今すぐあそこのカフェで一杯コーヒー飲んで、一休みしたいなぁ。, Gestern wollte ich eigentlich ins Café gehen, um eine kleine Pause zu machen. 「好き」と伝えたいときドイツ語には、mögen と gern という2種類の表現方法があります。 +名詞:mögen. Ohne Freunde dort sind wir nicht sicher. ドイツ語の細かなテクニック分離動詞とは? „Trennbare Verben”, 7-5. 昨日ほんとは、ちょっと休憩するためにカフェに行きたかったんだよなぁ。, 最後に扱うよくある間違いは Ich mag Tee trinken.(お茶を飲むのが好きです)です。, mögen(〜が好き)に、別の動詞をつなげて「私は〜するのが好き」と表現しようとしてしまうパターンです。, 「好き」と伝えたいときドイツ語には、mögen と gern という2種類の表現方法があります。, Ich mag französischen Wein. ドイツ語の前置詞3 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞> 7-8. ドイツ語の前置詞5 <前置詞がDativかAkkusativかの使い分け練習問題>, 7-10. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その⑤ 「~すべき」のsollen, 6-6. にすることはできません。, このような場合に使えるのが、「喜んで、すすんで、好んで」などの意味を表すgernという副詞です。, 「動詞+gern」という形で「〜するのが好き(=〜するのを好む)」を表すことができます。, ちなみに、gerne と最後に e が挿入された形もありますが、意味に影響はありません。どちらでも大丈夫です。, Ich trinke gern französischen Wein. ドイツ語の前置詞4 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞 その違い>, 7-9. 私はフランスのワインを飲むのが好きです。, Ich gehe gerne ins Kino vor dem Bahnhof. ドイツ語の前置詞6 <Dativ Akkusativの両方をとる前置詞>, 8-1.ドイツ語の形容詞・副詞の原級・比較級・最上級 (Vergleichssätze)1, 疑問・質問 No.20  mein bester と die beste の用法について. ドイツ語の前置詞 <Präpositionen-Dativをとる前置詞>, 7-7. Meine Mutter bäckt meinem Vater eine Pizza. Der Vater kauft seinen Kindern alkohlfreies Getränk. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その② 「~しなければならない」のmüssen, 6-3. ドイツ語の細かなテクニック不定冠詞につく形容詞の語尾変化 Adjektivendungen mit dem unbestimmten Artikel, 7-4. Ich schreibe für meine Freundin einen Brief. この記事ではドイツ語学習者がつまずきやすい表現について例文を交えながら丁寧に解説します。, 何が間違ってるか分からない、どうすれば正しくなるのか分からない方は、この機会に一緒に復習していきましょう!, ドイツ語学習者がよく間違ってしまうことの一つに、Spaß という単語の使い方があります。, 例えば、「私は楽しい」と言いたい時に、Ich bin Spaß というのは間違いです。一体何が間違っているのでしょうか。, 一方 Spaß は大文字で始まっていることからも分かる通り「楽しみ、冗談」といった意味を持つ名詞です。, また日本語とドイツ語では、それぞれの言葉の持つ役割が異なってくるので、残念ながら同じように文を作れるわけではありません。, 「楽しい」と言いたいときドイツ語には、Spaß machen と Spaß haben の2種類の言い方があります。, 直訳すると「楽しませる」という意味です。「〜が私を楽しませる」という表現にすることで、日本語でいうところの「私は楽しい」を表すことができます。, Das / Es macht mir(viel)Spaß. ドイツ語の色々な疑問文④「どのように?」「どうやって?」「どのくらい?」, 6-1. そこで人間のリーダーと会いたい. となってしまったり、ドイツ語を話せますと言いたいのに Ich kenne Deutsch sprechen. ドイツ語7つの助動詞のキホンを押さえよう!意味と使い方まとめ 意味と使い方まとめ 2019-09-03 / 最終更新日 : 2020-09-22 komachi ドイツ語文法 ドイツ語の細かなテクニック分離動詞とは? „Trennbare Verben”, 7-5. となってしまったり・・・。, まず、können は英語でいうところの「can」にあたる助動詞。その他の動詞と組み合わせて、「〜できる」という意味を表します。, Ich kann fließend Deutsch sprechen. Copyright: Tokuro Miyagawa & Chronicle.inc All rights reserved. ドイツ語の前置詞4 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞 その違い>, 7-9. ドイツ語の色々な疑問文④「どのように?」「どうやって?」「どのくらい?」, 4-7. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その④ 「~したい」のmöchten, 6-5. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その⑥ 「~したい」のwollen, 7-1. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その① 「~できる」のkönnen, 6-2. そこで友達が いなければ 俺達は守られない. ドイツ語の前置詞3 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞> 7-8. そのパーティーは私を(とても)楽しませた。(=パーティーは楽しかった), 今回「とても」を viel で修飾しているのも、Spaß が名詞であることに由来しています。ここを sehr と表現してしまう人も多いですが、正しくはこの場合、使うことはできません。, 頭では分かっていても、喋っているとつい “Ich mache Spaß” “Ich habe Spaß gemacht” などと主語を ich にしてしまう人も多いです。