それはなぜなのか、私も勝てない時期に何年も真剣に考えました。, いくらチャート分析をしても勝てない理由ですが、今だから思うことがあります。 私もトレード... こんにちは、kenです。 FXには色々な手法がありますが、今回はその中でも割と単純な、シンプルな手法に関して記事を書いてみたいと思いま... こんにちは、kenです。 FX初心者のためのチャート分析徹底解説53 一目均衡表とは② 先行スパンと遅行スパン 武内孝幸. 実際に「テクニカル分析を勉強していても勝てる気がしない」とか「テクニカル分析は役に立たない」と思っている方も多いです。, しかし、本当にテクニカル分析は意味がないのでしょうか?本当に役に立たないのでしょうか?, 結論から言ってしまうとテクニカル分析を意味のあるものにするかどうかはトレーダー次第。, FXトレードで扱うテクニカル分析といっても沢山の種類があり、どれをどう使うかはトレーダーが選択できるが、どのテクニカル分析をしても勝てないトレーダーは勝てないし勝てるトレーダーは勝つことができるのが真実です。, この違いにはどんな理由があるのでしょうか?それを知る事ができればテクニカル分析を意味のあるものにするか、役に立たないものにするかが理解できます。, テクニカル分析と対極にファンダメンタルズ分析がありますがファンダメンタルズ分析はチャートをほとんど見ないのが主な特徴です。, 大体のトレーダーはこの3つのうちのどれかを使ってトレードしていて、その中でも特に初心者が使うのが、インジケーターを使ったテクニカル分析です。, また、個人個人で独自にカスタマイズしたインジケーターも存在するのでインジケーターの数は無数にあります。, これが大半でしょう。こういった目的の部分をきちんと人に説明できるレベルに落とし込んでおかないとテクニカル分析に使われているトレーダーになってしまうので自身がテクニカル分析を使う目的を明確にしておきましょう。, テクニカル分析のことを「意味がない」「役に立たない」と言っているトレーダーはテクニカル分析を無意味にしている原因が何なのか気が付いていません。, もうこれ以外ありません。一方テクニカル分析をして勝てるトレーダーがいて他方でテクニカル分析で負けるトレーダーがいる。この違いはトレーダー自身にあるのです。, テクニカル分析を無意味だと言っているトレーダーはただ単にテクニカル分析を使うことができていない。使いこなせていないだけ。, 長年ずっと残っているテクニカル分析はいいものだからこそ今でも残っています。テクニカル分析で勝つことのできないトレーダーというのはただ使いこなせていないだけで正し理解と基礎がしっかりとしていれば誰でも使いこなして勝つことは可能になります。, トレーダーとしてある以上テクニカル分析は相場という戦場で戦うための武器です。戦場で自分が使う武器を使いこなすことができていないと当然負けますよね?戦いで負けない様に何度も訓練をして敵をイメージしてから初めて戦場に赴きます。そして武器の特性や弱点に関しても理解は必ずしている。, これは戦場であれば当たり前のことなのにFXとなるとどうしてもそれができなくなってしまうということです。テクニカル分析を過信せずにトレーダー自身の技術を磨くことをしていきましょう。, テクニカル分析が「意味がない」とか「役に立たない」と言っているうちはトレーダーとしての成長がないと思いましょう。, トレーダーとして勝てないのをテクニカル分析のせいにしていてはいつまでも成長はありません。自分に原因があるから勝てないのです。, トレーダーとしての成長をするためにもまずテクニカル分析に固執せずにトレーダー自身の基礎的な能力を高めることに注力していきましょう。. その理由は以前にも書いてますが、チャートを見ることが... このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. FXでトレード記録は付けた方が良いなんていわれているのを聞いたことがある人も多いと思います。 総合して負けてしまいます。, 結局、どんなチャート分析でもテクニカル分析でも、どこでどの手法を使うのか、どの局面でどんな分析をするのか、使い分けをする必要があるのです。, 例えば非常に優れた果物ナイフとパン切り包丁を持っていたとします。 「テクニカル分析は役に立たない!」「テクニカル分析はこじつけだ!」こういうことを言う人がいるかもしれません。個人的にはテクニカル分析は使えますし、FXで勝つためにはチャート分析は必須だと思っています。, 初心者の方や、チャート分析をやらない方にとっては、チャートというのは無機質でランダムに動く、ただのグラフに見えるのかもしれません。, もし、これがランダムに動くものであれば、テクニカル分析、チャート分析というのは全く無意味。, しかし、チャートは無機質でランダムに動いているものではありません。チャートを動かしているのは人間です。, なぜ、チャートが上がったり下がったりするか?というと、単純に、人間が買ったり売ったりしているからです。多くの人が買えば上がるし、売れば下がります。ただ、それだけのことです。, チャートを、ただのグラフか何かと考えている間は、チャート分析は無意味ですし、おそらく勝てません。チャートの動きの裏には人がいて、その人たちの行動を予想することがチャート分析の本質なのですから。, 無機質なチャートの動きを予想するのは難しそうでも、チャートの形を見て、人はどのような行動をするのか?ということを予想するのは出来そうですよね。, チャート分析は、チャートの形を見て、人はどのような行動をするのか?ということを予想するのが根本的な考えです。, 実際は、どこを抜けたらどこまで行くとか、チャートの動き自体を予想するわけですが、その裏には人の行動があるということは忘れずに持っておきましょう。, 人が行動するというのは、チャートがどんな形になったら、多くのトレーダーが「買いたい」「売りたい」と思うのか?ということです。, なぜ、ダブルボトムなどで上がるか?というと、結局、ダブルボトムのパターンが出たら買う人がたくさんいるからです。, ダブルボトムで買った人が少なかったというより、ダブルボトムで買った人よりも多くの売りが入ってきたと考えたほうが良いと思います。, また、ダブルボトムでロングを狙った人で、損切りをせずにポジション保有している人たちもいます。, ロングを保有している人たちで、売りの壁が見えているなら傷が浅いところで撤退すると予想できますよね。, あくまでも、チャートの分析の仕方として、チャートの形の裏には人の行動があるという話です。, リアルな話だと、112.50から買う人もたくさんいるので、どうなるかわかりません。, 矢印で売りたいと思っている人はどう行動するか?また、ロング保有中の人はどう行動するか?, 「ここから落ちるんじゃないか・・・」とフライングする人が増えれば、「浅い位置から落ちるかもしれない」ということも予想できます。, 今回は私なりの考えで解説しましたが、実際はどうなのか知りません。人がどんな行動をするかなんて確認しようがないですからね。, でも、チャートの裏には人がいて、その人たちが行動することでチャートが動いている。ということを理解することで、チャート分析は無意味という考えを変えることは出来るのではないでしょうか。, 「チャートは無機質でランダムに動いているものを予想しているものではない」ということを理解できれば、予想の仕方も変わってくると思いますし、レジサポやインジケーターなども便利に使いこなせるようになると思います。.