どんな 医者でもタバコを吸うことは健康に悪いと言うでしょう。 Do you have any question? と記されていました。 (8)She doesn't know both Ken and Yuri. There are some umbrellas. Take any one you like. 今回は、「be reluctant to do」と「be unwilling t ... different fromの意味と使い方!「different from each other」「different from the usual」を例文で解説!. と答えるように この文章では、「何本か傘がある」と言う場合に、「any」ではなく、「some」を使っています。一般的に、「any」は、疑問文と否定文で使われ、「some」は肯定文で使われるという決まりがあるので、「There are any umbrellas.」は誤りです。, この「any」と「some」の使い分けを覚えておくことはとても大切ですが、例外があります。日常会話の中では、「some」を疑問文でも使うケースがあります。「Will you have some tea?」は、「お茶はいかがですか?」という意味の疑問文です。人に物を勧めたり、Yesの答えが期待されるときは、疑問文でも「any」ではなく、「some」を使いますので、覚えておくと良いです。, これまでは、後ろに名詞を伴う形容詞としての「any」を解説してきましたが、この章では、代名詞の役割をする「any」についておさらいします。, 以下に疑問文、否定文、肯定文の順に3つ例文を挙げます。意味や用法は形容詞と同様ですが、後ろに名詞がつかないことがポイントです。, 英語は簡潔な文章を好む言語で、前後関係で文意が明白であれば、例文の答えの「tulips」(チューリップ)のように、一部分を省略することはよくあります。, 最後に、「any」を使った応用的な表現をいくつか紹介します。どれも日常会話でもよく耳にする表現ですので、ぜひ覚えて使ってみてください。, 契約書やビジネス文書などで目にすることの多い「if any」という挿入句は、「もしあれば」という意味です。, 「if there is (are) any」の略で、前章で解説した代名詞的用法の「any」です。「Correct errors, if any.」は、「誤りがあれば訂正しなさい」という意味になります。この2語を挿入することで、「万が一」という意味を加えることができる便利な表現です。, まず、「not … any longer (= no longer)」(もうこれ以上…しない、もはや…でない)と「not … any more (= no more)」(もうこれ以上…ない、もう二度と…しない)を使った例文を挙げます。, どちらも「今まではしていた(できていた)けれど、これ以上はしない(できない)」という状況の変化を表すことができます。, 同様に、否定文と疑問文の中で出てくる「any + 比較級」は「少しは(少しも)」という意味がありますので押さえておきましょう。「Is Lucy any better today?」は、「ルーシーは今日は少しはよくなりましたか?」となります。, 日常会話で使える便利な表現がたくさんあったと思います。ぜひ会話の中に取り入れてみてくださいね。, 引用文献:アンカー大人のための英語学習辞典 2016年12年20日初版第1刷発行 株式会社学研プラス, If you have any questions, come and ask me.「何か質問があれば、聞きにきてください」, Any child knows that.「どんな子どもでもそのことは知っている」, You can come and visit us any time.「いつでも遊びにきてね」, Judy runs faster than any other girl in her class. Not any という主語は使えません。 名詞が複数形になる例、名詞に冠詞が必要になる例をいろいろ教えてください。 英語. either A or B、neither A nor B、 ç§°ç”¨æ³•, Day44 代名詞の基本2 myself, Day46 指示代名詞 thisとthat, Day47 不定代名詞 otherとanother, Day48 「ある人」の代名詞 somebodyなど, Day54 whenの接続詞 whenとtoo toの構文, Day55 時の接続詞 whileとuntil, Day56 条件の接続詞 ifとwhether, Day58 接続詞 unlessとin case, Day59 比較の基本 比較級の作り方, Day60 比較 older than、比較関係の対象, Day63 最上級 基本と最上級の作り方, Day64 現在完了形1 基本と完了・結果の用法, Day65 現在完了形2 完了・結果の用法の続き, Day66 現在完了形3 経験, Day67 現在完了形4 継続, Day68 現在完了進行形と過去完了形, Day70 挿入語句と付加疑問文, Day71 使役動詞1 letとmake, Day72 使役動詞2 haveと(get), Day75 仮定法 wishとas if, Day76 関係代名詞 基本とwho, Day77 関係代名詞2 whoseとwhom, Day78 関係代名詞3 which, Day79 関係代名詞4 thatとwhat, Day80 関係副詞 whenとwhereなど, Day81 複合関係代名詞と複合関係副詞, Day82 wouldの応用 wouldによる英会話表現, Day83 wouldとshouldの応用, a fewとa littleの発展的学習は英文法の発展的学習 6を参照してください。,  英語喫茶の基礎からの英語学習とやさしい英会話の表現等は、大学の先生方の協力により細部までチェックを入れて作成しています。, Copyright(c) 英語喫茶~英語・英文法・英会話~ :サイト内の文章・図等の無断掲載を禁じます.