, 繰り返し口に出す、気づく度に言い直すことで、ちょっとずつクセづけしていくと、自分の表現になるはずですよ!, さて、こちらは直訳では「楽しみを持っている」となり、より日本語の感覚に近い表現かもしれません。, Ich habe Spaß am Skifahren. 私はある親切なドイツ人(男性)を知っている。, 活用してみると、形も音も違いは歴然になりますね。何度も声に出して、音と一緒に覚えてしまいましょう!, 「知る」という意味の動詞には kennen の他に wissen がありますが、こちらは「(抽象的知識・情報として)知っている、分かっている」という意味になります。, Ich kenne ihn, aber ich weiß seinen Namen nicht. ドイツ語の細かなテクニック 形容詞の語尾変化その② Adjektivendungen mit dem bestemmiten Artikel, 7-3. ドイツ語の細かなテクニック 形容詞の語尾変化その② Adjektivendungen mit dem bestemmiten Artikel, 7-3. この項目は数字の言い方・表現方法が大切ですので、コラムその4「ドイツ語の数字1」で復習しておきましょう。, ドイツでは、時間は2通りの言い方ができます。やりとりの中で誤解を避けるために午後以降は、, 例えば午後1時なら「Es ist 13 Uhr」 午後5時なら 「Es ist 17 Uhr.」と言ったりもします。, 3時半なら、halb 4    7時半なら、halb 8    11時半なら、halb 12 です。, この「halb~」は、午前・午後共通です。ただし夜の10時半を halb 23 とは言わないので, 注意しましょう。その場合、午後10時半なら午前同様に 「halb 11」と言います。, なれ合いうちは、「9時半」を「Neun Uhr dreißig (9Uhr30)」 午後7時半を, 「Neunzehn Uhr dreißig(19Uhr30)」と言ってもOKです。, 「12時半」の時は「halb eins」ですが、「1時に」は 「um ein Uhr」, また、「45分」では、dreiviertel ○○(これからなる時間)とも言います。, (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドイツ語の細かなテクニック man その① Das Indefinitpronomen „man“, 7-2. mögen には2つの意味があります。 〜かもしれない「可能性」 〜が好き「好み」 (参考) ドイツ語7つの助動詞のキホンを押さえよう!意味と使い方まとめ (私は彼とは面識があるけれど、名前は知らない。), 3つ目に紹介する間違いは「Ich mochte ins Kino gehen.(私は映画館に行きたかった)」です。, 「〜したい(現在)」と表現する場合には möchten を使うことができます。しかし「〜したかった(過去)」と表現したい時には、möchten を使うことはできません。また、mochte は mögen の過去形であり möchten の過去形ではありません。, そもそも möchten は文法上、助動詞ではなく、助動詞 mögen の接続法第II式になります。, 接続法第II式とは、簡単にいうと「仮定的な話」を表す時に使う表現です。だからこそ「〜したい(=できたらいいなあ)」という気持ちを表せるのです。, そのため、「〜したかった」というように時制を絡めた表現をすることができないのです。, ドイツ語で「〜したかった」と言うときは、助動詞 wollen の過去形 wollte を使います。, wollen は強い意志を表すのに対して、婉曲的なニュアンスをはらむ möchten は控えめな表現になります。しかし、過去形にした時には、こうした wollen の力強いニュアンスはかなり薄まります。, (参考)ドイツ語助動詞”wollen”の全て|möchten/英語willとの違い, Nun möchte ich eine Tasse Kaffee im Café dort trinken und eine kleine Pause machen. Dort möchte ich ihren Anführer sehen. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その① 「~できる」のkönnen, 6-2. ドイツ語「sein」動詞の使い方。「私は~です」と自己紹介や状態を伝えるドイツ語表現についてまとめています。英語のbe動詞に相当し、ドイツ語では「sein動詞」といいます。 ドイツ語の前置詞3 <Dativと Akkusativの両方をとる前置詞>, 7-8. ドイツ語-話法の助動詞(Modalverben) その⑥ 「~したい」のwollen, 7-1. 私はフランスのワインが好きです。, つまり「私はフランスのワインを飲むのが好きです」としたい場合、Ich mag französischen Wein trinken. 7-6. ドイツ語の前置詞2 <Akkusativ をとる前置詞> 7-7. 私は様々な国から来た人々と楽しんだ。, この表現は Spaß machen に対してわかりやすいので、使う学習者も多いです。しかし通常は Spaß machen の方が聞く機会が多いです。, Spaß haben は例えば、Hattest du gestern Spaß?(昨日は楽しかった?)のように、質問の際などにより使われる表現になります。, können と kennen というこの二つの動詞は、母音が一文字違うだけと、音と見た目が似ていることから、混同してしまう人が多いです。, 私はこの本を知っている、としたいのに Ich kann das Buch. 「Wer」が「誰が?」に対して当然、「誰に?」「誰を?」とDativ とAkkusativ になる形もあります。, 市長 r/Bürgermeister   人質としてとる als Geisel nehmen   犯人 r/Täter, Für wen やan wen ,そしてauf wen のように、AkkusativをとるPräposition と共に使われる場合も多いです。, 下の例文は、左右が同じ意味となります。DativとAkkusativに注意して読んでみましょう。, 「誰のために?」というのは「Für wen」となりましたが、次は「モノ」を対象にした、, 特に、mit wem は「誰と?」という意味で簡単なのですが、それが「womit fahren」となると、, ☆Präpositionがa i o u の母音で始まる場合、wo とpräpositionの間に「r」が入ります, was + an = woran   was + in = worin  was + auf = worauf, この項目におけるworauf やworüber などは、色々な場面で出てきます。まずはPräpositonの使い方を把握し、「どういう意味でとらえるか?」を考えながら学習していきましょう。.