをスタジオに持ち込んで配信しているのだ。, LiveShell.Xの詳細についてはここでは割愛するが、ごく簡単に説明すると手のひらにのるサイズの機材ながら、LANケーブルを接続し、HDMIで映像・オーディオ信号を入力すると、最大3系統の生配信が可能という機材。つまりPCを用意することなく、単体でニコニコ生放送やYouTube Live、ツイキャスを同時配信できるという優秀な機材なのだ。, microSDを挿すと録画することもでき、この時も1系統とカウントされるため、DTMステーションPlus! ・プログラムタリー表示(ATEMでプログラムとして選ばれている場合にカメラの正面のライトが赤く点灯) (window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink"); ところで、DTMステーションPlus!

‚Streaming Medium → 4.5〜7 Mb/s の配信日であり、東京・お茶の水にあるESPミュージックスクールのスタジオで行なう準備をしていたのだが、状況が大きく変わったため、その日の配信は中止にした。が、その後もスタジオが使えるようになるメドが立たないため、4月21日にそれぞれの自宅をネットで接続して配信することにした。, この際は、LiveShell.Xを含めた機材一式が多田氏の手元にあったので、多田氏が自宅から配信を行ない、そこにDiscordを使って筆者が参加する形をとった。そう、前回・前々回の記事で声優の小岩井ことりさんと行った実験結果からDiscordの音がよさそうであったので、これを利用したのだ。またこの日はゲストとしてクラリネット奏者の若林愛さんにも参加してもらい、若林さんも同様にDiscordを使ってもらったのだ。その時の番組は下記の通りだ。, このようなリモート接続での配信は今回が初ではない。これまでもスタジオに多田氏が、筆者は遠隔地にいてSkypeで接続して配信……ということは何度か行なっていたので、何とかなるだろうと思ってはいた。, 21日の配信に向けてリハーサルは何度か行なっており、実際何とかはなったが、いくつかの問題が露呈した。最大の問題は、昨今のネットの混雑で多田氏の自宅の通信環境が悪化しており、当日も綱渡り状態であったという点。また、配信主体が多田氏側になるため、筆者が実演をするような場合、Discord越しだとなかなか見せ辛かった、という点だ。, そのため、配信後のオンラインミーティングにおいて筆者側が主体となって配信できる体制も整えようという話になった。とはいえ、そのたびに機材一式を受け渡しするというのも、機材が多いだけになかなか大変。, ビデオカメラやPC、オーディオインターフェイス、ミキサー、マイクなどは筆者の手元にあるので、VR-4HDとLiveShell.Xだけを宅配便などで送るという手も考えたが、何らかの事故で機材が壊れたりすると一大事。そこでバックアップ体制を整えて、もう1セットを……というようにも考えたのだが、この2台を揃えるとなると40万円近い出費となり、予算オーバー。, どうしようか……と考えているときに、偶然にもブラックマジックデザイン(Blackmagic Design)の広報担当者から「ATEM Mini Proを1週間ほど貸すので試してみませんか?」という連絡をメールでいただいたのだ。まるで我々の苦境をお見通し、というようなタイミングで驚いたのだが、まさにこの機種についても少し話し合いをしていたところだったので渡りに船という感じだった。, 筆者の周りでも「ATEM Mini」や、「ATEM Mini Pro」を導入した、という話をSNSのタイムライン上でよく見かけていたので、どんなものなのだろうと気になっていた。改めて調べてみると、ATEM Mini Proはビデオミキサーと配信機を合体させたような小型機材で、我々のニーズにもピッタリマッチしそうなのだ。, スペックを見るとHDMIの入力を4系統持ち、ビデオカメラやPCなどを接続して切り替えたり、ワイプしたりできるとともに、ピクチャーinピクチャーも実現可能とある。またLAN接続した上で、ここから1系統ではあるが直接配信もできる機材で、さらにUSBメモリーを挿せば、そこに録画もできると記載されている。, DTMステーションPlus! ・タイムコード同期

ba=ba Microphoneの項目ではAtem Miniではなく「Blackmagic Design」と表示されます。でもやっぱりオーディオソースとして認識されてるのに入力レベルはゼロ。音も出ない。なんで??というわけで、Atem Miniでコンデンサーマイクを使う場合は3つの方法がありそうです。

・プレビュータリー表示(ATEMでプレビューとして選ばれている場合にカメラの正面のライトが緑に点灯)

c.getElementById(a)